FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-04- | ARCHIVE-SELECT | 2009-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

夏ライディングの汗対策 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

夏が来る。

ジリジリと焦げるような灼熱の太陽の下、
毛穴という毛穴からじっとりと汗を出しながら
信号明けの手首の煽りとともに胸元を抜ける風との
なんとも爽快なインターバルを繰り返し
どんなにモノ好きと言われようともやめられない
真夏のバイクシーズンがやってくる。


薄着になる真夏こそ、プロテクトには万全を期したいけれど、
あまりの暑さゆえ、メッシュジャケットの脊椎パットを
昨年から外したままでいる。

また耐えられなくなるまでは、とりあえず戻しとかなきゃ。



夏場のボトムスはプロテクター入りメッシュパンツが
いいことはわかっているけれど、
ロングツーリングじゃない限り、ジーンズに甘んじることも。
ニーパットくらいは入れたいところだけど、
未だ逸品に出逢えていない。

いずれにしても、日射しで高熱に温められたタンクやシート、
股下に抱えた高熱エンジンのお陰で、
真夏のバイク乗りは常に汗ばんでいる。

カラダに張り付いて脱ごうにも脱げない、
下ろそうにも下ろせない、
涼しくなってくると急に冷える…、
そんな経験がSR期のワタシにもあった。


そこでワタシが探しに探して辿り着いたのが
モンベルのジオラインというシリーズのタイツ。

吸湿速乾性、伸縮性が高く、汗冷えしにくい。
帰省ツーではホテルで毎晩洗ったけれど、
冷房が効いた部屋でもすぐに乾いてくれた。

薄手から厚手まで季節や目的に応じて織りが違う。
夏場は一番薄いこの「L.W.(ライトウエイト)」がオススメ。
バクテリアの繁殖を減少させる「制菌」効果もあるらしい。
膝下丈もある。

部屋で身支度をする間はちょっと暑いけれど、
走り出したら爽快間違いなし。

RS○イチのアンダーメッシュパンツも持っているけれど、
これは吸湿性があまりよくないのでしまい込んでしまっている。

ライディング専用品の方がツカエナイって不思議。


メンズはこちらから。
スポンサーサイト



| バイクギヤ | 12:14 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |