FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-11- | ARCHIVE-SELECT | 2009-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

そんなに難しいことだったのか。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

めずらしく8時まで目が覚めず熟睡。

が、昨日痛めた右中指は
歩くたびにズキンズキン。

腫れの程度はままだし、内出血もないので
テーピングで固めてばっくれずに休日出勤へ。

びっこ歩きはスタッフに呆気なく見抜かれ
最年少24歳のS嬢に“お見舞い”をいただく。
おやつ
娘のような歳のコに心配かけちゃあいかんな。

肩や腕、右脇腹あたりの筋肉痛は、
昨日の引き起こしのせいなんだろか。

まさに火事場のバカ力。
そういえば、cagivaってバイクあるよね。
いざってときに引き起こし易いの?
…なわけないか。



朝食をいただきながら眺めてたニュースで、
大型卒検中に死亡した41歳の男性の事故の報道が。

中型免許をすでに持っているはずのバイク乗りが、
なぜ10メーターも暴走して、壁に激突したのか。

路上教習がない二輪の免許取得は、
卒検に受かった時点では必ずしも乗りこなせる状況にない。
自分に置き換えて振り返ってみても、
むしろ“おおむね乗れる”程度といったほうがいい。

卒業後、公道を走り、仲間の様を見、
“経験”の程度に比例してうまくなっていくもの。

つまり教習所では基本的なルールやマナーを身につけるとともに、
安全に乗るための“適正”の有無がジャッジされるわけだ。

それにしても、彼は中型バイクには乗っていなかったのか…。


すでに試験に2回落ちていたことが精神的な圧力に
なっていたことを差し引いたとしても、
そして中型バイクに乗った経験がひどく浅いまま
大型にチャレンジしたのだとしても、
十分な適正があったとは、残念ながら言い難い。

ただ、一度も大型バイクに乗れないまま
想い半ばで命を落としたこのバイク乗りの無念を思うと、
切なくてたまらない。

合掌
スポンサーサイト



| バイク | 19:12 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

交差点の真ん中で恥を晒す 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

まさかのオフとなった土曜日。

帰省ツー直前の集中メンテの折りに行ったきり、
機会を逸していたオイル交換を済ませた。

整備士ナオさんや常連さんらのツー話しを聞きながら、
来年は未踏の東北エリア攻めを心に誓う。


沿道のガソリンスタンドは、
100円を切ってしまいそうなレギュラー価格を表示。
そのせいなのか、師走だからか、
朝方でかけた東雲ライコへのルートを含め、
どの道も軒並みいつもの通行量を遙かにオーバー。

ツッタカターと走れた気がしないまま、
自宅付近へと戻ってきた。

イトーヨーカドー手前の船橋駅西口交差点。
上下合わせて5車線の広い通りだ。

船橋駅地下駐車場とヨーカドーへ向かうクルマで
交差点手前附近の道はここも未曾有の大渋滞。
すり抜けて先頭へ出て、信号が変わると同時に
交差点内に入ったものの、先の車列がろくに動かず、
最後はノロノロ。

信号が変わりかけても進まない列に業を煮やして
脇を抜けようとした瞬間、その場で右にコケた。

例によってバイクの下敷きになってしまったけれど、
不思議と今回は一瞬にして脱出。
ポタポタと漏れるガソリンは見て見ぬ振りをして
サイドスタンドを出す。

右手でハンドル、左手でサイドバッグが邪魔して
なかなかつかめないグラブバーの隙間をどうにか掴んで、
横たわったWOOの上に覆い被さるようにして
渾身の力をこめてプッシュだ。

阿蘇では難儀したけど、さすがに今日はものの3秒。
あわや通行止め寸前で起こしたローのままのWOOを、
ペアスロープの最強グローブのせいで、
すでに握力ワナワナな左手でクラッチを握り続けて
ヨーカドー前の安全地帯まで走ったともさ。

なにせ周囲は相変わらずの大渋滞。
いったい何百人の船橋市民に、
土曜昼下がりの立ちゴケイリュージョンを
披露したんだか。

誰も助けに来てくれなかったのは、
助ける間もなく起きちゃったからなのか。

右足の中指が腫れているのに気付いたのは、
夕食後のことだった。

がっでむ。

| バイク | 18:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |