FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-04- | ARCHIVE-SELECT | 2007-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

惜別の杯 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

方寸さんのおすすめで、マチルダといっしょに飲んできた(爆!)

イモビの赤いランプを点滅させたマチルダと同じ、
深い赤のシチリアワイン。

明日も乗ろうかな。

仕事さえ忙しくなければ、
まだ残っている有休を使って走りたいけど。

でももう下取りが決まっているだけに、
何かあったら大変なので。

やっぱり今日を限りに。

今日までの総走行距離9,053キロ
今日までの所有日数538日

大型を取ったときに、
マチルダが一万キロを刻むまでには売りたいと
漠然と思ったけれど、それは図らずも遂行されたことに。

1,000キロ刻むごとに撮影していたのに、
9,000キロは撮るのを失念。


スポンサーサイト



| バイク | 22:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自作なめろう 「旬・シュン・しゅん♪(31631)」

さて、そんなわけで、今度はうちめしネタ。

昼間のオセンチモードは、時間を忘れて料理に没頭することで
ズパっと切り替えてしまうのがなおニン流なわけだし。

マチルダが冷える間、お野菜やさんと魚やさんを巡った結果、
茄子と鶏皮の甘辛炒めと、旬の鯵でなめろうを作ることに。

博多長茄子は一口大のざく切りにして、
中火でゆるゆると焼いて油が出始めた鶏皮のフライパンに、
ざーんと投入。
茄子が油を吸って火が通ってきたら、
お酒を加えて砂糖、醤油で味付け。

一方のなめろうは、
三枚おろしにした鯵を味噌とネギと生姜を加えて
タンタンと叩く。

ほかに骨付き鶏肉にたっぷりとペッパーを
振って焼いたスパイシーグリルと、
旬の新生姜を漬けたオリジナルガリ。
なめろう

…。

お酒がない。

ライコの帰りに鎌ヶ谷のナイスなお酒屋さん
寄ったのに。
来週、ゴッドマザー来訪の際のお酒しか買わなかった。
なんたる無計画。

とりあえずビールをあおって。
白ワインを急速冷却。
ビール
ところで。
缶ビールといえども、ちゃんとグラスに移せば
意外なほどおいしくいだだける。
傾けたピルスナーに6、7分目くらまで勢いよく注いだら、
そのあとはグラスを置いてゆっくりぎりぎりまで注ぎ、
30秒ほど放置して泡がやや減ったところへ
さらにちろちろと注ぎながら泡がグラスの上にまで
盛り上がるように注ぐ。

缶のままだと最後まで飲まずに終わってしまうので、
私はグラス派だね、断然。
泡がクリーミーになることはあり得ないけれど、
要はお酒は「気分」だから。

ちなみに、ビールを飲むグラスは
ほかの飲み物、特に牛乳なんぞを飲むときに使ってはいけない。
理由は酒飲みなら知ってるはずだから割愛。


今夜もごちそうさま。



| うちめし | 21:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

さよならのカウントダウン 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

登録のための住民票を持ってナオさんとこへ。

手際よくオフ車のオイル交換をするナオさんと
納車の件など話していたら、
以前お店で会った若者がたまたま来店。

大型取ったらSRを売ってくれと突如言い出して、
挙げ句、大型教習費用まで出すといった若造だ。

もちろんアテになんかしてなかったけど、
先方はどうもバツが悪い様子。
ナオさんに下取ってもらうというと、
跨がっていいかと聞くので、
走ってくれば?と、試乗を許可。
帰ってきたらマフラー取り寄せてといきなしオーダー。
どこまで本気でどこからが冗談なんだか
まぁ、よくわからんよ、最近の若いもんは。

バイクカバーを買いに行ったライコでは、
ドカちゃんの試乗会開催中。
が、ツーリング日和とあって、
土曜だというのにびっくりするくらい空いていた。

意外にもW650が3台も停まってて、
しかもどれもカスタム車。
タンクに革のカバーをしたやつや、
昔のW風タンクのやつ、
いずれもオーナーはおっさんばかりだけど、
いい感じに乗っていた。



今日がマチルダに跨がるのが最後だと思うと、
やっぱりかなり寂しい。

いつもは無意識にやってる信号あけの加速も、
ひとつひとつ回転数をながめてみる

来週ナオさんに引き取ってもらうだけなのに、
帰りがけに満タンにしてきて、
いつもよりもさらに丁寧に磨いてやった。

わかってるのかな。
お別れすること。

たくさん、辛い思いしたのに、
感謝しても仕切れない。

きっと辛さの何十倍も、
うれしいたのしい思い出をくれたから。

知らなかった自分を
教えてくれたから。


| バイク | 20:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |