FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-09- | ARCHIVE-SELECT | 2008-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

お多幸見参! 「たのしいお酒飲んでますか。(89950)」

おでんに心惹かれちゃった朝から二日。

週末はおでんにしてしまおうかと思ったりしていたら、
仕事仲間のakiさんからお多幸に誘われた。

先発してもらって待たせること約2時間。
朱色のおでん皿を前に白木のカウンターに陣取ったakiさんは
すっかりできあがってそろそろ話がくどくなり始めていて
横に並んだ新人クンに、
「梅酒ばかり呑んでんじゃねーよオメーはよぉー!」と
檄を飛ばしていた。

この新人君、KTMオーナーだそうで、
若かりし頃はバイクに乗っていて、
「金さえあればまた乗りてんだよぉー」が口癖のakiさんと
モトクロスネタで盛り上がってた。


かけつけの生ビールで乾杯。
大根、こんにゃく、牛すじ、ちくわぶ、玉子の第一弾オーダーが
ひょいひょいと目の前でお皿に取られて包丁が入れられる。



あれだけ関東炊きはダメだと言っておきながら、
お多幸の味にはやられてしまう。

口ほどにもないヤツとは、ワタシのことだ。

だっておいしいんだもん、仕方ない。

別オーダーした〆鯖がまたいい。
酢が立ちすぎず上品で、身がとても新鮮。

ビールをとっとと空けて
オーダーした純米の緩燗を手酌でやる。
お多幸
外呑みはバイクブロガーのオフ宴以来。
なんだか沁みちゃう。


第二弾はインゲン、里芋、袋。
5本ほどが中央をかんぴょうで縛られておつゆに浸ってたインゲンは、
おしょうゆ色のおでんダネの中にあってひときわビビッド。
火が通り過ぎず、適度な歯ごたえが残っていておいしい。

中は白いのによく味が沁みた里芋は、ねっとりとした舌触りを楽しみつつ、
緩燗でちょいと流す。

袋は根菜類と細めの白滝のみ。
旬なのだし、銀杏入れて欲しいな、と。
でも正体不明なほど黒々と煮汁を吸ったお揚げは美味だった。



図らずも有言実行できちゃった、おでんに緩燗なひととき。

ブログを読んで声をかけてくれたakiさん、ごちそうさまでした。


やっぱり週末はおでん作ろ。
もちろん関西風でね。



スポンサーサイト



| そとめし | 12:59 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

軽薄なイチモツの一喜一憂

ウインターツーリングの強い見方になること間違いなし!と、
先週オンラインで買ったZippoのハンディーウォーマー

今週アタマに届いたので、
どれどれ…?と梱包を解いてみた。


と…?


裏箱のスペックによると、このハンディーウォーマーの生まれは
ちょっと複雑だ。
zippo箱
本体は最近かなりヤバい中国製で、
プラチナ触媒を使ったバーナー部分は日本製で
でもって燃料となるオイルは米国製…。

甚だしい混血アイテム。


なにゆえ?とネットで調べてみると、
アメリカで2006年頃から発売され始めた
USA版ハンディーウォーマーは日本製だって。

なんで?

USA版は本国に任せて、日本国内向けは自分とこで作れば、
なにも中国に委ねる必要はないじゃんねぇと思う。

そもそもアメリカでござい!なZippoモンをなんでまた
全部日本で作るんだろか…。

はて。

一抹の不安が胸の奥に降り積もるなかさらに調べたら
昭和の初めから今に残るハクキン懐炉
OEMという事実が見えてきた。

つまりは国内向けハンディーウォーマーを発売している
マルカイコーポレーションが、Zippo社からロゴ使用の許諾をもらいーの
ハクキンカイロ株式会社が作った製品にロゴ貼ってーの
日本のみならず本国アメリカでも売ってるってことだったのだ。

ZippoのZの字どころか、縁もゆかりもありゃしない。

かつての喫煙時代には、Zippoオイルの香りが好きで
ボーイズサイズのZippoを使ってたほどのワタシなのに、
まさか生粋の日本メイドだとは夢にも思わず
手を出してしまった。



機能にもラベルにもなんら変わりはないのに、
裏事情を知った途端に恋する気持ちが醒めゆくのはなぜだろう。

惚れた男が実は前科もんだと知ったとしても、
愛を貫く熱い情が自分にはあると自負しているのに…。





まぁいい。

うれしくってパッケージをしげしげと見てしまったばっかりに、
いらん手間を取った上に軽くがっかりまでしたけれど、
中身を取り出してみる。


薄っ!


軽っ!



箱の厚みはオイル缶の厚み。
カイロの裏はうんと上げ底されていた。

オイルとオイルを注ぐゲージ、フリース素材のカバーが
といっしょにセットされている。

ゲージ2杯分のオイルで約24時間暖かさが続くので、
使用時間によってオイルの量を調整して使うらしい。

引き出しで眠ってたケータイ用のネックストラップを
カバーに装着。
Zippo warmer
本体を入れたり出したり首にかけたりしてみる。



うん。

これなら革ジャンの中の胸前にぶら下げても
まったく支障はなさそうだし、ポケットでもよさ気だ。

それになんてったって、
キラキラした真鍮が実にキレイだ。

ヒカリモノラバーなワタシには、この質感はたまらない。



なんやかんや言ったって、
結局気に入ったわけ。

ささっ。
早く寒くなれぃ。

| バイク | 10:22 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |