FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-09- | ARCHIVE-SELECT | 2008-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ドロンコ願望 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

3年前の今頃、私は中型免許取得に全パワーを注いでいた。

週末しか受講できないとはいえ、半月経っても一段階がクリアできず、
いつまで続くとも知れない屈辱と自己嫌悪の毎日に、
街中でCBの音が聞こえるだけで緊張を強いられていたし、
布団に入って目を閉じればクランクやスラロームのデジャブが浮かび、
外が白み始めるまで寝付けない夜も山ほどあった。


猪歳の生まれでもないのに、やることは猪突猛進だから、
後先なんてなにも考えているはずがない。

2時間連続で受講して、あわや熱射病なんてこともあったのに、
SR納車の日は手もかじかむ11月。
キックの練習と家の周囲のチョイ乗り、そして
初めてのおつかいならぬ初めての首都高デビューと、
雨や雪の日以外は真冬も走ってた。

まだ防寒のノウハウや装備もおぼつかないころ。
たった3年前なのに、あのころの私は自分でも呆れるほどに熱かった。
きっと何かが天から降りてきてたんだと、今でも思う。

私が“冬眠”しない所以は、
そんな“初期設定”のタマモノなのかも知れない。



さて。
そんなバイクライフ初期のころ。
周囲にいたのは“若い頃はオフばっかだった”か、
あるいは「バリバリ伝説」に触発された
スロットル全開ノリの強者ばかり。

彼らとツーリングに行っても、
道幅内で軽々とUターンをこなす彼らを待たせて、
ひとりだけうんと先の脇道までいって折り返して返ってくるという
初心者とはいえ無様過ぎる有り様だった。

ならばと、船橋港で八の字旋回を特訓すれば、
教官役を買って出てくれた
boxer氏を轢いてしまうし、
結果未だライディング基本課題は未完のまま。


だったらば、前々から諸先輩方に呪文のように言われている
一度モトクロスを体験するといいんだけどね…、
ってお達しだけでも実行に移してみとくかなと思ってる。

帰省ツーの折り、砂利道の穴ボコを避けようとして
すっころんだことも強力なトリガーになる中、
バイクからブーツまで全身レンタルの上でバリバリ走る計画を
立案中…、いや他力本願中なのだ。

一回経験したくらいで何がどうなるわけでもないんだろうけど、
言葉でしか聞いたことがない“カウンターを当てる”とか
悪路や急勾配を立ち乗りで乗り切るなんて技を間近で見学して、
フンフンと納得した上で、自分はキッズレベルのヤワなコースを
気分だけモロクロッサー張りのチマチマ走りをしてみたいのだ。

今月後半から、11月、12月が土日出勤必至の見通しの中、
年内にその想いが遂げられるのか否か…、
でもとっても行きたい気満々の今日この頃なのだ。
スポンサーサイト



| バイク | 18:28 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |