FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-10- | ARCHIVE-SELECT | 2008-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

キメの一冊 「今日も明日もバイクと共に(1303)」

作業の手が空いたのでデスク周りを整理。

仕事の資料に混じってバイク関連雑誌がチラホラ。

というよりは、仕事以外の雑誌のほうが
圧倒的に多いのはどうなんだろう。

ほとんどは家に持ち帰っているのだけれど、
ページ数が嵩むものはついつい重たくて置いたまま。

しかも迂闊に手にすると見入ってしまうので
最近はほとんど飾ってあるだけになってしまっている。

そんな中に、
『BIG MACHINE 2007/3 失敗しない愛車選び』がある。

大型バイクを買おうかどうしようかと悩んでいるときに、
とりあえずゆっくり眺めて物色するつもりで買った一冊。


Z750のほか、DSも気にならないわけではなかったあのころ。
でも、ボンネビルやスクランブラーなどと共に、
二気筒を代表するモデルとして掲載されているW650のページを
仕事の合間をみては飽きもせず何度も何度も眺めたことが、
モチベーションを高めることに繋がったのはいうまでもない。

まさに、失敗することなく愛車選びができましたと、
投稿したいくらいだ。



でも、迷って悩んで買った一台に後悔の念を感じたり、
ましてや「失敗」しただなんて思うだろうか。

決してお安くないお買い物。
多少の「あら?」はあったとしても、
好きにならずにいられない想いがこみ上げてくるってものでしょ。

100点満点のバイクなんてありっこないんだから、
何かしらの欠点を克服するために
知恵を絞り、工夫をし、楽しく乗れるようにしてく。

それが醍醐味だったりするんじゃないかな。

…などと、わかったような講釈を垂れてみる。

誰が乗っても「乗りやすい!」といっていただけるんだが、
教習所のCBとSR400しか乗ったことがない私に、
ダブロクの快適性がわかるはずがない。

でも、トコトコもブッチギリもどちらも楽しくて、
腰も膝もお尻さえも痛くならない。

磨けばピカピカとうっとりするような輝きを放ってくれるし、
どこにもない個性的なベベルギアタワーのフォルムは美しい。

それで充分だ。

WOOにフィットしたツールバッグやサイドバッグを探すのは苦労したけど、
あまり知恵も絞ってないし、工夫つったってめちゃめちゃ楽しかったし。

まぁ、何を買ったとしても、跨って駆け出すヨロコビってやつは
必ずソコにあると約束されているのさっ!





支離滅裂方向へ向かってきたように思うので、
そろそろエンディングへ。

上の力説がまったく意味をなさなくなる引用ではあるけれど、
バイクはそれほど苦労しなくても、
あっちのほうで乗り手に合わせて
変わっていってくれるってハナシがある。


かつて仕事がらみで行った茅ヶ崎のHDショップの店長さんが
お客さんにこんなことを話していた。
「バイクって、乗る人のクセに合わせていってくれる
もんなんです。
中古で買うと、乗る方がバイクに合わせなきゃ
ならなくなるんですよ。
だから新車に乗って、自分の気持ちのいい乗り心地に
変えていっていただくのが一番いいんです」だって。

うまいね。

そゆことだ。



うちのWOOはどんなクセがついてるんだろか。
ダブロク歴の長い方に一度乗ってもらって、
どーよこーよと談義をしてみたいと
常々思ってるんだけど、
これが以外と実現できなかったりしてる。



今夜遅くから寒気団襲来。
いよいよ冬本番?
今週末の08ラストマスツーは、
まさにグッドタイミングな開催になりそう。

スポンサーサイト



| バイク | 16:01 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |