FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-05- | ARCHIVE-SELECT | 2009-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

初夏の日光ツー【迷子といろはと光徳アイス篇】

「山王林道いかない?」

バイクの師匠ミツル氏からそう誘われたのは
4月のころじゃなかったか。

客のバイク整備に追われて、ちっともバイクに乗れない
整備士なおさんといっしょに久しぶりに走るのだという。

「林道はやだよ」
「でも全面舗装だよ」

そんなやりとりを何度か経て、
直前の迷いや決心も乗り越えて
なおさんのショップのお客さん…というよりは
客とショップオーナー以上の濃いおつき合いの
ライダーさんたちと、バイクの師匠ミツル氏、
なおさんとはすでに数回面識のあるboxerさんとで
雨予報が吹き飛んだ昨日、日光まででかけきた。


第一集合は船橋のとあるコンビニ。
もう4時を過ぎると空が白み始める季節。
夜明け.jpg

船橋組6名が揃ったところで4時半過ぎ出発。
初めていっしょに走るなおさんは、ラリーさながらの走りっぷり。
やっぱり林道は別行動させてもらったほうがいいかもしれない…、
そんな思いが再びよぎる。
三郷南から貸切状態の外環経由で東北道のゲートをくぐる…。

あら。
東北道の料金所を抜けたところでひとり減ってる。
あまりに空いてて気持ちよかったのね。
CB400SFのまっつんが、夢中のうちに美女木まで行っちゃったようで。

東北道蓮田SAでboxerさんと合流し、
まっつんと、まっつんが今度は蓮田SAをパスして行っちゃわないようにと
待っててあげたやさしいオザさんも追っつけ合流。
カッ飛びなおさんに、鉄砲玉まっつん…。
初めてのメンツとは思えないワクワクツーのはじまりはじまり。

ならばしっかりスタミナつけねばと、
めずらしく朝からきつねうどんを食べて給油後出発。
宇都宮から日光宇都宮道路を経由して
コンビニでひと休み。

ひょっとして降らせる気?
東北道を走っていたときから目に付いた雲が
ここでもどんよりと山々を覆う。

今日の出で立ちは山岳ルートを意識して
ロンTに薄手のトレーナーと
インナーを付けたメッシュジャケットに、
ボトムスはmontbellのインナーにHYODのメッシュパンツ。
それでも日射しがない分気温が上がらず、
持参した予備のロンTをここで追加。
ミツル氏は競馬新聞をお腹に巻く古典式防寒テクで凌いでた。


さて噂に聞くいろは坂。
大昔にクルマできたことはあったけれど、記憶ゼロ。

二車線の一方通行、しかもコーナーが連続している山道だもの、
クルマと併走しながら登っていくのはどうにも落ち着かないし
調子が狂う。
それでもぶつくさ思う間もなく明智平に到着。
男体山.jpg
雲が垂れ込めた深い山間の中に華厳の滝をみて
しばし休憩していたら、あれよの間に雲が切れて
青空がみえてきた。

一気に下った先に開けた中禅寺湖の蒼さは筆舌に尽くしがたく、
写真撮りたい!と思いながらも一団は進み、そのまま戦場ヶ原へ。

山道から一変、広く開けた草原と湿地が続く戦場ヶ原。
三本松茶屋の広い駐車場でバイク交換試乗会などしながら、
スカッと晴れた空といっしょにWOOソロショット。
戦場ヶ原.jpg


「光徳牧場でアイス食べる?」
なおさんの声に瞬間的に反応。
9時の開店とほぼ同時に到着したそこは
白樺など豊かな緑と花々が咲き誇る心和むスポット。
高床のログハウスが迎えてくる。
アイスください

午前9時のアイスは、なおニンのツーリング史上、
もっとも早いかも…とつぶやきながら
300円なりのアイス売場へ。
「おじさーん、アイスくださーい」
そんなふうにオーダーしたくなる雰囲気だ。
光徳アイス.jpg
ソフトクリームじゃないのが残念だなどと思っていたら
これが素朴で実に美味。
boxerさん曰く「子どものころ食べた味」だそう。

空はぱっきりと蒼く、山は燃える新緑。
「ここで写真撮ろう」
ミツル氏のひとこえで集合写真。
all.jpg
※命名はなおニン独自による


プロカメラマンといくとこういうステキな想い出もついてくる!
というわけで、ナイスショット集。
各々ガタ.gif

ワタシ?
これまでもたくさん撮ってもらっているので
今回はオヤスミ。

ということで、今日はここまで。
山王林道と楽しいランチはまた明日!
スポンサーサイト



| ツーリング | 20:11 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネタ満載日光ツー軽くおさわり 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

林道なんて行かない!ときっぱり言い放ったはずなのに、
我がままがカワイイ歳でもないかもねなんて思ったのと
光徳牧場のアイスに心惹かれちゃったこともあって
バクバクしながら行ってきたわよ山王林道。

結果から言えば、脇の崖から転げ落ちてきた落石が
至るところに転がっていて
メンバーのひとりがバイクにダメージを受けちゃったし、
案の定雨上がりのウエットかつ、舗装されているとはいえ
完璧なフラットとはいえないでこぼこ路面は
濡れた落ち葉や小枝が散らばり走りにくいことこの上なし。

ひらりひらりのワインディングというよりは
噂通りのループコーナーが多く
特に山王峠から間欠泉までの下りは
もう勘弁して!なコーナーの責め苦だった。

その後日塩もみじラインに至る川俣温泉川治線もまた
道幅が狭く畳み掛けるようにブラインドコーナーが続く。
目当てのスタンドがオープン前だったことが災いして
ガス欠者2名が出るトラブルに。
そしていよいよのお目当て日塩もみじラインは
高原ルートをイメージしていたせいか
抜け感がないのがちょっと残念。

高速コーナーで左右のバンクセンサーをガリガリ削るなど
峠道ごっつぁんツーとなった。

Kawasaki KLX、JUBEL、YAMAHA FZ-1、CB400 super four、
CB750F、R100RS、W650という混合ツーは
なおさんの舵取りゆえ稀に見るハイペースツーで、
スタート直後は度肝を抜かれたけれど、
はぐれアリ分裂アリのすっとこどっこいなメンツで行く
マタギなランチとしょぼい間欠泉と2つのアイス、
心地の悪いいろは坂、目を見張る中禅寺湖の蒼と、
広大な戦場ヶ原の眺め、真夏を思わせる暑さ、
そして極めつけは本日の大ネタでもある、
“あわや大惨事!飛んだ「隼」”目撃事件と、
最後まで盛り上がったのだった。

さわりだけでもてんこ盛り。
追々アップの初夏の日光ツーレポ、乞うご期待!

| ツーリング | 11:17 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |