FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-05- | ARCHIVE-SELECT | 2007-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ガス欠…だったのか?

家でできる作業だったので、今日は朝からおうちでオシゴト。
休日出勤しても、代休が取れるあてもないので、
オシゴト、時々おうちのこと、夕方ご近所走り…なんてノリの方が、
ストレスは半減。

近くのスタンドに給油に行こうとしたら、
アイドリングがどうも落ち着かない。
なんとか路地を走りだしたものの、
途中で止まってしまった。

さっそく噂の初期不良…?
ナオさんに電話しなくちゃとケータイを取り出して、
でもひょっとして…?と思ってリザーブにしたら、
いつものアイドリングが戻ってきた。

なんのこたぁない、ガス欠。
トリップは240キロ。
給油で入ったのは10.6リッター。
…なんだか計算合わないんだけど。

SRではやったことなかったガス欠。
ツーリング途中でなくてよかった。

今年は空梅雨だってはなし、ホントみたいね。


スポンサーサイト



| バイク | 22:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

嫁がほしい

高松出張二日目。
ドタバタな中でてんこ盛りの修正指示を受けての帰り。
作業の段取りを組むために貴社必至と判断して、
ちょっと早めの晩ご飯。
あなごめし

高松空港の売店で買ったあなごめしを待合室でいただく。
ふっくら感ゼロ。
まるで紙のように薄い穴子クン。
味はいいんだけど、食感がNG。
これで900円は暴利では?

行きもそうだったけど、
機内のドリンクサービスとタイミングが合わない。
ふと目が覚めて、もうすぐ来るなぁと思っても、
次に目が覚めたときはもうCAの姿はなくて。
帰り便もやはり、知らない間に終わってた。
遊びのフライトでは必ずいただくんだけど、
疲れが溜まってるせいか、乗った途端に眠気が襲うんだもん。

羽田から西新橋。
イメージでは近かったんだけど、タクったら5000円越えちゃった。
零時までデザイナーと打ち合わせして、
お酒臭い連中にもまれながら総武線各駅停車の疲労困憊旅。

…こうしてブログ書けてるくらいだから、
まだ余力はあるってことか。
家を空けるたびに心配の種になるWOOちゃんは
今日もシルバーのカバーをまとったまま
忠犬のように待ってくれた。

誰かにもいちど嫁にもらって欲しいなんて夢は、
もうとっくに捨てたけど、
今はひたすら、留守を守ってくれる嫁が欲しい…。

| ココロのヒダ | 02:23 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

A HARD DAY & NIGHT IN 讃岐 「●食べた物の画像♪(276314)」

そしてまた、8時過ぎのANA便で高松へオシゴトに。

せっかく取った窓側A席からの眺めも、
厚い雲に覆われて富士山は見えず。
それどころか寝不足がたたってうつらうつらのまま高松へ。

10時半からの打ち合わせをランチでブレイク。
クライアントのビルから最寄りのうどんやへ。
醤油うどん

今日は生醤油をかけていただく醤油うどんと、初挑戦のイモコロ。
たっぷり目にトッピングした生姜と生醤油、
しぼったレモンが絶妙なマッチング。
いかにもな歯ごたえを楽しみつつ…。
だけどサイドメニューのコロッケがややモサっとしていたせいか、
途中から汁気が欲しくてちょっと切なかった。

打ち合わせが終わって6時ホテルチェックイン。
会社に電話とファックスで指示を出して、
おっかけ宴会に合流したのは8時前。
クライアントにゴチになって部屋に戻って、
付帯している温泉に浸りながらうたた寝して11時過ぎ…。

これを充実というのなら、
私はぼんくらな生活の方がいい。

ちなみに、高松出張の折に利用するのはホテル川六
手配してくれたクライアントから、最初にそのホテル名を聞かされたときは、
湿った煎餅布団が敷かれた畳敷き四畳半をイメージしたけれど、
禁煙館もある実に快適なホテル。
テンピュールの用意もあるし、温泉やマッサージルームもある。
広めのベッドの寝心地もいいし、繁華街の中にあるので、
飲食店やドラッグストア、コンビニ、銀行も近い。
女性には、一泊分のスキンケアセットも用意されている。

へとへとに疲れた体をしばし休めるにはかなり満足度の高いホテルなのだ。

| ココロのヒダ | 02:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |