FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-03- | ARCHIVE-SELECT | 2009-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

オンナのふんどし 「それってどうなの?(251)」

ウソを並べた翌日なんだから、もちっと殊勝なネタか、
あるいはバイクネタにしてしかるべきなんじゃないの?
と思わなくもないんだけど、
目に付いちゃったものはしかたない。

こんなブログだって鮮度は必要。
そのうちに…と思ってるうちに忘れちゃったネタは
星の数だもの。


と、いいわけがましいことを書くのにもわけがあって。
だって今日のネタは下半身のオハナシなんだもの。

おぉ?っと色めきだったアナタ。
この画像をご覧アレ。
NANAFUN

まさかとは思ったけれど、ホントに出ちゃった女性用ふんどし。
しかも業界No.1ワコールが堂々と発売してるんだから、
アリなのか…?と思ってしまう。

お揃いのブラもあるこのふんどし、
その名も「ななふん」。

はい?

着用に7分もかかるわけ?とか、
古くから伝わるふんどしより3割ばかり短いってこと?とか、
そういうヒネリはまったくない。

ワコールのブランドアンナナクール(une nana cool)の商品なので、
ブランド名にちなんだってだけのはなし。



ふんどしの歴史に詳しくはないけれど、
ブリーフが誕生するまでのかなり長い間、
広く愛用されていたのだから
あれはあれで着心地(締め心地?)的には
なかなか快適だったのかもしれない。

温故知新スピリットがただでさえ希薄な日本人には珍しく、
緩む、ずれる、擦れるなどの諸問題を抱えつつも
最近は密かに売れているようす。

蒸れず締め付けず、開放感と風通しに優れたふんどしは
女性にだってありがたいメリット満載。

かつて男性用のトランクスを愛用する流れに
便乗した経験からいわせてもらえば
かなりアリではあるけれど、

…トランクスでいーじゃん。



だって。
寝相がよろしくないワタシの場合、
ヒモで結ぶだけのふんどしでは
結局なにも履かないのと変わりない結果になりそうだし。

お洗濯後にベランダに干すことだってできやしない。
風にヒラヒラ泳いで様になるのは、鯉のぼりだけだ。


そんなあんなをクリアできれば、決して無理はない
オンナのふんどし。


殿方もここはひとつ、ゆるゆるなオフを今さら感の中にも
どこか新鮮さを感じさせるふんどしで過ごしてみては?

ドコドコ感に至福を感じるタイプのバイク乗りさんなら、
案外嫌いじゃなかったりするかも。


スポンサーサイト



| どうなの? | 15:04 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |