FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-03- | ARCHIVE-SELECT | 2009-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

Jaywalker 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

二輪教習に路上教習がないことを知ったのは、
入所してからのこと。

四つ輪はマニュアルに慣れていたとはいえ、
二輪は自転車以外未経験だった。
足でブレーキを踏むことや、
あんなに重い車体を時に支えるなんてことが
なかなか身に付かなかったワタシにとって、
納車の日が、すなわち路上初体験になるなんて、
知った端からココロがくじけそうだった。

05年11月。
案の定、てんやわんやの納車珍道中を繰り広げて。

それまでは、“いてはいけないゾーン”の車道に
生身で存在する自分にやっぱり馴染めなかった。



以来、慣れて学んで体得して、今日に至っているけれど、
今となっては、横断歩道のない車道を
平気で渡ってる自分にときどき呆れる。

JAYWALK:交通規則を無視して歩くコト
HardWorkerは帰り道ともなるとJaywalkerに変身するのだ。



それはもちろん勝手知ったる新橋界隈に限ってのことで。
残業を終えて一本でも早い電車に乗りたいあまり、
酒臭い連中がウザウザダラダラ歩く中に
混ざりたくない一心で、裏道小径をニンジャのごとく
疾走してるうちに癖になってしまった。
片側一車線。
クルマの切れ目をうまいことやり過ごして渡るのは
熟練の域に達してきた。

これは自宅近くの信号機のない横断歩道で、
何人もの歩行者が待っていようと絶対停まらない
千葉のクルマの切れ目にタイミングを合わせて
スマートに渡るうちに身に付いたテクのお陰でもある。

世渡りは下手だけど、道を渡るのはうまいらしい。

でも、自分がバイクで走っているときは、
このJaywalkerが結構気になる。
自転車に乗ったご老人や中年のオバチャンが
危ういタイミングで飛び出してきて
ヒヤっとすることも。

鳴らし慣れていないので、クラクションを鳴らしたことは
ないんだけど、本当なら“警告”したい気分。

立場変われば見方も変わるってやつで、
自分に甘く他人に厳しい典型なんでしょか。

轢かれないうちにやめなきゃと思いつつも、
今夜もきっとJaywalkerに変身するに違いない。
スポンサーサイト



| どうなの? | 15:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |