FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-04- | ARCHIVE-SELECT | 2009-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

来るなら来い…? 「それってどうなの?(251)」

敢えてネタにしてこなかったんだけど、
いよいよ身近にも影響が出始めた新型インフルエンザ。

新橋駅前の薬局から、マスクが忽然と消えているというのだ。

マスクは花粉症の広まりと友に、ここ数年で劇的に進化した。
出始めは恥ずかしくてできるわけないと思っていた
ガッチャマン仕様の立体マスクも、すっかり市民権を得て、
最近はお化粧崩れを最低限に押さえる工夫がされた女性用も。

かつては一般的だったガーゼ式の繰り返し使えるタイプのものは
返って衛生的に問題アリな気さえしてしまう。
それほどマスク売場のシェルフには、多種多様なマスクが並ぶ。

その全部がスッカラカンに売り切れてしまっているという話題で
週明けの今朝のオフィスは盛り上がった。



でも、マスクしてる人、あんまりいないよね…?

そうですよね、滅多いなくないですか?
この時期から売り切れって、あり得なくないですか?

最近の若い子のオハコ、否定形疑問文が飛び交う。
「滅多にいないですよね?」
「あり得ないですよね?」とは言えないらしい。

それはそれとして。


店頭にマスクがないのは、売り切れているのではなく、
関西方面への出荷量が膨らんでいるため
関東圏は品薄になっているだけのことでは?という見方もあり、
なるほどねと膝を打つ。

点でしかモノをみることができなくなっちゃあいかんな、なおニン。



ただのインフルエンザだと思っていたのでというイイワケで、
バレーの交流試合を行った関西の高校。
第一、第二感染者を出してしまった高校だ。

新陳代謝が盛んな高校生が、体育館のなかで汗まみれで闘う。
ツバも飛べば、鼻汁(モーニングショーの専門家曰く)も飛ぶ。
ウイルスこってりのボールがネットの上を行き来すれば
抵抗力の強い若者だろうとひとたまりもない。

「自分たちだけは…」という根拠のない自信が招いた結果と
学校側が言われても仕方ない。


ただ過信はよくないけれど、過敏になるのもどうかと思う。

うがい手洗いはもう誰もが励行しているご時世で、
それだけで防げるなんてことはあり得ないのだけど、
ちょっとずつ意識の中に留め置いて、
お出かけを自粛するとか、体力低下を防ぐとか、
そんなことでよいレベルなのではないかと思う今日この頃。

関西方面へのツーを自粛する人もでてくるのでしょうが、
やがては東京も同じ憂き目…?
スポンサーサイト



| どうなの? | 11:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |