FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-01- | ARCHIVE-SELECT | 2009-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

浸ったら乗らない 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今週は週明けからずっと、
新潟の温泉地情報の原稿を作ってる。

毎年スキーを楽しんでいたころは、
湯沢や赤倉、妙高などの湯どころへも
必然的に行っていたのだけれど。

いつも連れだって行っていたメンツが結婚したり、
仕事が忙しくなったりする年代に入ってからは、
スキーへ行く機会も徐々に減って、
10年ほど前、とうとう板を廃棄してしまってからは
スキーはもちろん温泉旅行をすることもなくなった。

温泉に入ることだけを目的に旅することって、
意外としてきていないかもしれない。

バイクがあるのだから…と思わないではないけれど、
ツーリング中の立ち寄り湯は、どうも気が乗らない。

ゆったりといで湯に浸って弛緩してしまいたいところで、
再びウエアを着込んでバイクに跨るのだ。
ふんわり洗った髪は再びメットでペチャンコだし、
湯上がりに、Tシャツ一枚で涼みたいのに、
再びジャケットを羽織るあの苦痛といったら…。

それにそれに。
湯上がりにグビっとヤレないのがなんとも切ない。

搾り立て高原牛乳とか、フレッシュジュースとか、
間違ってもビールをイメージすることのない飲料で
茶を濁すしかないのだ。

ワタシは、お湯につかったらもうバイクには乗りたくないヒトだ。



ただ、キャンプへ行くときだけはそういうワガママを言っていたら、
永遠にお風呂に入れない。

すぐ隣りにある入浴施設に歩いて入りに行ける
西湖の自由キャンプ場以外は、
こざっぱりした後に、再び湿ったメットを被る…、
そんな儀式を余儀なくされるわけだ。


などと書いているうちに、
早くキャンプへ行きたくなった。

GWの頃が待ち遠しいな。
スポンサーサイト



| どうなの? | 11:32 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |