FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-08- | ARCHIVE-SELECT | 2008-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ツーリングに傘の賛否 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

日々帰宅後にちょこっとずつ進んでるロンツー荷造り。
あれもいるか、これもあったほうが…と、
日々荷物は増加の一途。

土日の東京・大阪が雨模様なので
昨日はとうとう携帯用シートカバーをネットで購入。
会社に金曜必着で送ってもらうことに。

畳んでどのくらいのボリュームになるのか不明だけど、
防犯も兼ねられるので、今後キャンプにも使えるだろし。

昨日は会社で地図をせっせと作る。
手頃なものが見つからないので、
既存の地図を切り貼ったり、ネットからダウンロードして
繋いで出力して、給油目標地点を落とし込んだり。
ここまでやってガス欠したら、アタマとセンスが足りないと
自分を見限るしかない。

3日間のルートを地図に落として全行程を眺める。

誰に勧められたわけじゃない。
自分で決めて自分で選んだことなのに、ため息がでた。

視覚で感じるだけでも、想像以上に長い距離。

3日目の益田から角島を経て実家までは
距離にすれば260kmほどなのに、
下関まで高速を使わないせいで所要時間は
休憩なしでも8時間。

大丈夫か、アタシ。




折り畳み傘はあったほうがいいよねと
ランチしながらboxerさんに尋ねて
「ププッ」と失笑を買う。

「いつ使うの?」

SAの駐輪場から建物までとかぁ、
道っぱたで地図を見るときとかぁ、
駐車場からホテルまでとかぁ…。

すでに終始雨のイメージができあがってしまっているため、
「メット脱いだら髪が濡れるわけだし」とか
「両手に抱えてる荷物がホテルにはいる前にずぶ濡れになるし」と
思ってしまう。

ヘンなのか?

だって雨キャンプだって、合羽があっても傘は必需と
いうではないか。

それはそれなのか?


いつの旅も、持ってった荷物の半分近くは使わずに終わる。
今回も、傘と、雨はじき&曇り止めスプレーに限っては
そうであって欲しい。




スポンサーサイト



| 帰省ツー | 14:56 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |