FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-01- | ARCHIVE-SELECT | 2009-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

SRなアノころ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

このところすっかりヒマになってるもんだから、
ブログ村の登録カテゴリーを増やしてネイキッドにもエントリー。
58ブログしか登録されていないので、あっちゅう間に3位に上昇。
1位のボニィ~さんに肉薄中。

3,246も登録されているバイクブログ部門には
「一走一宴」のメンバーによるブログもチラホラ。
この部門では230番台をうろうろしているワタシを後目に、
某h○d○さんや某らさんは二桁台を死守してる。

すばらしっ…。



このブログ村で目にする女性ライダーさんたちの奮闘記を
つれづれに読むうち、自分のデビュー時を懐かしく思う。

眠れなくなるほどの苦悩の教習を経て40を過ぎて取った中免。

同行した師匠の満さんが、絶対今日は乗って帰ることは
無理だと店先で思ったというハードな納車

翌日のキック鍛錬とガッツなひとりチョイ乗り

近場走りの折りでさえ、エンジンがかからなくなったあんな日や、こんな日

セルのないSRをファーストバイクに選んでしまった自分が
浅はかに過ぎたと思うこともあったけれど、
納車2ヶ月目の首都高デビューを経て、
中央道デビュー兼初の300キロ超ツーを果たしたのはそのまた2カ月後の
河口湖ツーでのこと。

この頃は毎週エンジンを掛けてキックをしないと不安だった。

あぁ、それに比べてなんて怠惰な昨今。
自分の過去の記事から伝わるワクワクやらドキドキが
やたらと新鮮に思えちゃったりするのって、
すっかり醒めちまってる証拠のように思えたりして。

決してうまくなったわけでもないのに、
回数こなしたってだけの“慣れ”ばかりが身についちまってる。
スポンジのように見るもの感じるものすべてを
じゅんじゅん吸収しては感動してたあの頃のが、あぁ懐かしい。

もともとが熱しやすくて冷めやすい単細胞のワタシが
ここまでバイクにはまり続けていること自体、
ワタシをよく知る方々からすれば驚異的なことなのだけれど。

乗りたてのころの感覚に再び浸りたい…。



とか、うだうだ言ってる間に走れ、なおニン。



スポンサーサイト



| バイク | 12:42 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |