なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-06- | ARCHIVE-SELECT | 2007-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

明るいうちに 「今日も明日もバイクと共に(1303)」

18時10分退社。
10分過ぎたものの、いわゆる『ベルさっさ』。

特に人と会う予定もないのに、
こんなに早い時間にオフィスを出たのは何ヶ月振りだろう。

まだ日が高い街並みをのんびりと歩いて、
これもずいぶんと久しぶりに行きつけのTSUTAYAへ。
新刊やバイク雑誌を30分ほどパラパラとめくって、新橋駅へ。

まるでイベント会場のようにごった返す新橋駅の雑踏を眺めながら、
ジューサーバーで桃ジュースをいただく。

まだ今年は桃を食べてないな…。

買ったばかりの文庫を読みながら東へと運ばれて行く。



まだまだエネルギーが余裕の今日は、
駅から缶ビール12本を提げて帰った。

こんなふうにゆるゆると、
今日の自分を回想するひととき。
ふと、
普段は流されてしまっている奥底の想いを再認識したり、
言動を反省したり、そんな時間がゆったりと流れる。

とてもとても、必要と思う。
自分の想いをおもうこと。

| 私って | 21:01 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

行こか、やめよか 「今日も明日もバイクと共に(1303)」

やっと抱えていた仕事が一段落したので、
アタマは夏休み企画へ。

恒例9月の帰省のため、
航空券を予約しようとANAのサイトを眺めるうち
ふと思ってしまった。

バイクで帰るって手もある…?

9月の連休をうまいこと使えば、
夏休みを繋げて6連休できる。
一泊しながらの往復で4日取られても、
現地で2日過ごせる。
日帰りで阿蘇って手も。

ハイウエイナビゲーターで検索したら、
船橋インターから実家最寄りの古賀インターまでは1,137キロの道のり。
所用14時間36分。
朝6時に出れば、夜8時前には到着する計算。
時速80キロの計算だとすれば、
マメな休憩を入れてももっと時間短縮は可能なはずで、
しかも平日のせいか渋滞による予想加算時間は0分。

大阪あたりで一泊したとしても、
翌日の午前中には着きそう。

が。
飛行機の旅割で帰るよりも
倍近く費用が掛かることも判明。

しかも談合坂にひとりで行くのすら、
心細くなっちゃう私が、
ホントに2000キロもソロツーできるのかな。

かといって、こんな大冒険に付き合ってくれるサバイバーは
なかなかいない。




意外に小心モノな私がここに。



とりあえず
ビリー
でトレーニング開始しとくかな。



| ツーリング | 15:29 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ウインカー付け替え 「今日も明日もバイクと共に(1303)」

先日のビーナスラインツーの立ちゴケの痛手、
右ウインカーの付け替えでナオさんとこへ。

本来はフェンダーを降ろさないと替えられないという、
ホント、何にも考えてない取り付け位置なんだけど、
そこはナオさんのことだもの、シート下のプレートを
一部外しただけでやりくりしてくれた。

WOOさんのウインカーは前後左右、
すべて共通ということで、
スペアを取っておこうか?というナオさんの提案は
やんわりお断りして。

もぉ転ばないもん。

雨は夜からのはずだったのに、
着いていくらもしないうちに降り始めた雷雨で、
一時足止め。
帰ってみたら、干したときよりも水分を含んだ洗濯物が、
かなしくベランダに下がってた。
もう空は晴れてるのに。

おのれ…。
また仕事を増やされた。

キッチンの床に水をこぼしたのを機に、
家中の床の拭き掃除をしちゃったし、
3回回した洗濯といい、今日は図らずもお洗濯デーになっちゃった。

| バイク | 18:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

タラちゃんは男の子?? 「★つ・ぶ・や・き★(1280036)」

そもそもがこういう性格なので、
長らくの勘違いや聞き間違いは山とあって、
何かの拍子に真実を知るに至り、
そのことそのものよりもむしろ
知らずにいたことにショックを受けること数多。

さすがに歳を重ねた最近では
そんなことも少なくなっていたんだけど、
昨夜、久しぶりにショックを受けた。

『サザエさん』の登場人物『イクラちゃん』は、
女の子だとばかり思ってたのに、
飲んでたメンツに全否定を喰らってしまったのだ。
あの子は男の子だったらしい。

『ばぶー』としか言わないし、
タラちゃんはやたらと優しく接するし…、
なぜ?なぜ?みんな男の子だと知ってたの???

しかもフネと波平の年齢設定は、
私とほぼ同じらしい。

うっそぉー

おかしくない?
あれはどうみても70代でしょうに。
和服にお団子ヘアだよ。

そもそもサザエさんが27歳ってのも無理だし。

まっ、昭和30年代に私が今の年齢だったら
抗う間もなく『おばちゃん』、
下手すりゃ『おばあちゃん』って言われてたってことね。

やな時代だけど、今の人でよかった…。




| どうなの? | 17:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

寝転がって観た隅田川花火 「★つ・ぶ・や・き★(1280036)」

降ってわいたようなお誘いにかけつけた
隅田川花火大会。

浦安花火は最近恒例だけど、隅田川は初見参。
混雑が嫌いなので、大きな花火大会は行かないほうなんだけれど、
今回は吾妻橋に会社がある友人が取りはからってくれたお陰で、
隅田川沿いの高速高架のすぐわきで見物することができた。

昼間の強い日差しの熱が冷めやらないアスファルトに
持参のレジャーマットを広げて。
最初は体育座りで観ていたけれど、
やがて首が痛くなったので、周りに習って寝転がってみた。
岩盤浴のような暖かさと、めくるめく花火の美しさ…。
そこへビールの軽い酔いが重ねれば、眠くなるのはあたりまえで、
一瞬記憶が途切れる瞬間があったりしたのだった。
ある意味、贅沢な花火鑑賞。
隅田川花火


でももっと贅沢なひとたちはたくさんいて。
屋形船
隅田川に浮かぶあまたの屋形船。
ひとり2万とも3万とも言われる今日の屋形船は、
帰りがけに1年後の予約を入れて行く人がほとんどなので、
新規の予約はほとんど入れられないんだとか。

1年後、どこでなにをしているかすらわからない私には
ちょっと信じられないな。
…なんていう割には、いっときほどは変化ないんだけど。

今日は懲りずにまたUターンの練習に勤しんだし、
初めて半袖で乗ったので、腕を日焼けしちゃったし、
ぐっすりたっぷり眠れそう…。

| 未分類 | 23:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新橋『ひそか』で一献 「たのしいお酒飲んでますか。(89950)」

大残業を覚悟していた昨日、
思いのほか作業が早く終わったので、
がんばったスタッフといっしょにプチな打ち上げ。

夏の恒例、新橋こいち祭りで盛り上がる駅前のほど近く、
ビルの地下にあるひそかへ。

目下キャンペーン中のようで、通常1,980円の飲み放題が、
1,580円!しかも時間無制限!!
生はベーベンブロイだし、焼酎は銘柄豊富とくれば、
当然ながらグラスはどんどん空いてしまう。

沖縄料理が中心のフードメニューはどれもこなれたお値段で、
しかもかなり美味。

ただ残念なのは男女共用のトイレがひとつしかないこと。
店が混んでくると、ドアの前に列ができる瞬間も。
ギリギリになって駆け込むと、大変な思いをする羽目に。

入稿を前に、久しぶりに会社スタッフと飲んで、
みんなそれぞれに思うところがあったりした。

うちの会社はことごとく少ないけれど、
ノミニケーションの必要性を強く感じたひとときだった。

| あるこほーる | 00:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夏休み

世の中、夏休みシーズンに突入している。

自分が子供の頃は、やっぱりうれしかったんだろうな、
記憶ないけど。
でもその前にもらう通信簿の内容と、
それをみた親の反応がなんといっても怖くて。
体育と文系に比べて、まるで別人のように出来が悪かった
理数系の成績は自分でいうのも妙だけど、毎回脅威だった。

でもそんな不出来な子を両親は、
いろんなところへ連れて行ってくれたっけ。

福岡時代は阿蘇や久住、
札幌時代は、4年の間に道北以外のほとんど、
名古屋で暮らしたころは穂高や、飛騨高山へ…。

あの頃は、ただ『連れて行かれてる』感覚の方が強くて、
なんとなく付いて行っているような感じだった。
高い旅費を遣ってくれていたのに、
今思うと、なんて子供だったんだろうと反省しきり。

近い将来実現させる予定の、家族で行く北海道旅行。
きっと、かつてとは立場が逆転して、
仕切るのは私に違いない。

思い出を辿ったり、
行けずじまいだったところを訪れたり、
うんと楽しまなきゃ。

そして、もちろん両親に
恩返ししなくちゃ。

| | 00:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

高松の美味なそうめん 「取り寄せ美味しい物(295953)」

昨日、高松空港から送ったうどんが届いた。
帰りのドタバタは読めていたので、
朝、高松空港に着くなりささっと買って会社宛に送ったのだ。

行くたびにいろいろと買ってみてるけれど、
スタッフの間でも絶賛なのが、
サヌキ食品の手延べそうめん

讃岐うどんの生地で作ったそうめんなのだ。
有名な小豆島のそうめんよりもやや太いけれど、
讃岐うどんを思わせるコシとツルツルの喉越しが身上。
ざるでも、あたたかく仕立ててもとても美味。
長いので、茹でる前に半分に切らなくてはならないんだけど、
この行程をよく忘れる。
結果、お行儀悪い食べ方になっちゃう。
反省。

てんつゆで普通にいただくのもいいけれど、
キュウリやもやしやほぐしたささ身をトッピングして
ゴマだれ仕立てにしみたり、
納豆やらオクラやら山芋と白だしベースのつゆをかけて、
遅く帰った日の夜食にしたり…。
うどんよりも具やタレやつゆが絡みやすくて
すっかりはまってる。

夏に向けて、ぜひぜひご賞味あれ。

| オススメ | 00:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

高松の食文化 「今日のこと★☆(679185)」

初の日帰りであるにもかかわらず、
5時間もの暇つぶしを余儀なくされた今回の高松出張。

広すぎると噂の栗林公園散策も無駄な体力を消費しそうだし、
手っ取り早いところで、JR高松駅へと向かう。

かつては海だったところを埋め立てて作られた高松駅は、
シンボルタワーを併設したマリタイムプラザ高松とともに、
真新しい趣を醸して出しているのだけれど、
なにしろ人がいない。
それなりの総工費をかけて開発されたことが如実なだけに、
いらん心配をしてしまう。

お昼はマリタイムプラザにある川福で日替わりランチを。川福日替わり定食
肉厚のイカのカツレツに、ハマチのお刺身、ざるうどん、ご飯、
さらには牛乳寒のデザートがついて800円は新橋じゃありつけない。

まだまだ余ある時間を潰しに、駅の隣にあるスーパーをのぞいてみると、
とあるコーナーですごい光景を目にする。
高松の醤油
この目を見張る醤油バリエーションはどうなの。
大手メーカ-から地元メーカーの定番醤油はもちろん、
たまり醤油、刺身醤油をはじめなんやかんや。
さらにこの先にはポン酢系、麺つゆ系が続くのだ。
食材に合わせて何種類もの醤油を使い分けるとみた。
おそるべし!高松の醤油文化。

そうしてさらに目を疑ったのはうどんコーナー。
うどん18円
うどんがひと玉18円ときた。
もやしよりも安いうどん…。
香川の方々が年間300玉食べるというのも頷ける。
なにより安いわけだもの。
高松駅のスーパーでこれならば、
探せば一桁代のうどんもきっとある!(はず)

ひょっとしたら瀬戸大橋が見えるかも?と思って昇った
シンボルタワー30階の展望台。
高松港
瀬戸大橋は思いのほか遠くてちっとも見えなかったけれど、
凪いだ美しい海が見渡せた。
ちなみにこの30階には、石鍋さんのクイーンアリスがあった。
ランチで4000円代という強気なメニュー。
どこにでもお金持ちはいるってことで。

待ち時間が長かった分だけ、
異様に内容が濃かった打ち合わを終えて、
最終便に駆け込んで。
帰り着いた羽田の到着ゲートは、一番端の69番。
到着ロビーまで延々15分近く歩かなければならない。
羽田
第2ターミナルはこれがつらい。

現段階の予定では、もう出張の予定はない高松。
心残りは夜からしか営業しない、
カレーうどんのおいしい店に行けなかった事くらいか。
いつも空港とホテルとクライアントを移動するだけの行程だったので、
最後にもらった自由時間は、
それなりに有意義なものだったと言えるのかもしれない。

おわり。

| 未分類 | 22:55 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

手羽先パリパリ焼き 「今夜のばんごはん(250356)」

久しぶりに焼いた大好きな手羽先が、
とてもとても絶品だったのでアップしておこうかと。
今日は盛りつけがなんだか決まらず、
手羽先がバタついてるような始末なのは置いといて。

塩とお酒を振ってグリルで焼くだけ
今日はひとつだけブラックペッパーを振って。

皮は程よい塩気でパリッと。
中はふんわりジューシー。
軟骨までポリポリといただいて。

いっしょに丸ごと焼いたニンニクが、
ほくほく甘くてやわらかで。

カボチャとブロッコリーのサラダは、
ヨーグルトマヨネーズソースで。

明日はまた高松。
今度は初の日帰りだから、
楽にみえて体力的にはハードかも。

5時前起床に備えて、
今日は早寝しましょ。

| うちめし | 18:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

おからクッキーをつくる 「今日のおやつ♪(129207)」

人気のダイエットフード、おからクッキーに初挑戦!

といっても、生協で興味本位に注文してみた乾燥おからが
消費期限の時期を迎えたので、
なんとか使ってしまおうと思い立ったのと、
このところの残業続きで間食が増え、
なにげに各所のオニクが気になりだしたのがきかっけ。

パッケージの裏に記載されていたレシピをベースに、
バターの半分をオリーブオイルに、
砂糖をブラウンシュガーにアレンジして。
プレーン、シナモン、黒ごまの3種類を作ってみた。

が…。
サクっと感がなくて、どちかというとシットリ…。
何より嫌いなぬれ煎餅とまではいかないけれど、
イメージ通りにはいかなかった。
でも、おやつじゃなくって
空腹を満たすダイエット食だと思えば、
まずまず合格かな。
水分といっしょに取れば、
お腹が膨らんで満腹感が得られるらしいので、
オフィスのデスクに入れておこ。

それにしても。
レシピ通りの分量ではあまりに量が多すぎと思って
やや糖分を控えたんだけど、
案の定甘さが足りなかった。
既製品って、すごい量のお砂糖を使ってるのね、きっと。

うちはホントにお砂糖が減らない。
グラニュー糖は存在しないし、
料理では黒砂糖と三温糖を使うし、
果実酒とかワイン煮なんかは氷砂糖、
その他は蜂蜜かメイプルシロップかオリゴ糖シロップ。
いわゆる普通の精製された白砂糖は
一応あるけどほぼ出番がない。
冷蔵庫の中で袋に入ったまま固まってる。

ヨーグルトに添付されているフロストシュガーも
以前スーパーの袋一杯溜まってしまったのを機に、
もったいないと思いつつも捨ててしまっている。
砂糖が付いてないブランドはないのかな。

トマトにお砂糖をかけて食べるなんて話も聞くけれど、
まず受け入れられない。

とりあえずは、残っている白砂糖をどう消費するか、
それが問題だってことに、今気がついた。

| うちめし | 17:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バイクじゃなきゃ味わえないこと 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

この時期バイクに跨がると、
木立や草原から漂う、
濃厚な緑の香りに包まれる。

特に草木が萌える梅雨時は、
植物たちが放つ芳香が
湿り気を帯びた風に溶け込んで。
どんなに高速で走っても
シールドを通して鼻腔に入り込んでくる。

標高が上がるにつれて、
袖口や襟元から入り込む冷えた風。
標高の高いトンネルでは、寒さに身が縮む。
山を下れば、ブレーキごとに清々しさは薄れ、
徐々に生温さを増す風。
同時に大気の汚れも感じざるを得ない。

SAでメットを脱げば、
前面に点々とこびりついた虫の残骸。
私の快楽の陰で起こっている殺生。
ちょっと切ないけど、
それにしても虫が多過ぎやしないか。

でもそんなことも、
遠出するからこその趣き。
うんと走るといろんなことがある。

コーナーの立ち上がりで
スロットルを開けながら感じる
リアの沈み込みとか。
静かな山間で停めたバイクから聞こえる
サイレンサーのカチカチ音とか。

跨がってなきゃ味わえないこと、
そのひとつひとつが、
どうにも愛おしい。



| バイク | 13:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヴィーナスラインへ代休ツー 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

夏休みまさに直前の平日に代休取得。
オフが取れたら当然のごとく走るわけで。
今日は行ってみたかったヴィーナスラインへ。

薄日が射しはじめた午前5時50分、
集合場所の談合坂へ向けてスタート。
最寄りの24時間営業のスタンドで給油して
船橋インターから京葉道路へ。

まだ渋滞のない首都高を快走後、中央道へ。
記憶に新しい750キロ南アルプスぐるっとツーの
集合場所だった八王子インターよりも遥かに遠い談合坂。

バックミラーに写る空は明るいのに、
上空の空は今にも雨が落ちそうな半べそ模様。
心もとなさをさらに募らせながら突っ走り、
予定の8時よりも一時間も早く到着したのだった。
ドラなびだと1時間半はかかる計算なんだけどな。

今回は某ロケハンに、モデル兼でおつきあいしたので、
蓼科湖やピラタスのロープウエイ乗り場あたりにも
ぶらり寄ってみたりしつつ、
南諏訪ののどかな田園風景を眺めながらヴィーナスラインへ。
ペンション街道風景が延々続き、
思っていたよりも高原が広がるルートは短い。
しかもシーズンのニッコウキスゲが咲き乱れるあたりは
濃霧が風にのって漂い、20度を切る肌寒さに鳥肌が立った。
ニッコウキスゲ

風が一段と強くなったところでロケハン終了。
それはそれは幻想的なイメージは撮れたけど、
どう料理されるのか、結構楽しみだったりしてる。
FOGGY


走行距離は550キロってところ。

| ツーリング | 14:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

代休消化 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

5月からうんと溜まった代休をまずは1日消化するべく、
来週の忙殺を前に明日はなんとかお休みが取れた。

夏休み突入直前に、通行料がタダになったヴィーナスラインへ
行ってみることに。

といっても、某ロケハンについてって
ライダーのモデル替わりをするのが目的なので、
気ままにブンブン走るってわけにはいかないのだけれど、
それでもあこがれのルートを平日に走れるのだから、
溜まる一方のストレスも、少しは減ってくれるかも。

早朝起床ゆえ、今日はここまで。
パッとしない空模様にお日様を呼ぶ大役も仰せつかってるので、
熟睡してチャージしとかなくっちゃね。

| バイク | 23:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

久々のうちごはん 「●食べた物の画像♪(276314)」

最近は早く上がれる事がめっきり少なくなってたから、
たまに早く上がれると、誰か誘って一杯やりたくなってしまう。

が、最近の「なおニンは忙しいらしい」的刷り込みは
そこそこ浸透してしまっていて、
そうそう突然の誘いに付き合ってくれるツレもいないわけで。
必然、たまにはひとりの時間も必要さと自分に言い聞かせつつ、
諦めがついた途端に脱兎のごとく家へと帰る。

地元でお買い物をして帰っても、
まだ8時をやっと過ぎたころだなんてこと、滅多にないわけで、
それはそれで一気に一度に、とてーもとてーも幸せな気分。

八百屋さんでお野菜を買い込んで、
これまた久しぶりにのんびりツマミを作ったりして。

ブロックベーコンとつぶしたニンニクと黄ニラのささっと炒めとか、
プチな里芋をいわゆる“きぬかつぎ”風に茹でたもんとか、
だだ茶豆とかね。

里芋とだだ茶は圧力鍋にご登場いただき、
長年使い慣れた勘ってやつで
絶妙な茹で加減を楽しんでみたりして。

でも里芋はサイズがプチなだけにやや茹時間かけすぎ。
な、割にはお約束の黒ごまと塩でかなり後悔のドカ喰い。

続くだだ茶は大成功。
貼付されていた沖縄の塩でえらくおいしくいただいた。
枝豆は圧力鍋で一気に加熱するに限る。

お野菜な夕食と少々のお酒…。
これがなにより元気の元だってば。

残業のデスクで貪るお菓子やジャンクフードばっかじゃ、
人間壊れるから、ホントに。

みんな、ちゃんと食べようね、本当のおいしいもの。



| うちめし | 22:01 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ふたつあっても困るもの 「★つ・ぶ・や・き★(1280036)」

まだまだ走りたいところが山とあるはずで、
もっともっとすてきな道がタンとあるはずで。

だからツーリングガイドブックの類を見つけると、
ついつい手が伸びてしまうんだけど。

2週間くらい前に買った、
OutRiderの「日帰りツーリングガイド」。

ときどきパラパラめくって
眺めてはいたけれど、じっくり読んではいなかった。


8日ぶりのオフの昨日、
リビングを片づけていたら2冊あることに気がついた。

以前に同じものを買ったまま、
しっかり読まずにいたものだから、
店頭で中身をさらっとみても、
以前にみたものだってことに気付かずに、
また買ってしまったってことよね。

やっちゃった、久しぶりに。

このパターン、小説でも何度かやってしまってる。

何頁が読み進んでから、
前に読んだことがあるような気がしてくのだ。

記憶力の低下は、無駄な出費も招くらしい。

ふたつあってもいいものっていろいろあるけど、
本だけは2冊あっても何の足しにもならないし。

なおニンの手垢がしっかりついたお宝?ツーガイド本、
夏休みももうじきってことで…、一冊いかが?


| どうなの? | 21:38 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

遠い北海道 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

このところの雨による強烈な湿気。
天然パーマの私の髪も、まるで一昔前のソバージュのように、
フワンフワンのクリンクリンになっている。

案の定、WOOさんのサイレンサーには
小さな曇りを帯びた斑点がポツポツと散っていて、
だから今日は乗る前にネバダルできれいに磨き上げた。
セーフな感じ。

ひとっ走り鎌ヶ谷までThaiなランチしにいって、
ナオさんの店に顔出して、
適度に渋滞にはまりつつ、帰って来た。

北海道は絶対いっといた方がいいよ、とナオさん。
そりゃあ行きたいのは山々だけどね。
10日は休み欲しいよね。
今の会社じゃ無理だしさ。
(だから辞めたいってのもあるんだけど)
早くしないとフェリーの予約取れないよ…。

あぁ…、そうだよね。
フェリーだって予約いるよね。
ぜんぜんだめだね、まず、今年は。

さて。
仕事もろもろ含め、
残りの人生でやっときたこと、
もう一度きっちり整理しとかないと。
年金もちゃんと確認しにいかないとね。

…そういうことする時間が欲しい。


| バイク | 19:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

プレシャスな一日 「★つ・ぶ・や・き★(1280036)」

念が通じた!なんてことを思うほど
オメデタクはないけれど、
明日は、なんとかお休みが取れそう。

台風が暴れる間は仕事して、
台風一過に休めるなんて、
たった一日とはいえ、
なんだか胸のすく思い。

安上がりね、私は相変わらず。

だからってツーリングにいくには体力チャージができてないし、
そうそう連れもつかまらない。
腰の具合も一進一退だし、足首はまだ捻ると痛い。

バイク磨きとちょい乗りと、
お買い物とお掃除と、
それっくらいでおしまいかな?
でもたまにはピクニックやら、
BBQなんか、やりたいなぁ。

儚い、たった一日のオフ。
仕事から解放される一日が
こんなに貴重に思えるなんて。
したいことが収まりきれない。

| 未分類 | 23:55 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

シオドキ

大雨の中を帰宅するつもりで出社したのに、
会社を出ると拍子抜けするような小雨

嵐の前の静けさ、か。

明日の出社の頃のほうが大変かも。
どうせ遅くまでかかるのだし、
そして明後日も仕事だし。
いっそホテルにでも泊まりたい気分。
家との往復の時間が浮けば、
少しはクールダウンに充てられる。

世の中の三連休を仕事で丸々棒に振るなんて、
そもそも私の辞書にはあり得ない。
ポリシーにない事をやってるのだから、
どこかに歪みがくる。

転職を真剣に考えることに。

さて。
次は何をしようかな。



| 未分類 | 00:06 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そそられないワンセグ 「★つ・ぶ・や・き★(1280036)」

ボディの一部に小さなクラックが入って、
バイブのたびに微妙に反響して、
妙な音で震えるようになった私のW41CA。

2年使ったし買い換えも時間の問題かもしれない。

次に買うのも画像がきれいなカシオと決めているんだけれど、
そうすると最新はワンセグ対応機種ってことに。
しかも防水なんだな、これが。
おっちょこょいの私には願ってもないお役立ち機能だけど、
しかしワンセグはどうなんだろ。
ぜひとも観たい!って機会なんて、あるのかね。

今日のUAE戦だって、始まる前までは気になってたけど、
気がついたら終電を気にしてる時刻。
快速の混み合った酒臭い終電にぐったり揺られながら、
観ちゃったりするのかね。

ありえなーい。

他になにか楽しい使い道あるのかな?ワンセグって。

| どうなの? | 01:09 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

潮香る帰り道

開いた電車のドアからホームに降り立つと、
鼻腔に流れ込む潮の香り…。

この時期になると、南側から吹く風にのって、
海の香りがする船橋駅。

今日も湿った夜気とともに
海風の香りを感じながら
家までの道を歩いた。

バイクで5分も走れば船橋港だもの、
潮が香るのは当たり前。
キラキラ光る水面や、
のんびりと釣り糸を垂れる人の
バケツをのぞいて歩くのは楽しいけれど、
バイクの錆が早くなるのだけはいただけない。

新車購入してもうじき2ヶ月。
そろそろWOOちゃんに錆の気配が。
先日コケてガリガリになったバンパー用に買ったKUREを
錆が早いボルト周りにも吹きかけとこうかな。

台風の直撃を受けそうな三連休。
よくて1日、
下手するとまったく休みなしの可能性が濃厚とあっては、
天気がどうのと気にする必要もないけれど、
私が遊びに行くところは絶対晴れるのに…と思うと、
遊び仲間の連中に申し訳ない気持ちでいっぱい。

いや、ホントに。
気持ち悪いくらい晴れるんだから。

ツーリングに関しては着てるものすべてが
ずぶぬれの経験があるので、その限りじゃないけど。


| 私って | 23:31 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

怒濤の合羽橋 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

今日は撮影小物を探して手近な銀座を奔走。
が、目的のものが見つからない
足を使わずしていいものに出会えるはずなしと悟り、
合羽橋まで足を伸ばして歩き回ること2時間以上。

久しぶりの合羽橋。
マンセル似のおじさんを何年かぶりに見上げつつ、
乾いた喉を潤す余裕もないまま
ネンザの足を引きずりつつなんとかやり終える。

厨房グッズのワンダーランド…。
ああいうところはゆっくりじっくり回りたいわ。
同じようにみえて、値段も質も、
お店によってちょっとずつ違うんだもん。



今年は空梅雨ときいたような気がするけど、
あちこちで大雨。
暑くなくていいけれど、そろそろ日差しが恋しいな。


| 未分類 | 07:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Arai雑感 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

agvからAraiのメットに替えてから早2週間。
散々被り比べた挙げ句にきつめのSにしたこともあって、
締め付けすぎないフィット感が抜群にいい。
要所要所がしっかりとホールドされていて、
ぐらつかないし変な重さも感じない。

Mを買おうとしているところへやってきて、
いろいろとアドバイスをくれたライコ湾岸店の店員さんに
special thanksな気分。

早く長時間の高速巡航でかぶり心地を体感したいわ。
もっと暑くなったら、オマケで付けてくれた
スモークのシールドに替えてもいいかも。

なわけで、
通算2個目のメットは、なかなかイイ感じの使用感。
もうこの先ずっとAraiかもしれないな。

wa

| バイク | 01:09 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

昨日の夜と今日のランチ 「●食べた物の画像♪(276314)」

昨日の夜は、寝不足ゆえに自炊する気力もなくて。
経由駅の西船橋駅ナカの御用達、カルディコーヒーファームへ。

店内を力なく物色するうち、
『男のカレー』なるものを発見。
なにゆえ『女のカレー』はないのさ。
ケンカを売られたような気がしたくせして、
気がついたらカゴに入れていた。
男のカレー
ほろほろと身がほぐれるほど煮込まれた手羽元肉がドンとひとつ。
そこいらへんの潔さに男を感じろというのか、
あるいは野菜の甘さと合いまったスパイシーな辛さの象徴か…。
逆に女性狙いだったりするんじゃないかな?
ともあれ、見かけることがあったら買ってみても損はないお味。

そうして今日はもちろんバイクに跨がる。
レインボーブリッジを渡って天王洲までトコトコと走って、
ファーストタワー1FにあるSalvatore Cuomoで、
至福のpizzaを堪能。サバティーニ
手前はトレビスとゴルゴンゾーラ、
奥はパンチェッタやケイパやアンチョビなど具沢山の一品。
ビールが飲めないのが地団駄踏むほど残念だったけれど、
ガス入りミネラーレでも十分満足してしまえるほど、
美味なpizzaだった。
一度でいいから石釜を借りて焼いてみたいな…なんて、
クリエイティビティにいらん火がつく。

一日じゃ休んだ気がまったくしない。
モチベーションのベクトルは下りっぱなしだ。



| そとめし | 22:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

愚痴ってしまえ 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」


昨日は撮影立ち会いの後、
夕方に突然振られた別件のコピーワークを
ほとんど寝ずにアップ。
そしてまた今日は早朝から立ち会いをこなす。

何かが狂ってる。
忙しいにも限度がある。
キレそうな私…。

売り上げのためだけに、
部下を巻き込む完璧主義のワーカーホリック。
そんな人間にはなれないし、
なりたくもない。
反面教師を毎日みる思い…。

上司は部下よりも早く帰り、多く休むべし。
そうすると部下が気兼ねなく早く帰り休むようになると
以前なにかのドキュメントで聞いた記憶が。

そのあたりのさじ加減が判る子も、
最近減ったけど。

ねむい。

| どうなの? | 08:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アナタもバイク乗り!? 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

先週から引き続きの撮影で、
今日はふたたびスタジオへ。

今週から始まったモデル撮影の、今日はメンズの日。
モデルの方からランチタイムにいただいた名刺に
「自動二輪免許」の文字を目ざとく見つける。

聞けば2000年のSRをカフェスタイルにカスタムして
乗っているというではないの。

5月まで乗ってました、ワタシッ!

そこからは一気にふたりだけの世界が始まったのは
いうまでもなく、
ネンザしたクダリを話し、
750キロツー体験談を披露し。
方やカスタムが楽しくて、走るのはもう歳だから
ちょっとだけ…というリターンライダーのモデルさん…。

しかしなんだよね。
初めて逢った仲でも、
お互いがバイク乗りだとわかった途端、
えも言われぬ親近感を感じてしまうものね。
…って実は一緒に仕事するのは2回目なんだけど。

テレビCMにも時折出演するこのモデルさん、
白髪が交じったヘアスタイルに、
びっくりすくらいの小顔。
決してガタイがいいわけではないけれど、
無駄な贅肉などまるでない。
シミひとつないキレイなお肌が、
悲しいけどうらやましい。

カフェレーサーのSRはとても似合いそうだ。

| バイク | 22:01 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一気に老けた気分 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

昨日の朝のこと。

原稿や資料がどっさり入ったバッグを持って家を出て、
痛い足首をかばいながら階段を2、3段降りたそのとき、
腰に走った激痛。



5年ぶりのぎっくり腰。



満身創痍の様相。

会社には出てるけど、
足は引きずるわ、腰は曲がってるわ…、
おばちゃん状態。

やぁねぇ。

若さだけが取り柄なのに。

| 私って | 13:15 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サイレントなオシゴト 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

ネンザした足が痛いのもあって、
今日は別件の作業を家でこなす。
溜まっている代休をこんな形で消化するのは
マコトに不本意なれど、致し方ない。
次はしっかりエンジョイ目的で消化しなくては。


電話一本するでもなく、
会社とのメールの応酬だけで進む仕事。

ひと昔前では考えられなかったことだけれど、
特にウェブがらみの仕事は、
クライアントとも、外注先とも電話連絡をすることは稀で、
すべてがメールのやりとりだけで終わる事が多い。

それがフツー、それが当たり前の時代だ。

最もひどいのは、担当者がめまぐるしく変わるため、
名刺交換すらしたことがないお役所担当者との仕事。
夕方5時以降は連絡がつかないことも、
時間がないときは、結構支障を来す。

お役所といえば、「お役所仕事」…。
きっちりと杓子定規で、
融通が効かないお仕事っ振りの代名詞だったはず。
融通が効かない分、正確だからこそ文句もなかったけど、
渦中の国民年金の仕事の有り様からして、
ちっともSUREじゃないことが露呈したわけで。
今となっては、もう死語になっちゃった。

やっと休めた昨日から、
久しぶりにしっかり自炊している。
自分を取り戻していくような思いがする。

オフをめがけて届いた母のラッキョウ漬け。
ラッキョウ漬け
私が忙しくて漬けられないとボヤイたので
お裾分けが届いたのだ。

もったいなくて食べ進めないけど、
ついつい手が伸びる。

食べること、作ることって、大事よ、やっぱり。




| どうなの? | 18:38 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雨のこんちくしょう 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

タンクバッグに小物を入れて、
ラフ原稿は荷台に積む気でバッグに入れて、
ジーンズにハイソックスを履いて、
webで舞浜辺りがすでに混んでる交通情報をチェックして、
ちょっと早めに出ようとカバーを外しに行くつもりで
玄関のドアを開けたら…、
目覚めたときにリビングのカーテン越しに差し込んでた
オレンジ色の日差しはとうに陰ってた。

嫌な気がしてyahoo!天気をケータイで見たら、
夕方から雨だって…。
慌てて電車モードの出で立ちに着替えて、
タンクバッグの小物をバッグに戻して、
忠犬のように待っててくれてるWOOちゃんに切なく目をやって、
ため息つきつつやり過ごすスタジオまでの退屈な電車のひととき。

ったく。
せめてもの楽しみも摘むかね、
この梅雨空は。

昼過ぎまで時折注いだ強い日差しを恨めしく思ったけど、
やっぱり日が暮れてから雨が落ちて来た。
苦渋の決断は吉だったってこと?
でも、多少濡れても走りたかった、ホントは。

今日の日は、今日しかない。
明日はまた違う日。
次の機会にできたことは、
今日できるはずだったことと同じようでいて、
だけどきっとどこか違う事。

今日できることは、ちょっとがんばってでもやっておきたい。

基本はそうしちゃう人、
なんだけど、私。


| バイク | 01:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |