なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-05- | ARCHIVE-SELECT | 2007-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クリスピー・クリーム初体験

クリスピー・クリームというドーナツ屋さん。
新宿のサザンテラスにオープン以来、半端じゃない人気を集めているらしい。
朝7時から営業しているのが、一般消費者には災いして、
10時なんかに行っても長蛇の列で買えない有様なんだとか。

ニュースで話題になっているのを小耳にはさんだことはあったけれど、
どんなに創意工夫しようと所詮ドーナツだし。
わざわざ新宿へ行く気もなければ、それ以前に興味がなかった。

そんな大ブレイク中のドーナツを、
スタイリストのひとりが差し入れてくれた。
カメラマンや若いスタイリストはもちろん、
40代のクライアント男性も狂喜乱舞。
「え~ホントに?信じられない!
マジで食べてみたかったんだよ、これぇ」
あー、そーなんだと一瞥をくれて作業を続けていると、
「なおニンさんはさ、ノーマル選んでおれと半分こしない?」

暢気でえーなぁ、クライアントは。

しかし。
ごちそうになっといてこんなこというのもどうかと思うけど、
どうしてそんなに騒ぐのか、
あたしには理由がよくわからなかった、流行のドーナツ。
確かにシュガーコーティングされた表面のニュアンスと、
ふんわりやわらかくて軽い生地のハーモニーはそれなりだけど、
何時間も炎天下並んで買うバリューは感じない。
ミスドのポンデなんちゃらの方が、私は好きだけど。

ちなみにクライアント男性はさらなるターゲットがあるらしく、
「冷たく冷やした石の上でぇ、アイスを混ぜてくれるやつがあってぇ、
これもすんごいうまいらしいんですよ、知ってます?」
知ってるさ。あることくらいは。

でも知ってるけど食べた事ないというと、
きっと彼はいうのだ。
「知ってても食べたことなきゃ意味ないですよぉー」って。

そんなことより、明日はパキっと元気に目覚めて、
WOOちゃんに乗ってスタジオ入りできるように、
今日は早く寝なくっちゃ…なんてことのほうが、
私には重要課題。

明日もがんばろ。







スポンサーサイト

| どうなの? | 23:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イノセント 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

今週に入ってずっといっしょに仕事をしている
スタイリストの女の子たち。
スタジオからの迎えが来る新木場駅前に集まると、
ロータリーでヤマザキのランチパックを頬張っている。
どうやら流行らしい。

このランチパック、具材をサンドイッチ用のパンで
ホットサンドのようにパックした案配のもの。
コンビニやスーパーに必ず置いてある人気商品。

バリエーションはかなり充実していて、
ピーナツクリームやメープルフレーバーの他、
タマゴサラダやカボチャ、ゴボウサラダが入ったものなど、
日々進化を続けている…そうな。

車の中でも続いていた彼女たちの朝ご飯タイムの話題は、
このランクパックの賞味期限についてだった。

お惣菜パンのくせして、賞味期限が二日もあるってどうよ…、
コンビニのサンドイッチなんか半日が限度だよね…。
つまりはそういうことなんだけど。
それを知りつつも、毎日食べている彼女たちって、
それこそどうよ…なんだけど。
問題意識は持つんだろうけど、
それが自分に降り掛かってくることだという認識がひどく低い。
だってみんな食べてるし。
おいしいし。
ヤマザキだし。
みたいな…、そんな落とし込み。

もちろんランチパックに問題があるなんてことじゃなく、
どうして腐らないんだろ?とか
添加物が山と入ってるんじゃない?とかいう発想から始る
よしあしの判断は、そこにはないらしく、
一事が万事そういう毎日なのだとしたら…。

もはや何も信じられるものがなくなってしまったこの国で、
絶対安全な食べ物は、自分が昔っから知り尽くした土地で、
自分で種を蒔いて自分で育てて自ら収穫したものだけだ。

トップブランドの製品だろうと、
デパ地下で売っていようと、
間違いがないなんて保証はない。

疑う目をもたなきゃ生きてはいかれない今の時代にあって、
彼女たちの無邪気さがひどく心配。

老婆心ってやつなの?これ。


| どうなの? | 00:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

缶詰WEEK始まる 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

朝8時過ぎから始まった撮影。
気がつくとお昼のお弁当が配られ、
次にトイレに行こうと、重たいドアを明けたらば、
もうとっぷりと日が暮れていた。

日差しの移ろいを感じないまま過ごしていると、
時間の感覚がひどく狂う。
疲れているのかどうかさえ、
一息つかないと感じない。

たとえ雨模様であっても、お日様は大切。

ニュースで俊輔の姿をかいま見る。
次回の「オーラの泉」にゲスト出演するのよね。
留守録しなくっちゃ。
そういえば、ヒデはどうしているんだろ…。


| 未分類 | 22:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

メット買い換えとHYDOの残念 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

使い始めて1年半と少しのagvのメット。
高速巡航では目視確認のたびにズズっとずれるし、
SAで脱ごうとしたらストラップの弛みに気づいたり、
ぼちぼちだなぁと思っていたら、幸か不幸か都合よく壊れた。
AGV
壊れたといっても、
おでこのラバー製のフレームが一部はがれただけで、
走るのに支障はないのだけれど、カッコ悪い。

ので。
開店直後のライコ湾岸店へ。
オープン時に行ってあまりのオペレーションの悪さに呆れて、
商品を元のところへ戻して帰って来て以来のリベンジ。
すでに10数台のバイクが駐輪場に並んでいて、
女ひとりでやってきた私に目線をくれるライダーが数人。
やなのよね、こういうの。

SZ-Fのアルミナグレーを買うつもりが、
シルキーゴールドの美しさに心移り。
手に提げたままウエアを物色していると店員さんがやってきた。
「お決まりでしたら、付属品がありますのでお出ししましょうか」
空いているとはいえ、すてきな接客。やればできるじゃん。
お願いすると、念のためSサイズを被ってみては?と薦められて、
しばしSとMをとっかえひっかえ、耳が痛くなるくらい繰り返して
Sに決定。
脱いだときのヘアスタイルの無惨さにはもぉ目をつむるしかない。

特にバイクアイテムの買い物は経験値がないせいで
ひとりで決めかねることが多いけれど、
今日のような気の利いた店員さんに当たるととてもありがたい。
早めの空いている時間帯にささっと行くのがコツかな。

と、ここまではすごく気分のいいお買い物だったのだけれど、
運悪くHYDOのレディ-スジャケットを発見。
パンチングレザーを取り入れたかなり本気モードの仕様。
いよいよ来シーズンはHYDOで決められるかな…?と思ったら…、
ファスナーの引き手部分に、
ピンクのお花モチーフの鋲があしらわれている。
うそだーい。
なにさらしとんねん、HYDOさん。

どうしてレディース=お花&チョウチョ系、ピンクなの?
発想が乏しいというか、時代錯誤というか、
マーケティングした上での商品企画なんだろか、あれで。
あのHYDOを持ってしてもこのセンスだもの。
レディースアイテム全般のセンスの悪さは、
推して知るべしってことか…。

誰か早くなんとかして。









| バイク | 14:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

レッドシグナル 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

いつもは夜の7時に来るゴミ回収車。
なぜ今夜はこんな夜中に…?と、
眠い目をこすりこすり時計へ目をやる。

「PM7:03」



朝から起き上がれないほどのダルさを抱えて仕事に出かけて。
週明けから2週間ぶっ通しで続く撮影の最終打ち合わせを
昼も食べられないままスタジオで続けるうち、
ダルさに加えて体の節々に痛みを感じ始めた。

帰社して片付けるはずだった仕事をなんとか来週に延ばす算段をして、
とりあえず帰宅。
ぐったりとソファーに身を投げて体温を計る。
想像以上の7度8分を指していた。
特に風邪の症状もないのに、なぜ…?

平熱が5度6分の私にとってはすでに何も手につかない状態。
なんとか作った具沢山のお味噌汁を少し食べて4時半頃横になったまま、
ゴミ収集車の音で目覚めたのが夜の7時だったのだ。



汗を吸った寝間着を着替えて再び眠る。
ここ1ヶ月以上にわたる寝不足を解消するように、
今朝の6時頃まで、何度か目覚めながら寝続けた。

朝、念のため病院へ。
検温を2回しても、デジタル体温計には5度2分の表示。
それはあんまり低すぎだと思うけど。
軽い風邪と、急に暑くなったことで体調を崩したことが原因だろうと、
総合感冒薬の処方だけでおしまい。

いい加減に休めと、
体から発信された赤信号だったのかな。

炎天下、お部屋の更新のため、津田沼の不動産屋さんへ。
さすがにWOOちゃんに乗るのはあきらめて電車で向かう。
家の前に立った新築物件のせいで
視界と日当たりに影響が出たことことを話すと、
家賃を2千円下げてくれた。
駄目もとでも、言ってみるものね。

明日はライコにメットを買いにいこうかな。







| どうなの? | 15:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そのライダーの運命 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

連日報道されている渋谷松涛のスパガス爆発事件。

爆発のメカニズムを解説するために、
その瞬間の映像を某ニュース番組が繰り返しオンエアしていたけれど、
爆発そのものよりも、直前に駆け抜けて行ったバイクにばかり、
目がいってしまった。

あと数秒遅れていたら間違いなく吹き飛ばされているタイミング。
ひょっとしたら、画面から見切れたあたりで、コケてたりして。
いずれにしても、背後から強烈な衝撃を受けたに違いなく、
その後がひどく気になる。

人生って、わからない。
数分前までピンピンしてようが、
幸せの絶頂にいようが、
運が尽きるときはどうあれ抗えないのだから。

とりあえず今日も元気に生きてる今の幸運に感謝…、
ってところかな。

| 未分類 | 01:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

立派な被害者 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

おおごとになっている年金問題。
ただただ呆れるばかりのお粗末な現状が露になって、
傍観してばかりじゃいられなくなってきた。

・転職したときに失業期間があった
・オレンジ色の年金手帳が2冊以上ある
・結婚などで名字が変わった(また戻ったけど)
新聞や雑誌で目にする「こんな人は要注意」を読むと、
少なくとも以上3つの項目が該当する。

かなりヤバい。

仕事なんかしてる場合じゃない。
さっさと代休でもとって社会保険事務所へ行かなくちゃ。
…でも行かれないんだけど。

支払い証明がない人への対応がそろそろ決まる。
その結果を待ってもいいかなと思ってるけど、
いずれにしても、
数々の転職時期を明確にしておくことは必須と思われ、
昔の日記やらなんやらを引っぱりださなきゃ…と
憂鬱になることしきり。

やれやれだね、まったく。
こんな国、あるのかね、他に。

| 未分類 | 23:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オンナだってば 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

先日遊びに来た母に、
今度は今より50キロも重たいバイクに乗るのだと言うと、
「あなた、肩幅、広くなったわよね」と言われた。

あの人も、相当思い込みの激しい人だと思うけれど、
そうきたかと、少し笑った。

本当に筋肉その他がついたことが原因かどうかはさておいて、
昨日のツーリング中、2度も男子に間違えられた。

その1
中央道双葉SAのスタンドにて。
50歳くらいの店員さんに、
レギュラー満タン、カードでと普通に言ったはずなのに、
「雲もなくて気持ちいいですねぇ」と、
給油してもらいながら思わず言ったら、
「あら…、メットかぶってるから男性かと思っちゃったよ」と。
解せない。

その2
諏訪湖SAでブレイク後、出発しようと取り回してたら、
70歳くらいのおじさまが目線をよこして
「大きいバイクに乗ってるんだねぇ」と。
はぁ、どうも…というと、
「えぇ~?女の人かい?ほほぉー」だって。
後ろからやってきたお仲間の女性ふたりも加わって、
どっからきたのだの、どこへいくのだの、ひとりなのか?だの…。
これから東名に出て船橋まで帰るといったら、
びっくりしてた。
まぁ、おばちゃんじゃなくたってびっくりするんだろうけど。
でも、なんで男なん?

別に女性にみられたからって何の得もないんだけれど、
私、男じゃないし、間違いだし、それって。
今どき女のバイク乗りだっていっくらでもいるんだけどね、
どうしても男の乗り物って認識なんだろか。
それとも単に私が男っぽいと?
SRのときは、一度もなかったのに。
バンパーつけたWで、ゴツく見えるのも一因?

やっぱり革つなぎのフロントジッパーぐっと下げて
谷間みせしないとだめかなぁ…。
ふ~じこちゃん風に。


恐れていた筋肉痛は足の付け根程度で。
疲どころかリフレッシュ&充実感の方が強くて
今日は元気な一日。

今週もがんばろ。

| バイク | 23:39 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

最長走行距離録樹立 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

あまりの過酷さゆえ、SRに乗ってた頃一度は辞退したのだけれど、
大きいのに乗り換えたわけだし…?
R100RSのboxerさんから再びオファーがあった600キロツー。

600キロつったって、それは彼の家からのカウントであって、
うちから計算すると…?

まぁなにしろ昨夜も家で12時間近く仕事をし…、
田村正和のインタヴューを延々みちゃって早寝ができず…、
ゆえに結構な疲労&4時間ちょいの睡眠をもろともせず、
待ち合わせの八王子料金所めがけてでかけたわよ、朝の6時過ぎ。

スタッフとも、
もちろんクライアントともいい関係を築きつつ、
延々と続くように思われる作業をこなす日々に、
ちょっと壊れかけのような異様なまでの集中力で、
ツーリングに向かうエネルギー。
どちらも疲労を呼ぶように思えるけど、
でもストイックに走ることで、
プライベートとオフのバランスを取ってる気もする…。


7時、八王子出発。
ガラガラの中央道を、ぎりぎり4000回転を越えないよう
常にメーターとにらめっこしながら快走。
韮崎…。
幼いヒデが生きた町…なんてことを思う。

バイクから初めて望む南アルプスの山々。
そうかと思えば、バックミラーには
まるでまぼろしのように美しく佇む富士山が…。
この時点ですでに、眠さ堪えて来た甲斐が十分逢ったってもの。

諏訪湖を過ぎて、岡谷ジャンクションを名古屋方面へ。
飯田で降りてゆるい山道を走り、
本日のランチを末廣庵でいただく。
コシが強く、滋味あふれる田舎そば。
鰹だしのそばつゆも美味なら、ほどよいとろみのそば湯もおいしい。
いかにもなこんにゃく煮のサイドメニューもGOO。
飯田/末廣庵
私のシンプルなざるは絵的にちょいさみしかったので、
boxerさんのとろろそばをパチリ。
11時すぎ出発。

都合3回もこのルートを走ってるboxerさんの後をついて走ったので、
どこをどう行ったもんか、今地図をみても怪しい。
基本的には151をトレースしたんだと思うけど、
信州平谷の道の駅にもいったよなぁ。
で、
周囲に三河ナンバーがやたらと多くなったころ、
みちの駅鳳来三河三石でまったり。
鳳来三河三石

500キロ過ぎたあたりで一回目のオイル交換をしようといってたナオさんに
電話を入れる。
すでにodoは900を越え、これから今日中に300キロほど走らねばならないと。
「大丈夫!大丈夫!なんかあったらまた新車買えばいいんだから」

…商売下手なナオさんにそういわれてもちっとも信憑性はないのだけれど、
ひとまず安心して浜松西から東名へ。
すでに馴らし前半の800キロはクリアしたので、
6000回転まであげてみる。
行きで溜まったストレスをはらすべく、
思いっきりスロットルを開く。

私はとんでもない相棒を手に入れたらしい。
トコトコ走りが絵になるのに、
喘ぎもせずにスロットルの開閉に呼応する走りはどうよ。
いままではまったく太刀打ちできなかったR100RSにも
ある程度ついていける。

ただね。
風圧はどうにもならん。
メットが飛びそうだもの。

足柄SAでのブレイクを最後に、
秦野中井から横浜町田までの渋滞をすり抜けたのが17時半過ぎ。
SAで検索した船橋までの所要時間は2時間45分だったのに、
横浜町田からとはいえ、40分後の18時20分には船橋インターの出口にいた。

ちなみに今日の走行距離数:752キロ
1日の最高走行距離数樹立。
疲れたけど、思ったほど辛くはない。
でも風圧で首が痛くなったのははじめてのこと。
もういつでも眠れそう…。



| ツーリング | 21:40 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ガス欠…だったのか?

家でできる作業だったので、今日は朝からおうちでオシゴト。
休日出勤しても、代休が取れるあてもないので、
オシゴト、時々おうちのこと、夕方ご近所走り…なんてノリの方が、
ストレスは半減。

近くのスタンドに給油に行こうとしたら、
アイドリングがどうも落ち着かない。
なんとか路地を走りだしたものの、
途中で止まってしまった。

さっそく噂の初期不良…?
ナオさんに電話しなくちゃとケータイを取り出して、
でもひょっとして…?と思ってリザーブにしたら、
いつものアイドリングが戻ってきた。

なんのこたぁない、ガス欠。
トリップは240キロ。
給油で入ったのは10.6リッター。
…なんだか計算合わないんだけど。

SRではやったことなかったガス欠。
ツーリング途中でなくてよかった。

今年は空梅雨だってはなし、ホントみたいね。


| バイク | 22:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

嫁がほしい

高松出張二日目。
ドタバタな中でてんこ盛りの修正指示を受けての帰り。
作業の段取りを組むために貴社必至と判断して、
ちょっと早めの晩ご飯。
あなごめし

高松空港の売店で買ったあなごめしを待合室でいただく。
ふっくら感ゼロ。
まるで紙のように薄い穴子クン。
味はいいんだけど、食感がNG。
これで900円は暴利では?

行きもそうだったけど、
機内のドリンクサービスとタイミングが合わない。
ふと目が覚めて、もうすぐ来るなぁと思っても、
次に目が覚めたときはもうCAの姿はなくて。
帰り便もやはり、知らない間に終わってた。
遊びのフライトでは必ずいただくんだけど、
疲れが溜まってるせいか、乗った途端に眠気が襲うんだもん。

羽田から西新橋。
イメージでは近かったんだけど、タクったら5000円越えちゃった。
零時までデザイナーと打ち合わせして、
お酒臭い連中にもまれながら総武線各駅停車の疲労困憊旅。

…こうしてブログ書けてるくらいだから、
まだ余力はあるってことか。
家を空けるたびに心配の種になるWOOちゃんは
今日もシルバーのカバーをまとったまま
忠犬のように待ってくれた。

誰かにもいちど嫁にもらって欲しいなんて夢は、
もうとっくに捨てたけど、
今はひたすら、留守を守ってくれる嫁が欲しい…。

| ココロのヒダ | 02:23 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

A HARD DAY & NIGHT IN 讃岐 「●食べた物の画像♪(276314)」

そしてまた、8時過ぎのANA便で高松へオシゴトに。

せっかく取った窓側A席からの眺めも、
厚い雲に覆われて富士山は見えず。
それどころか寝不足がたたってうつらうつらのまま高松へ。

10時半からの打ち合わせをランチでブレイク。
クライアントのビルから最寄りのうどんやへ。
醤油うどん

今日は生醤油をかけていただく醤油うどんと、初挑戦のイモコロ。
たっぷり目にトッピングした生姜と生醤油、
しぼったレモンが絶妙なマッチング。
いかにもな歯ごたえを楽しみつつ…。
だけどサイドメニューのコロッケがややモサっとしていたせいか、
途中から汁気が欲しくてちょっと切なかった。

打ち合わせが終わって6時ホテルチェックイン。
会社に電話とファックスで指示を出して、
おっかけ宴会に合流したのは8時前。
クライアントにゴチになって部屋に戻って、
付帯している温泉に浸りながらうたた寝して11時過ぎ…。

これを充実というのなら、
私はぼんくらな生活の方がいい。

ちなみに、高松出張の折に利用するのはホテル川六
手配してくれたクライアントから、最初にそのホテル名を聞かされたときは、
湿った煎餅布団が敷かれた畳敷き四畳半をイメージしたけれど、
禁煙館もある実に快適なホテル。
テンピュールの用意もあるし、温泉やマッサージルームもある。
広めのベッドの寝心地もいいし、繁華街の中にあるので、
飲食店やドラッグストア、コンビニ、銀行も近い。
女性には、一泊分のスキンケアセットも用意されている。

へとへとに疲れた体をしばし休めるにはかなり満足度の高いホテルなのだ。

| ココロのヒダ | 02:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

派遣のオシゴト

あまりの忙しさに、先週から派遣の方にきていただいている。

QuarkおよびPhotoshop、Illustratorが
問題なくこなせる人材を、
金曜日に派遣会社にコンタクトして、
月曜には出社するんだから、
売り手市場ってことなのね。

慣れない環境で、出社したその日、その瞬間から
期待通り、あるいはそれ以上のパフォーマンスを
みせなきゃならないんだから、大変な仕事だ。

スキルを時間で買っているとはいえ、
切りのいいところでブレイクを勧めているけれど、
なにしろランチタイム以外は一心不乱にMacに向かっている。

残業をお願いすることはできるのだけれど、
時給が上がるので会社はいい顔をしない。
だから定時がきたら、上がっていただく。
日が暮れる前にドアの向こうに消えて行く姿が、
泣きたいくらいにうらやましかったりする。

派遣スタッフの個人情報については
一切公開されていないので、
何歳なのかもわからない。

2ヶ月あまりのおつきあい。
すでに我々の忙しさに、日々呆れ返っているけれど、
あまりいやな印象を持ったまま終了してほしくないなと、
こんな毎日にあっても思ってしまうのだ。

今日もオネムな一日。

| 未分類 | 23:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新年度を迎えて 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

週末のオフだけではぬぐい去れない疲労。
そしてまた今日一日の疲れを肩口に感じながら、
混んだ電車に揺られて帰る。

車窓から眺める沿線のスポーツジムは、
飛んだり跳ねたりな人たちで賑わっていて、
まるで別世界をみているような気になってしまう。

等しく与えられた人生のはずなのに、
どうしてあっちとこっちでこんなに落差があるんだろ…、
自分の時間がこんなにないのに、
何が楽しい人生なだろ、
仕事のために生きるなんて人生、
まっぴらごめんなのに…なんて、
忙しいときに決まって陥る堂々巡りに、
ずっぽりとはまる。

6月の新年度から、深夜残業手当の支給廃止が決まった。
また、社員によっては一気に月給最大3万以上の減俸の憂き目にあうものも。
人件費を削ることにしか、経費節減方法を見いだせないらしい。
キャパを越えた仕事を与えておきながら、
深夜帰宅しようと、徹夜しようと、すべてはサービス残業だし、
周囲との格差を埋めるという理由だけで、
入社時に決められた給与が大幅減額されるなんてこと、
許されるんだろうか。
組合がないのをいいことに、このところの会社のやりようは
尋常じゃない。

それでも特に騒ぐ社員もいなければ、
改革を起こそうとする上層部もいない。
出るところへ出れば、こんな理不尽、木っ端みじんなのに。

かくいう私も、日々の忙しさに圧倒されて、
なす術なく身を削るだけなのだけれど…。


| どうなの? | 23:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

第一回ビリビリ音シューティング 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

先々週末の宮ヶ瀬湖ツーリングの帰り道で
すでに気になっていたんだけど。

回転数を上げると、前方から聞こえてくるビリビリという振動音。
これはビスが緩んでいるか、何かが共鳴しているはず…。

昨日の朝のちょい乗りで、その異常がさらに如実になったので、
今日は土砂降りの間隙を突いてナオさんとこへひとっ走り。

エンジンの音にふたりして耳を澄ます…。
あちこち押しながら音の出どころを探すナオさんの手が
ピタリと止まったのはヘッドライト。
ガラス部分とハウジングの境がビリビリと振動して鳴っている。

「さすがKAWASAKIだよ」と苦笑しながら、
ジョイントにラバーを貼付けては、何度も調整を繰り返す。
私が、もう聞こえなくなったといっても、
納得いかないナオさんは、結局30分以上かけてまったく音が
でないところまで調整してくれた。
まだまだ出そうなKAWASAKI伝説。
今度はどこから異常が発生するかなぁ…。

帰りがけ、ニーグパッドを剥がそうとしたら、
「なにやってんのっ!」と一喝。
取りたいというと、足を削れといわれた。
ナオさん的には、あれははずしちゃいかんらしい。
まぁ、もう少し慣れたら黙ってはずしてちゃおう。

オドメーターは未だ500キロに満たない。
早くどーんと距離を伸ばしたいのだけれど…。

| バイク | 19:25 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サッポロビール園の宴 「たのしいお酒飲んでますか。(89950)」

前回行ったのは確か6年ほど前のこと。

以来、近い割にアクセスが悪いので
とんと存在自体を意識していなかった
千葉のサッポロビール園に、
バイク乗りメンツで行ってきた。

津田沼駅の千葉工大前から無料送迎バスに乗って、
モロゾフやユーハイム、フジパン、フジっ子などの工場施設を
車窓から眺める。
ときどきぶっ飛ばしたりスラロームを楽しみに行くエリアなので、
もの珍しくはないんだけれど、
バスに揺られているあたり、なんだか遠足気分でちょっとワクワク。

ジンギスカンと作りたて黒生90分飲み食べ放題をオーダー。
全面ガラス張りの店内からは曇り空の東京湾。
時折日がさして、なんとか雨は免れた。
beerrestaurant

結局は黒生中ジョッキ4杯と別オーダーでエビスの黒を一杯。
飲み放題料金が1500円だから、元は十分取れた。

6時半のバスに揺られて津田沼に戻り、
西船橋に場所を移して2回戦突入。
通算6時間飲んでお開きに。

疲労がたまっているせいか、
あろうことか二軒目でうたた寝してしまった私。
まだまだフルチャージできてない。

早く次ぎの嵐の前までに充電しとかなくっちゃ。

| あるこほーる | 13:48 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2週間のごぶさた 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

2週間ぶりにエンジンをかけて。

降り出しそうな雨を心配しながらも、
W00ちゃんの茜浜デビュー。
多少の潮風にはさらしてあげとかないと、
大好きなスポットだもの、
錆に負けちゃうようじゃ失格だし。

たった2週間開いただけなのに、
なんだかちょっとおっかなびっくりな取り回し。
週一は乗ってやらないとだめだわ。

で、問題のニーパット。
ニーパッド
早く代替え品探さなきゃだわ。
見目的には、まぁすてきではあるんだけど。

そして旬のあじさい。
去年走りにいった観音崎も、
あじさいが咲き乱れてたことを思い出した。
津田沼のあじさい

| バイク | 22:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

もらったのはいいけれど 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

新橋は駅前サンプリングスポットとしては、
なかりの確率でピックされる場所のはず。

特に8時から9時にかけてのラッシュどきには、
ティッシュやフリーペーパーの類いのほかに
派手なキャンペーンコスチュームに身を包んだキャンギャルが
甲高い甘えた声をあげながら、サンプリング商品を
撒いているところに出くわす。

今日はこれ。
コカコーラゼロ。
コカコーラゼロ
ゼロカロリーのコークはもうあるはずだけど…と思ったものの、
他に考えなきゃならないことが多すぎて
とりあえず放置。

余分な刺激にいっさい反応できなくなってる…。

いかんいかん。

| 未分類 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

女工哀史な感じ 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

今週は深夜残業続きだったけれど、
今日もこんな時間に帰宅。
そして明日もお仕事。

やってもやっても先が見えない状況の中、昼間の地震。
いっそ大震災で仕事もなにもなくなっちゃえばいいと
無体な体制での仕事を呪った。

愛しのWooちゃんに跨がるのはあきらめざるを得ない。
休日出勤はバイクで行きたいところだけど、
あわや徹夜か?なんて状況だもの。
切符切られたらたまらない。

寝不足と疲労も重なってる。
真夜中の首都高を無事に帰る自信もない。

ぽーんと仕事を辞めて、雀の涙ほどの有り金もって、
北海道とか九州とか、どこか遠くへ行きたいな。

せっかくバイクに乗れてるんだもの、
メッカの醍醐味を早く味わっておきたい。

日帰りツーリングばかりじゃつまらなくなってきた。

…なんてことより、
オフがきっちり取れる環境へいかにシフトするか、
それが目下の最優先課題。

ライコに努めてバイク通勤…なんてほうが
よっぽど幸せな気がする。




| ココロのヒダ | 01:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

身近な事故 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

昨年の冬、55歳にして大型を取得。
2ヶ月ほど前にドカのS4を買って、
近々一緒にツーリングを…と言っていた友人から、
痛々しい写メが送られてきた。

湯河原つばきラインを年甲斐もなく攻めていて、
膨らんだはずみで落ち葉溜まりでズルッと滑って転倒。
右足にドカが乗ったまま、頭を急な坂の下に向けて停止。
ふたりいたツレが急勾配で停車に四苦八苦するなか、
通りすがりのドライバー3名ほどが助けてくれたとか。

ジーンズは破れて右足側部を擦過と圧迫打撲。
ライディングブーツを焦がしただけでひどい火傷を免れたのと、
硬質プロテクター入りのジャケットのお陰で、
かなり強く打ち付けたはずの右肩や肘が無傷だったのは
不幸中の幸い。
「着るものには金掛けた方がいいよ」っていうけど、
テクとキュラに見合ったバイクに乗り換えるほうが先だと思う。

結果的に身を呈して守ったドカで
血染めの破れたジーンズ姿のまま家まで帰ったガッツは買うけど、
3週間経ったいまでも腫れが引かない足は痛々しい。

こわいこわいっ。

未だにバイクの事故現場すら目撃したことがないけれど、
近しい人が事故ると一気に恐怖感が増す。
せめて自爆はしないように気をつけなくっちゃね。




| バイク | 01:15 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。