FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-08- | ARCHIVE-SELECT | 2008-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

倒しちゃった!!!! 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

帰省ツーから戻って以来、地図を眺めることが増えた。
次はどこいこか?という狙いもあるけれど、
むしろ、帰りの渋滞に引っかからずに行って帰ってこられる
手頃なルートはないだろか…?という視点で眺めてる。

信号もクルマもほとんどいない。
そんな道をのんびり気ままに走ったせいで、
ツーリングでぶちあたる渋滞が憂鬱で、
出かける気力が萎えてしまっているのが、
帰省ツー唯一の弊害なのだ。


そんな中、
先週仕事中に地図を眺めていて計画したのが
富士山ぐるっとルート。

東名を御殿場で降りて、富士山スカイラインから139号へ抜け、
河口湖から中央道で帰ってくるというルートだ。
シンプルに回ってくれば中央道が混む前に帰ってこられるし、
渋滞覚悟なら、数ある見どころを巡ってくることもできる。

ひとりじゃやアレなので
なおニン杯争奪帰省ツークイズ賞品贈呈にかこつけて、
昨夜、忙殺から解放されて痺れそうに疲弊しているboxerさんに
連絡を取って餌食に…、いや相棒に。

なのに、だ。
昨日の雨が上がって、きっと今日は富士山が見えるはず!
そう思って眠ったのに、目覚ましをかけ間違えて
起きたのは起床予定の45分後。
朝食も支度も端折りまくって、それでも約束の7時に5分ちょいの
遅れで海老名到着。
たぶん駒沢から用賀の事故渋滞がなかったら間に合ってたと
言い訳しつつ朝からboxerさんに頭を下げた。

この後、未曾有のとばっちりをお見舞いすることになるなんざ、
予想できるはずもないわけで、たった5分ぽっちの遅れじゃん?などと
タカピシャな態度を取りながら、空っぽのお腹を朝っぱらから
牛丼で満たして意気揚々だったのだ。

東名を走っている間は見えていた富士山だったけれど、
近づくにつれ雲に隠れる。
富士山スカイライン西臼塚PAからは早い雲に見え隠れ。
富士山スカイライン
深い樹林が両サイドに続くこの道では、
シールドを思わずあげて木々の薫りを思いっきり吸い込む。
雨上がりの木々が放つ薫りは驚くほど濃く、そして甘い。

甘い薫りの後は、甘いソフトクリームをと、
71号沿いのミルクランドへ向かうべく、
その手前の交差点で地図をチェック。
boxerさんとふたり、信号を越えたところで停まり
バイクに跨がったまま地図を見る私。

50センチほど前に停まっているboxerさんが
ちょっと見せてと伸ばした手に地図を渡そうとした瞬間、
なぜかタンクバッグ上の地図をフロントブレーキから手を離して
持ってしまった。

緩い下り坂をゆるゆると前進し始めるWOOと私。
あら?あら?ぶつかる~~~と思う端から
R100RSとともに左へ倒れるboxerさん。

びっくりして地図を投げ捨てフロントブレーキをかける。
急いでバイクを降りて振り向くと、
後ろに同じように停まっていたバイク乗り3人衆のおひとりが
ささっと駆け寄ってきてくださる。

私も…と、なぜかカウルを持って起こそうとしてる私。
完全に動転のるつぼ。

R100RSのエンジンがかかるまでの10分ほどの間
ひどい凹みに見舞われながら、お詫び三昧。

でもなぜか、WOOと私が坂を下り始めて
ぶつかられて倒れてもなお、ずっと笑っているboxerさん。
エンジンがかからなくても、顔から笑みが引かない。
引きそうなのは、こっちのほうだ。

何がおかしいの???と聞けば、
私のあまりの滑稽さに、笑いが止まらないらしい。
なんでリアブレーキ離したの?と
うっすら涙の滲んだ瞳で聞かれた。

んー…?なんでだろ。わからない。

怒りを通り越して笑っちゃうのも
なんとなく、頷ける。
私だって、自分のアホさ加減が
情けなさを通り越して笑えるもの。

ちなみにR100RSの被害は、
右のサイドケース下のエッジに地面が当たった擦り傷と、
私の左前サスが彼の右マフラーを擦った跡。
R100RSに傷
何気に立派な物損事故となってしまった。

動揺を沈めるように向かったのはミルクランド。
赤い屋根と、深い緑が北海道を彷彿とさせる。
ミルクランド

お互いテンパッた神経をソフトクリームでクールダウン。
ミルクランドのソフト
痩せこけたヤギが寂しげだけど、かなり美味なソフトは瞬食。
ふれあい牧場もあるここは、まだ10時になったばかりだというのに
結構な人出だった。

次はboxerさんが一度行きたかったというもちや二輪会館へ。
もちや二輪車会館
入場料500円ってどーよ…?ということで、入場はパス。
え?
一度行きたかったのでは???

やたらとライダーさんの数が多いもちやを後に、
気温18度の朝霧高原道の駅でランチ。
牛丼はとっくに消化できていたのだけれど、
まだおいしいものに出会えるといけないので、
山菜そばに甘んじる。
霧降高原のおそば
外に設えられたウッディーな席で、濃い緑を眺めながら
ここちのよいひととき。

自宅からたった4時間で浸れている大自然がうれしい。

最後は西湖へ。
西湖
静かな湖面を滑るように走るボートや
すっかり育ったすすきが風に揺れる様を眺める。

思わず寛ぎそうになるカラダに喝を入れて、
調布でちょいと混んだだけの中央道をぶっちぎり…、
いや、秋の安全週間を十分に意識しながら…、3時過ぎ帰着。

走行距離373km。

ハプニングはあったけれど、
お手頃で、渋滞もなくて、雨も降らず、
富士山は行きと帰りにすばらくし拝めて、
ちょっと思い出に残りそうなツーリング。

boxerさんはその限りじゃあないかもしれないけど。


ちなみに本日のタイトルはboxerさんたってのご希望によるもの。
エクスクラメーションマークの数も「4つ」とのことだったので忠実に。
スポンサーサイト



| ツーリング | 22:57 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |