FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-10- | ARCHIVE-SELECT | 2008-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

M:iな健康診断 「★つ・ぶ・や・き★(1280049)」

昨日からホントにくどいようだけど、
今日のネタは健康診断しかないような気がする。


健康診断ってやつは、無体だ。

毎朝食事をするのが習慣なのに、
飲まず食わずで来いという。

無意識にバナナを半分剥いてしまって慌てたし、
やかんを火に掛けようとして「あっ」と思ったり。

そうして絶食を強いるくせして、
最初のメニューは尿採取だ。

起床から4時間。
何回かトイレにいっているわけだから、
もう何も出ませんけど…な気分。

でも、それでもなんとかなってっしまうから
ヒトのカラダはすごい。

かつてのポカリのCMキャッチ、
「地球も人の身体も3分の2は水でできている」が、
ふとアタマをよぎる。

そーゆーこった。



無体その弐はバリウム検査。
中でも、胃を膨らませるために最初に飲まされる
粉末の炭酸はいかん。
口にサラっと入れて水で流し込むやいなや、
食道の奥から出口を求めてシュワシュワと沸き上がってくる
ゲップを我慢しろなんて、よく言えたもんだわよ。

「ゲップ、我慢してくださいね」

はーい、なんてお返事しようものなら一気に出そう。
申し訳ないが、返事はしない。
グッ堪えているのがフリーズに見えたのか、
「大丈夫ですかー?」と聞かれ、頷く、に留める。

胃が空っぽだからなんとかなってるけれど、
我慢できているのが不思議なくらいだ。

人心地付くといよいよあのドロっとした
バリウム液を飲む。
ひとくち含んでは飲み下すこと三回。

モニターに映し出された私の食道を
黒く写るバリウムが胃に向かって降りていく。

「じゃあ残りを一気に飲み干してください」

申し訳程度に香り付けされたバリウムを
ゴクゴクと喉まで鳴らして飲む。

軽い、拷問。

唇はきっとアダモちゃん。

そこから台の上を転がるように体位を変え
腰を捻ってはポーズ、前にかがんではストップ、
最後はアームでお腹を何度かグイっと押されておしまい。
つつがない。

技師さんの指示に従って体位を変えていくバリウム検査は
指示がわかりやすくないとスムーズにいかない。
上下左右の指示の仕方はもちろんだけど、「ノリ」も大事だ。

まだバリウム検査に慣れない頃当たった技師さんは、
かなりユニークなキャラクターで、
こちらからはその表情はわからないのだけれど、
この仕事を心の底から楽しんでやっている感じが
言葉の端々から感じられた。

「はぁーい、ではね、始めますからね。
バリウムは、右手で持ちまーす。はい持ってくださーい。
はーい。ではひとくちだけ口に含んでみますよぉー。
私の合図でごっくんと飲みますからね、含むだけです、そーですー」
みたいな。

「はぁーいではね、台が倒れてベッド状になりますからねぇー。
体をらく~ぅに、そーですねー、らくーにしてくださいね。
じゃあ右の方から回ってうつぶせになって、その後仰向けにね。
一回転してみましょー。はぁーいどーぞー、ゴロゴロゴロゴロ…、
はぁーい、いーですよぉー」
とか。

「はぁーい今度はね、アタマの方が下がりますからねぇー。
両側に手摺りがあるの、わかりますかぁー?
はい、それをね、しっかり握ってくださいよぉー。
落ちないよーにねー。はぁーい、そーですそーですー」
的な。

語尾の音引きと、節目節目の「はぁーい」がキモだ。

この技師さんは、自らがバリウム台(?)に上がって
ゴックンだの一回転だのをやっている気分でオペレーションして
いるに違いなくて、バリウム検査の技師さんってやつは
特殊なキャラがなきゃ無理だなと思うと同時に、
遊園地のアトラクションみたいで案外楽しいや…と
思ったのも事実だった。

でもその後はこの手のハイテンションかつフレンドリーな
技師さんは出逢えなくて、いたって普通などこにでもいる
キャラの方が続いてた。

もちろん今日の技師さんもいたって普通組で、
最初はマイクが遠いのかよく聞き取れないことすらあって、
「もうひとくち飲んでください」という指示を聞き漏らして
技師さん側からしてみれば「ぼーっとしてる」状態を
一瞬演じてしまった。

身長・体重計測のほか、今年から加わったウエストサイズの採寸。

計り終わって
「余裕ですよっ」って看護婦さん。

女性のメタボレッドシグナルはウエスト90cm。
余裕がなくてどうする。

ただ、昨日ずんだ餅を我慢した成果は
すくなくとも体重的にはまったくなかった。

一夜漬けは今も昔も功を奏さず…。
スポンサーサイト



| どうなの? | 15:24 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |