FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-04- | ARCHIVE-SELECT | 2008-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

韓国の爪楊枝に思う 「★つ・ぶ・や・き★(1280043)」

今日のランチで行った韓国料理屋さんで、
変わった爪楊枝を発見。

やや黄色みを帯びた半透明の爪楊枝。
弾力があってなかなか使い心地もよさそう。

日本の天然資源節約の動きが、
割り箸を経てついに爪楊枝にまで来たかと
感心したのも束の間、なんのことはない、
コレは韓国ではすでにスタンダード化されたもの。
この店にあったのはたまたまだったってだけのことなのだ。

そして同時に、隣国の地球環境保護意識の高さに、
愕然とさせられる事実を知ることに…。



韓国では割り箸や紙コップなどの使い捨てのものを
飲食店で使用することが1992年に施行された条例で
原則禁止されているんだとか。
日本のアマちゃん振りを突きつけられた思いがする。

割り箸はすべて金属製のお箸に取って代わり、
爪楊枝はこの手のものに変わったのだ。

しかも、一見樹脂製に見えるこの爪楊枝、、
残飯に混じった爪楊枝を家畜が食べても差し支えないように、
じゃがいものでんぷんで作られているらしい。

素晴らしい。
ハイパーなエコだ。

ただ、今日のお店に関していえば、
爪楊枝には気を遣っているのに、
お箸が割り箸というアンバランスさに、
首を傾げざるを得なのだけれど。


ちなみにぼちぼちと流行の兆しがみえる携帯マイ箸は
いろいろな企業がムーブメントを仕掛けているし、
伝統工芸品販促にもつながりそうな流れも。

大人の逸品なんてことになってるし。

eko度強調箸とか。

気の利いたデザインものとか。

アメカジ野郎御用達なんて意味不明な扱いのものも。

マイ箸をキープできる居酒屋さんまで誕生。

ファミマもその気だし。

プロジェクト化も。


でも、いいことはわかりきってるし、
別に恥ずかしくも煩わしくもないのに
なぜか実践に至らないマイ箸携帯。

この行動力のなさが、
人生にいまひとつの華を咲かせられない
原因になってるような気がしたりして…。
スポンサーサイト



| どうなの? | 16:33 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |