FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-03- | ARCHIVE-SELECT | 2009-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

回し蹴りは上手だが 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

SRのマチルダ号に乗っていた頃は、年中行事だったキックスタート。

W1の名残なのか、ダブロクにもキックが無駄に付いている。
キックスタートしているダブロク乗りも多々いるようだけれど、
ワタシにとっては無用の長物。

乗り替えるときこそ、
キックアームがどこかマチルダの余韻を引きずっているような
気さえして、それはそれでとっても嬉しかったのに、
WOOと暮らし初めて来月で2年になろうというのに、
キックスタートしたのがたったの1回。

バイクを磨き終えてひといきついたときなんかに、
気まぐれで掛けてみたのが2回ばかり。


でもこの一見“きまぐれ”のようなキック作業には、
オノレを試すセルフチェック的要素が多分にある。

脚の筋力と瞬発力を要するキックスタートが
あのころのように今でもできるかどうなのか、
実は内心ちょっとドキドキだったりするのだ。

掛けられなくなったら、ほとんど新品のように輝いている
キックアームがなんだか恥ずかしいもの。
掛けられないのに付いているセンタースタンドと同じだ。

だから例えば最初の1、2回で掛からないことがあっても、
そこは意地でも掛けとかないと精神的に思わぬダメージを
喰らうことになってしまう。

だから気まぐれにも、滅多にかけなくなっちゃってる。
たった3、4年前は休み休みとはいえ30分近くも
キックを繰り返した、いや、繰り返せたんだもの。
今でもできなくっちゃマズいでしょと思うわけで。

でも悲しいかな、マチルダよりも掛かりがいいWOOさん。
排気量675CCってことは、265CCも排気量が大きいのに
確かに力は必要だけど、うまく蹴り込めればブロロンとかかる。
デコンプの意味はあったのか。
蹴っても蹴ってもスカっとしか言ってくれなかった
じゃじゃ馬なマチルダより、やっぱりWOOはやさしい。


少しでも間をあけると、もうキックできなくなっちゃうかも…。
そんな不安をいつもココロのどこかに抱えていたマチルダ時代。
ヒマさえあれば走ってたあのガッツは、不安な気持ちの賜物
だったのかもしれない。



今週末は久しぶりに雨の心配がなさそう。
嬉しいけど、混雑ひとしおかも?
スポンサーサイト



| バイク | 18:15 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |