FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-11- | ARCHIVE-SELECT | 2009-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

バレエとオルガン 「★つ・ぶ・や・き★(1280051)」

幼稚園に上がるか上がらないころ親に聞かれた。

バレエとオルガン、どっちが習いたい?

習うことが大前提で、しかも二者択一。
今から思えばひどくエゴイスティックだ。

これ以前に、この問いに結びつくなにかしらの
出来事やらワタシの発言があったか否かは
もう今となってはわかりようもないのだけれど、
お習字やそろばんや水泳やお絵かきではなく、
なにゆえ“バレエとオルガン”に限定されていたのか、
わからない。

結局はバレエを選んで習いに行ったのが
集会所で開催されている子供向けのお教室だったので、
そのあたりの利便性と経済性によるところが
大きかったことだけは確かだ。

でも。
その後のワタシはオルガン教室へも通っている。

やっぱりオルガンも習いたーいと言ったのか、
お父さんは音痴だから、あなたはオルガンくらい
やっといたほうがいいわよと母に言われたのか、
これもまったく記憶がないけれど。

ただし、我が家はしごく標準的なサラリーマン家庭だったので、
お教室へ入るなりオルガンを買うような博打を
打ってくれるはずもなく、
ワタシの“宿題&予習”は紙鍵盤だった。

レッスンが始まる前のお約束、
「宿題やってきたかなー?」
「はーいっ!」的なひととき、
ワタシはスっと手を上げる生徒の陰に隠れるようにして、
先生と目が合わないようにひたすら縮こまっていた。

当然、徐々に落ちこぼれはじめ、行きたくなくなり母にグチった。

すると母は、ご近所さんのピアノがあるお宅へ相談し、
ワタシよりもふたつ年上のオネエサンが使っていないときに
練習さえてもらえるよう取りはからってきてしまった。

今からは想像が付かないかもしれないが、
ワタシはもともと人見知りがひどく、
道ばたで近所の方々とお会いしても、
母の後ろに隠れて挨拶もできないような子どもだった。

習いたての、とびきり下手くそな状態で、
顔見知りとはいえ、よそのお宅で練習などできるはずもなく、
ピアノの音が鳴っている時間よりも、あきらかに
しーんと静まりかえった時間をうだうだとやり過ごし、
オヤツまで出してもてなしてくれるやさしいおばさまの顔を
まともに見ることもできないまま、さようなら…と
消え入りそうな挨拶だけを残して帰途についていた。

お教室でも、母に対しても、ピアノを貸してくれる
おばさまに対しても、胸を張れずに萎縮している自分。

やなこったと思った。

オルガン教室に通い初めて3カ月ほど経ったころ、
「だったらやめなさい!」と母を怒らせ、
-恐らく、怒るようにし向け-
なんの未練もなくやめた。

ピアノをひける人がひどくうらやましいのは、
このトラウマの裏返しだと思っている。



一方バレエのほうは体操の延長のような気分で、
楽しんで続けていた。

近所の集会場から、当時業界では名の知れたバレリーナが経営する
バレエ教室へと移り、電車とバスを乗り継いで通った。

発表会ともなると、父はスチル、母は8ミリを回し、
祖父母や従兄弟まで観にくる家族のイベントとなっていた。

しかし公演後、8ミリを観るたび、
いつもペアを組んで踊っていた裕子ちゃんという
同級生のほうが断然上手だった。

やわらかく、指先まで神経が行き届いた動きや、
顔の表情、そしてなにより魅力的な長い首…。
髪をアップにした頭のカタチもすてもステキで、
バレリーナになるために生まれてきたような子だった。

何年やってもどこか体育会系な動きしかできない自分には
本格的なバレエは向いていないんじゃないか。
小学校5年生で学級委員になり、学校に残らなくては
ならないことが多くなったのをきっかけにバレエをやめた。


レッスンのたび、マメを潰してトウシューズの中で
血まみれになっていた指の中で、
唯一まっすぐに伸びている右足の中指。

それを今回痛めてしまった。



前置きが長すぎたが、
どうやら大事には至らなさそう。

ご心配をおかけして、申し訳ございませぬ。

スポンサーサイト



| ココロのヒダ | 20:23 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

行列店の焼き鳥のほど【救出エントリ】

会社で運営していたブログを整理するにあたり
消えてしまう運命にあるエントリを執筆者特権で横取り。

新橋ランチどころとして
とある行列ができる焼き鳥屋さんをフィーチャー。
酷評してるので、店名はオフレコ。

>> Read More

| そとめし | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |