FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-08- | ARCHIVE-SELECT | 2007-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

バラけたパンフ復活術 「★つ・ぶ・や・き★(1280037)」

仕事で使い倒ししている資料なんかで
特によくあることなんだけれど。
中綴じパンフレットの表紙の
ホチキスが留まっている部分が破れて、
中面と表紙とがバランバランに
なっちゃうことがよくある。
こんなふうに。
ばらけ


表2部分を開いて、
セロテープでビーッと上から下まで
留めてしまう手はあるのだけれど、
表紙が閉じにくくなって気持ちが悪い。


でも実は簡単にホチキスを留め直す
裏技があるのだ。
本体がクルッと回転する中綴じ用ホチキスもあるけれど、
一般的なホチキスで大丈夫。

まず、表紙と中面をしっかりとずれないようにセットして、
表紙が上になるように伏せて置くんだけど、
ホチキスを打ちたい部分の下に消しゴムを置く。
ここがミソであり、この裏技のすべて。
2


そうしてホチキスを開いて、
留めたい部分に慎重に針の部分を合わせて、
狙いを定めたら、やや勢いを付けてガシャンと
押さえつける。
厚みがある場合は、拳でガツンと叩く感じで。
留める


強く叩きすぎて拳が痛んだり、
ホチキスが壊れても保証はしないけれど、
通常は針がこんな風に刺さるはず。
そう。
針は紙を貫通して消しゴムに刺さるのだ。
3


消しゴムを外すと、こんな具合。
後は針が指に刺さらないように注意しながら、
倒してやればいい。
5


写真はわかりやすいように端の方を留めたけど、
センター部分も同じ要領でしっかり留まる。

ちなみに、消しゴムが固すぎると針が通らず失敗を重ね、
表紙部分がますますボロボロになるので注意。

以上、なおニン知恵袋の巻。
他にもあれば、シリーズ化も…?
スポンサーサイト



| 知恵バッグ | 00:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |