FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-12- | ARCHIVE-SELECT | 2008-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

失うということ。

昨日、大阪市の市道で遺体で発見された女性。

一週間前、自宅に押し入った強盗に、
生後わずか18日の愛息を殺された母親だった。

遺書めいたものがあることから、
歩道橋から飛び降り自殺をしたのではないかとみられている。



昨今、人が人を殺める事件が、起きない日はないといっても
過言じゃない。

都度、心痛め、やりきれない気持ちになるものの、
あまりにも頻発するこの手の事件は、
すぐに記憶から薄れ去ってしまう。

だけど。
人生を狂わされた遺族や周囲の関係者が、
命を落とした被害者の分まで生きようと
自らを叱咤する苦悩は想像に余りある。

亡くなった母親と、自身の大学卒業を待って
入籍する予定だった男性。
突然の凶行で、生き甲斐を失った彼女を支え、
生きることが供養になるのだと諭し、
前を向こうと、強い愛情で包み込むには、
彼自身の衝撃も大きく、また若すぎたのかもしれないけれど、
そこになにかしらの救いがなかったのかと悔やまれる。

孫と娘を相次いで失った、この女性の母親は、
私とほぼ同世代。

無惨に断ち切られた家族の歴史や、培ってきた生活の記憶と、
彼女はどうやって折り合いをつけていくんだろう。


こうした場合、やがては捕まるであろう加害者は、
彼女の自殺という事実も加味された上で処罰されるんだろうか…。

報道で知る端から消えていく数多の事件のなかで、
久しぶりに複雑な思いに至った事件だった。





スポンサーサイト



| どうなの? | 12:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |