FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2008-01- | ARCHIVE-SELECT | 2008-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

WOOさん初オイル漏れ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

帰宅時間が遅かった11日の千倉ツー。

手入れしてやれなかったので、
今日は磨いてやらねばと最高気温7℃、
さらにはズビズビの鼻風邪をおしておもてにでる。

雪解け水で濡れた路面も走ったので、
フレームの下も拭いてやろうとチェーンの下を覗き込む。

ん?

クランクケースの下を這うように伸びるフレームが
ザリザリした感じで黒くべったり汚れている。

よくみると、クランクケースの底にしずく状のものが
ついている。

メカにまったく弱い私の脳裏にでも浮かぶ
「オイル漏れ」の文字。

WOOさん、どうしちゃったの???



家に取って返してナオさんに緊急連絡。
30分後には、三咲のナオさんの店に到着。
クラッチケースの中にもオイルがいくらか飛び散っていて、
でもしたたるほど漏れているわけでもないので、
漏れているところを特定するには至らず、
それでもナオさんの勘に任せて直ちにシール取り寄せ。

でも、新車で買って9ヶ月でもう摩耗だなんだって起こるわけ?
先が思いやられる。

「この程度なら、たいしたトラブルじゃない…と思うよ。
なーんにも起きないバイクなんてないから」と
凹む私を気遣ってか、妙に饒舌なナオさん。
オイル汚れをクリーナーで落としながら、
「シール替えてダメだったら入院してごっそり交換!」
えぇぇぇ~?ニュウイーン!!
ぜんぜん気遣ってくれてるわけじゃなかったか。

16時になろうとするころ帰途に付く。
早くも指先が冷たくなっていた。



さて、凹むことあればヨロコビあり。
エントリーしていたジャパングログアワードから、
第一次審査通過のメールが来ていた。

ちゃっかり自薦でエントリーしてたんだ。
これだけ長々やってきたんだから、
何か、意味合いのあるものにしたい気がして。

ちょっと名誉な感じ。
スポンサーサイト



| バイク | 15:09 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大型教習から1年 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

確か、去年の今頃って教習所に通ってたんじゃなかったっけ…?
昨日、ナオさんとこからの帰り道で、訳もなく思う。

こういうとき、ブログのバックナンバー一覧は実に便利。
ほぼ内容がわかるようなタイトルを付けているので
「あれはいつだったっけ?」なんてときも、割とすぐに探せる。


どんぴしゃだった。
1年前の今日、大型教習に通い始めてた。

引起こしもスタンド掛けも一発。
乗り降りするだけでコカしていた中型免許のときと違って、
初めて体感する安定感とか、加速感に心躍った。
後半、不甲斐なさに苛まれることなど予想できるはずもなく、
意気揚々とした2時間だったのだ。

もう1年も経ったのかと、少し意外に思うけれど、
でもマチルダに乗っていたのは、ずいぶん前のような感じがする。
つい去年の5月までは乗っていたのに、だ。

マチルダは、ときどき写真で振り返っても美しく、愛おしい。
端正なスタイリングといい、丁寧な造りといい、
パーツのひとつひとつに、職人の想いを感じさせる。
ただ、キックスタートにだけは泣かされた。
自宅を出るときは悪くても5回も繰り返せば掛かっていたけれど、
エンジンが温まってくるとヘソを曲げること多々。
ツーリング先でも、私がうまく掛けられるかどうか、
仲間は目の端で、なにげなく見守ってくれていた。

彼女と別れてもうずいぶんと時間が経ったような錯覚に陥るのは、
あんな苦労がまったくなくなったこと、
そしてなにより、すっかりWOOさんに馴染んでしまったからなんだろう。

そんな私を、マチルダはどう思ってるんだろう。
下手クソだった私に、「一昨日おいで」と舌を出してるかな。

いずれにしても、「取っとく」だけのつもりで通い始めた大型教習。
「いつかそのうち乗る」つもりでいたダブロクに
1年後に乗ってるなんて、思ってもなかった。

待つことで好機を得ることは多いけれど、
アイドリングしてないと、それすら逃す。

折につけ、大型の魅力をささやいてくれた仲間、
そしてどーんと背中を押してくれたキミに感謝。

なりたい自分へ向かう気持ちと好奇心は、
いつもココロの最前列に置いとかないと。

そんなことを思った、一日だった。







| バイク | 14:03 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |