なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-04- | ARCHIVE-SELECT | 2007-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

こんな夕食 「●食べた物の画像♪(276314)」

眠い。

かなり遅い帰宅が続いてる。

今日はそれでもなんとか11時前に会社を出て、
お酒くさい電車に揺られて帰ってきたけれど、
それでもとてもじゃないけどまともな晩ご飯が
食べられる時間じゃないので、こんな夕食…、夜食?
良質素材


いろいろ漬けたけど、蕪のぬか漬けはかなり美味。
冷蔵庫保存前提のぬか床は、手入れを怠ってもちゃんとしてるし、
お野菜がポリポリとおいしくいただけてなんだかうれしい。

炭水化物過多になる高松出張の後は、
ぬか床大活躍祭りになるのが、ここのところの傾向だ。

で、キリンの「良質素材」
これ、発泡酒にしちゃあかなりうまい。
薄っぺらじゃなくて、ちゃんとコクがある。
CMにお金掛けてるだけのことはあると思えてしまう。
ひとくち飲んで、「おっ?」っと思えるうまさ。

このパッケージに惹かれるあたり、
やっぱり私はこの手の赤が好きなんだろか。
以前は赤なんてちっとも好きじゃなかったんだけど、
SRのお陰かなぁ…。



スポンサーサイト

| 未分類 | 00:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

W650雑感 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

肝心のうちのニューカマーの画像がなかなか撮れずにいる。
背景やら構図にこだわろうと思うから、
なかなかここぞの一枚が撮れないわけで、
普通に撮る分には何枚かは撮れてるのだが。

いつまともなものが撮れるかわからないので、
とりあえずフツーのカットを。
woo_0526
まるでgoobikeあたりで見かけるカタログ写真みたいだけど。
ローハンドル仕様といっても、アップハンがかなり上がってるせいか、
思いのほか低くはないのだ。
感じとしては、ノーマルのSRとさして変わらない。
10センチもワイドが違うアップハンをすり抜けで乗りこなす自信は
毛頭なかったので、迷うこともなかった選択だ。

それにしても、特に右サイドから立ち上がる熱気のすごいこと。
また、左サイドには一応メットホルダーはあるけれど、
掛けたメットがサイレンサーとほとんど接触状態になるので、
危なくてまったく使えないことが昨日判明。

メインキーは、右端をややこじ開けるようにして差し込まないと入らないし、
ハンドルロックをしてキーを抜くのもややシブい感じ。
チェーンカバーはペナンペナンの樹脂製だし…、
美しいクロームメッキだったSRのチェーンカバーが神々しく思える。
メーターの類いがデジタルなのも馴染めない。
メインキーをonしないとオドもトリップも数値がわからないのはつまらん。
タンクバッグの吸盤がニーパッドにあたるので、
きわめて上の方にやっとのことでしか固定できなくてかっこわるい。
メーターが寝すぎていて、太陽を反射するので非常にまぶしい。
などなどなどなど、ここにもまた、kawasakiのkawasakiたる所以が。

でも現在、かなりWにぞっこん中。
眺めて気持ちいいのもいいんだけど、
乗ってナンボってってところもあるわけで。
悪いところが見えるのもまた、
曲がりなりにもバイクを少しわかってきたってことかも?

引き続き、ニーパッドをなんとかしたい症候群は
続いているんだけど…。



| バイク | 01:16 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

宮ヶ瀬湖と道志ツー

散々だった高松出張の疲れが抜けないまま、
宮ヶ瀬湖へ慣らしを兼ねた初ツーに。

思いのほか空いている首都高を順調に抜けて着いた8時の海老名は、
バイクを停める場所もないほどの大混雑。
落ち着かないので、すぐに出発して秦野中井から北上。
道幅がせまく急なコーナーが連続するスリリングな道をいく。

終わりが見えないループなコーナー、
傾斜のきつい下りの連続カーブ…。
きれいにクリアできた後の立ち上がりは快感だけど、
膨らんだりギアが合わなかったりがままあって、
爽快感と緊張がテレコにやってくるのだった。

ランチな気分で朝ご飯をいただいたあとは、
キャンプ場銀座、道志へ。
緑が深くて、帰りたくなくなる。

途中、山中湖と富士山の絶景を眺めつつ、
大井松田へ。
富士山と山中湖

帰り道の東名では、
3カ所事故ってたけれど、
いずれもバイクの連中。
大人数でつるんで先を走っていた連中だったような。

半袖シャツにズック履きなんていう軽装で、
無謀だなぁと思った矢先。
路肩でもつるんで停まってたけど、けがはなかったんだろうか。


今日の走行距離365キロ
燃費25

SRが30近かったことを思うと、ちょっとショック。
しかも今日のガソリン代は144円/L。
先週、地元で入れたときは127円だったのに。

お守りに持っていけと、
ナオさんが早々用意してくれた左右のレバーのスペアを積んでったせいか、
立ちゴケは未だなし。
キックの必要がないので、多少の傾斜があろうと気にせず駐車できるのが
なんとも楽ちんだし、なんといっても高速巡航は楽な上に頼もしい。
800キロまでは4000以上回すなとナオさんにきつくいわれているけれど、
普通に走っている分には、それ以上は必要なかった。

しかしどうにも右足が熱い。
ラニーニャな夏が今から怖い。


| ツーリング | 20:45 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

乗りたい病 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

例えば。

山手線東京駅のホームで電車を待ちながら、
ふと見上げた空が、こんなにも青く抜けてたら、
なんで会社なんか行こうとしてるんだ?と踵を返す。

そんな度胸と環境が欲しいと、
思わず深いため息をついてしまう。



そんな日が続いてる。



乗りたいんだよね。

乗りたくて、乗りたくて、どうにもこうにも。

昨日なんかは、
とっぷりと日が暮れて帰ったにもかかわらず、
ちょっと走ってみちゃおうかな?と
考えなかったわけでもなくて。

だけど。
だけどもしもそこでコケたり、
コケるだけならまだしも、事故っちゃったりしたら、
はしゃぎすぎの挙げ句だってことがあまりに如実。

立て続けに2本の缶ビールを煽って、
衝動をぎゅっと抑えこんだ。



明日から、また讃岐だ。
乗ろうにも、物理的に乗れない環境へ。

いっそ諦めがつく分、楽だったりするかも。

| バイク | 17:55 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

江角くんを偲んで 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

昨日の朝日新聞に掲載されたシリーズ『家族』。

江角マキコの投稿に涙腺が緩んだ。

私の友人が勤める会社の総務にいた彼女の弟さんとは、
秋川渓谷へBBQをしに行ったり、飲みに行ったり、
飲み仲間のひとりとして交流があった。

どこで飲んでても酔うと歩いて帰る妙な癖があって、
それを次に逢ったときに聞くのがまた楽しかったりもしたっけ。

出会った頃、
「早く子供がほしいんっスよ」といっていた通り、
女の子ばかり3人もの子供にも恵まれて、
久しぶりに仕事の打ち合わせで逢ったときは、
すっかり貫禄がついていた。

だから信じられなかった。

あんなにあっさりと逝ってしまうなんて。

がっちりとした大柄な彼が、
そんなに簡単にガンに負けてしまうなんて。



あまり詳細を知ることができなかった彼の死。
江角マキコの手記から伺い知れるその顛末は
読み終えるのが惜しいほどのリアリティをもって
心に刺さる。
家族を、自分よりも若い命を、なす術なく失うことの
堪え難い慟哭の様がひしと伝わってくる。

避けては通れない愛する人との死別。
その悲しみを受け止め、乗り越えるときのために
人は家族を作り支えとするんだと、
何かで読んだことがある。

私はまだその準備ができていないけれど、
できることなら受け止めきれない人のまま
ひと足お先にさっさと消えてしまいたいなんて、
ひとりよがりなことを思ったりして。

とても、とても、怖い。
怖くてたまらない。
そんなに大きな悲しみを乗り越えることなんて、
とてもできそうにない。
したくない。



結局、お別れもお弔いもできなかった江角くん。
でも、久しぶりに、また逢えたような気がしたよ。

合掌




| ココロのヒダ | 21:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Wの快感 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

仕事と母来訪とで、てんやわんやの今週。

今日母を見送るまでは、納車のこともなんだかリアリティがなくて。

帰宅してナオさんの店までマチルダでファイナルラン。
始動はなぜか6回もキックする羽目に。
やっぱりドナドナが寂しかったんだね。

お店に着くと、強烈な日差しを受けてキラキラと光るダブルと、
満面の笑みのナオさんが迎えてくれた。

すでに大型バンパーを付けたダブル。
キミが今日から新しい相棒なんだね…。
nosha

広いハンドル、大きなタンク、ずいぶんと寝てるメーター、
ひとつひとつがマチルダとは違うけれど、違和感はなくて。
ガソリン入れついでに走ってみると、
スムーズな加速と安定感、ライポジの心地よさに
ある種の感動を感じてしまう。

やや不安だった足付きも、実際乗ってみたら問題なし。
ローダウンは不要だった。

ただタンクのニーパッドだけはまったく位置が合わなくて、
膝を締めると妙なところに当たってしまって、
逆に痛くなる予感が。
ドンピシャに合う人なんか一握りなんだから、
これはオプションにするとか、イージーにカスタムできるように
して欲しいよ、まったく。
トレードマーク化してるけど、そのうち取っちゃいそうな気がする。


しばらくはナオさんが乗るというマチルダとWをいっしょにパチリ。
SR&W
いい思い出、ありがとね。

愛車に名前をつけなきゃ気が済まない私は、
Wを「WOO」と命名。
ウルトラマンのやさしい怪獣「ウー」も好きだったしね。

赤いけど、今度は頼もしい分、男性かな。
50キロほど増えた車重が、家の駐車スペースに入れる取り回しに、
やや影響しちゃうのが今後の課題。
足腰と腕力強化はさらに必須かと。





| バイク | 20:36 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

忙々閑なし 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

今週は会議室で缶詰状態の作業が続いたので、
ブログを書く暇もタイミングもなくて、異例の4日サボりに。

毎日の睡眠不足がボディーブローのように効いていて、
慢性的に眠たい。
気を抜くと、ふーっと意識が遠のいたり、
集中できなくなってる。

酔ってるわけでもないのに、
ホームから転落して電車に轢かれるなんてこと、
考えられないと思ってたけど、
ちょっとリアリティーを感じてしまう。


でも、うっかりボケ三昧は先週からすでに始まっていて、
出張のばたばたでクレジットカード引き落とし口座への入金を忘れるわ、
定期が切れていることに気付かず、チャージ分から二日半分の
交通費を引かれたり、信頼と財産を危うくした。



母の状況と、W納品のソワソワもあって、
総じて頭の中はぐちゃぐちゃな今日このごろ。



取り急ぎな近況まで。

| ココロのヒダ | 10:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新生姜のうまたれ漬け 「旬・シュン・しゅん♪(31631)」

昨日は感情の赴くままに3つもブログ記事を書いてしまい、
ひとつくらい今日のネタにすればよかったのに…と反省。

下取りの準備は今日も続く。
自賠責証明書と車検証、取り説、保証書、スペアキーを
ひとまとめにして。
ほかに、予備に買っておいたクラッチとブレーキレバー、
やや弱ってたので替えようと思ってた左ミラーのステイ、
イカレやすい左ステップラバーも、
売れるまで乗るかもしれないというナオさんへ渡す。

残るのは、西湘でサイレンサーが脱落して、
取り寄せたパーツを付け替えたときに余ったふるいボルト、
そして芸術的に曲げたクラッチレバー2本。
もちろんかけがえのない思い出も。

さて、今日は旬の新生姜で自家製お漬け物を仕込んだ。
愛して止まないキャベツのうまタレで漬ける、
実に簡単シンプルな、しかしご飯にもアテにもなる逸品。

まずは新生姜をスライサーで薄切りに。
新生姜1

たっぷりのお湯を沸かしたら一気に投入。
一煮立ちさせたらざるにあげて冷ます。
新生姜2

保存ビンに移したら、
やきとり屋さんキャベツのうまたれ

惜しげもなく注ぐ。
新生姜3

すぐにでも食べられるけれど、3日ほどして味が馴染むと美味。
この黒酢が効いたノンオイルドレッシングのおかげで、
苦手だったセロリも常備菜として漬けている。
私は生協で定期的に買っているけれど、スーパーのサミットでは
売っているらしい。

ちなみに、前も書いたけれど、
新生姜は蜂蜜で漬けておいて、冬場のホットワインや紅茶に入れる。
ポカポカと体が温まってしかもとても美味。

いましか手に入らない旬の野菜を、ひと工夫で一年中楽しむ。
いいんじゃない?

| オススメ | 16:13 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

惜別の杯 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

方寸さんのおすすめで、マチルダといっしょに飲んできた(爆!)

イモビの赤いランプを点滅させたマチルダと同じ、
深い赤のシチリアワイン。

明日も乗ろうかな。

仕事さえ忙しくなければ、
まだ残っている有休を使って走りたいけど。

でももう下取りが決まっているだけに、
何かあったら大変なので。

やっぱり今日を限りに。

今日までの総走行距離9,053キロ
今日までの所有日数538日

大型を取ったときに、
マチルダが一万キロを刻むまでには売りたいと
漠然と思ったけれど、それは図らずも遂行されたことに。

1,000キロ刻むごとに撮影していたのに、
9,000キロは撮るのを失念。


| バイク | 22:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自作なめろう 「旬・シュン・しゅん♪(31631)」

さて、そんなわけで、今度はうちめしネタ。

昼間のオセンチモードは、時間を忘れて料理に没頭することで
ズパっと切り替えてしまうのがなおニン流なわけだし。

マチルダが冷える間、お野菜やさんと魚やさんを巡った結果、
茄子と鶏皮の甘辛炒めと、旬の鯵でなめろうを作ることに。

博多長茄子は一口大のざく切りにして、
中火でゆるゆると焼いて油が出始めた鶏皮のフライパンに、
ざーんと投入。
茄子が油を吸って火が通ってきたら、
お酒を加えて砂糖、醤油で味付け。

一方のなめろうは、
三枚おろしにした鯵を味噌とネギと生姜を加えて
タンタンと叩く。

ほかに骨付き鶏肉にたっぷりとペッパーを
振って焼いたスパイシーグリルと、
旬の新生姜を漬けたオリジナルガリ。
なめろう

…。

お酒がない。

ライコの帰りに鎌ヶ谷のナイスなお酒屋さん
寄ったのに。
来週、ゴッドマザー来訪の際のお酒しか買わなかった。
なんたる無計画。

とりあえずビールをあおって。
白ワインを急速冷却。
ビール
ところで。
缶ビールといえども、ちゃんとグラスに移せば
意外なほどおいしくいだだける。
傾けたピルスナーに6、7分目くらまで勢いよく注いだら、
そのあとはグラスを置いてゆっくりぎりぎりまで注ぎ、
30秒ほど放置して泡がやや減ったところへ
さらにちろちろと注ぎながら泡がグラスの上にまで
盛り上がるように注ぐ。

缶のままだと最後まで飲まずに終わってしまうので、
私はグラス派だね、断然。
泡がクリーミーになることはあり得ないけれど、
要はお酒は「気分」だから。

ちなみに、ビールを飲むグラスは
ほかの飲み物、特に牛乳なんぞを飲むときに使ってはいけない。
理由は酒飲みなら知ってるはずだから割愛。


今夜もごちそうさま。



| うちめし | 21:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

さよならのカウントダウン 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

登録のための住民票を持ってナオさんとこへ。

手際よくオフ車のオイル交換をするナオさんと
納車の件など話していたら、
以前お店で会った若者がたまたま来店。

大型取ったらSRを売ってくれと突如言い出して、
挙げ句、大型教習費用まで出すといった若造だ。

もちろんアテになんかしてなかったけど、
先方はどうもバツが悪い様子。
ナオさんに下取ってもらうというと、
跨がっていいかと聞くので、
走ってくれば?と、試乗を許可。
帰ってきたらマフラー取り寄せてといきなしオーダー。
どこまで本気でどこからが冗談なんだか
まぁ、よくわからんよ、最近の若いもんは。

バイクカバーを買いに行ったライコでは、
ドカちゃんの試乗会開催中。
が、ツーリング日和とあって、
土曜だというのにびっくりするくらい空いていた。

意外にもW650が3台も停まってて、
しかもどれもカスタム車。
タンクに革のカバーをしたやつや、
昔のW風タンクのやつ、
いずれもオーナーはおっさんばかりだけど、
いい感じに乗っていた。



今日がマチルダに跨がるのが最後だと思うと、
やっぱりかなり寂しい。

いつもは無意識にやってる信号あけの加速も、
ひとつひとつ回転数をながめてみる

来週ナオさんに引き取ってもらうだけなのに、
帰りがけに満タンにしてきて、
いつもよりもさらに丁寧に磨いてやった。

わかってるのかな。
お別れすること。

たくさん、辛い思いしたのに、
感謝しても仕切れない。

きっと辛さの何十倍も、
うれしいたのしい思い出をくれたから。

知らなかった自分を
教えてくれたから。


| バイク | 20:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

高松うまいもん 「●食べた物の画像♪(276314)」

4ヶ月ぶりの一泊高松出張。
怒濤の4ヶ月忙殺タームの始まり。

前日より10度も気温が下がった昨日の高松は
爽やかというには涼しすぎ。

今までランチで行ったうどんやさんのなかではピカイチのお店で
鴨南蛮をいただく。
かもなん讃岐うどん
温かな讃岐うどんは、出汁がとても美味。
ホワホワなのにコシがあるうどんと実によく合う。
冷えた体がぽかぽかしてきて、かなり満足。

そして今日は、クライアントの誰もが太鼓判を押す
パキスタンインドカレーのチシティでランチ。

パキスタンとインドがいっしょくたにされてるのが解せないけど、
前回かなりおいしくいただけた記憶に胸躍らせながら、
一見ロフト風な高松らしからぬ店内へ。

2種類のカレーとナンとキチングリル、シシカバブー、サラダが
セットされた860円のランチセットをオーダー。
讃岐うどんが300円代で十分満喫できる高松にあっては、
異常ともいえる高額なランチだ。
レベル10の中から選べる辛さは控えめに「5」で。
高松チシテイ
ホテルの朝ご飯をかなりしっかり食べたことをマイナスしたとしても、
あまりのボリュームに半分あたりで危うい状況に。

しかもよせばいいのに、クライアントが恍惚感たっぷりに語ってた
「チーズナン」にしちゃったもんだからさらにプレートはボリュームアップ。
おいしいはずが、盛りのよさに圧倒されて、みただけでドッキリ。

結局ナンを二切れ残しちゃう羽目に。
ごめんなさい。

で、お楽しみのお土産は空港でゲットした
「瑠美ばあちゃん」ブランドの讃岐うどん。
先日生協で買ったら、いつも空港で買っている
「讃岐の夢2000」小麦粉使用うどんよりもおいしかったので、
迷わず買ってみた。
瑠美ばあちゃん
今夜はランチのカレーが尾を引いていておなかが空かないので、
明日にでも味わうことに。

はぁ、疲れた…。
予想を絶するオリエン内容に打ちのめされて、
週明けがますます憂鬱…。

そしてねむい…。

| そとめし | 23:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

とうとう大型がやってくる 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

およそ1ヶ月余り、二転三転、紆余曲折が続いたバイク選び。

特にここ一週間は、ネットで検索したり、
ショップに見に行ったり。

車種や仕様は決まったものの、
今度はどこでどう買うかでさらに悩み…。

今までお世話になってた整備士ナオさんと、
一時は決裂の関係に陥りそうになったものの、
いいかたちに納まって無事に発注。


一円でも安く買いたいものの、
買った後のメンテナンスまで視野に入れると、
安いだけで選ぶのも賢いとは言い難く、
何かあったときに手厚いサポートが受けられる態勢を確保することが、
本来は優先されるべきなのかもしれない。

よそで買ったSRを持ち込んで整備をしてもらっていた今までとは違って、
目利き、腕利きのナオサンに購入の手配からお願いできる今回は、
全幅の信頼を寄せているだけにとても安心。

ひどく初歩的なことを尋ねても、都度丁寧に応えてくれるのもうれしい。

すでに今回も、んー…と唸らせたり、我が儘いったり。

引き続き、長いおつき合いをお願いすることに。




うまくすれば、20日納品。

今度はこのコが我が家にやってくる。

仕様はキャンディファイアレッドのローハンドル。



今週末はSRさよならツー、やってあげたい。
5月一杯の低金利キャンペーンがなければ、
こんなに早くお別れの日がくるなんて、
思ってもなかったから。

根っから、背に腹は替えられない質な人ね、私って。


ところで、新品のバイクカバーがうちで眠ってる。
タイチのLサイズ。
WはLLじゃなきゃ無理なので、
どなたかサイズが合う方に進呈をば。

興味のある方、ご連絡を。
詳細追って。

| バイク | 14:30 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

逃避 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

一段と高くなる風切り音に浸りながら、
スロットルを一杯まで開ける。

圧倒的な風圧に負けないように、
グリップを握りしめて、あごを引く。

今、
小石のひとつでも踏んだら、
ボルトが緩んでパーツが脱落したら、
きっとおしまいだと、
そんなふうに思いながらも、
手首を戻すこともせず、
ただただ、ひた走る。

今を走ること以外には
何も考えられない恍惚の刹那、
その瞬間の自分の有り様に、
ひどく満たされる。



少しモヤっているけれど、
初夏を感じさせるこんな日は、
日常の自分をかなぐり捨てて、
どこか遠くへ向けて走りたくなる。


走りたい。
走れない。

目の前に横たわるヘヴィーな現実が
やたらに重たい。

| バイク | 13:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

瞬く間のGW 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

間違いなく襲ってくる明日からの忙殺がただでさえ憂鬱なのに、
朝から雨がシトシトと。

大型連休最終日…。
あと5キロで9,000キロなのに、さすがに雨じゃあ走る気にならず。
すっかりお気楽モードになっちゃった脳みそに喝を入れるには、
ある意味願ったりなお日和かも。

そういえばピンと来てなかったけど、
半年ぶりのうどん行脚は次の木金だっ。
再来週はマイゴッドマザーが遊びにくる。
早くも客布団干したりなんやかんやで、
慌ただしいけどこれはうれしい悲鳴のうちか。

一昨日昨日とは打って変わって手持ち無沙汰な一日…と思いきや、
方寸さんから拝借したOS Xのインストールに延々時間を費やしたり、
お疲れさまの革ジャンと冬用グローブをクリーナーで拭いて、
ミンクオイルをしっかと塗って磨いてやったりと、
それなりにやることはいくらでもあった…。

革ジャンは2シーズンを経てすっかり体に馴染んだ感じ。
この冬はゴアウインドストッパーイナーを買ったので、
セットされていたマタギ風インナーベストは不要になり、
よりすっきり着られるようになったし。

袖口部分にややアタリが出てきた感じがしなくもないけれど、
まだまだ剥げたニュアンスはない。

大事に大事に、10年くらい着てやりたいわ。

| 未分類 | 21:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

背中を押す低金利

今日もバイクや巡り。

某赤いメットのおじさんショップ2店舗と、
津田沼のピットクルーへ。

なぜかハンドルのアップとロータイプが揃っているところがなくて、
比較できずに終わってしまったけれど、W400と650、ZZRは
今月いっぱいKAWASAKIのローン金利0.9%。

ちょっと焦る。

カラーもまだ決められないのに。

あえてオヤジモード全開でブラック×シルバーにするか、
順等なレッドにするか。
SRほどいい色じゃないのが気になるけど。

05年の深いエンジ色のやつがいいんだけど。
中古で探すかなぁ。



夜は久しぶりに地元の飲んだくれと飲む。

午後5時からカラオケ含め7時間近く。
さすがに疲れた。
今朝は声もでないありさま。
もぉそんな飲み方する歳でもないと思うんだけど。



| どうなの? | 15:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ツーリングマップル推奨ルートツー 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今日は房総ツー。

京葉幕張から始まった渋滞をすり抜けて木更津南で127へ。
行きつけ「ばんや」をあえてさけて、
手前の「かなや」で朝御飯。
とろろ飯とお刺身、海藻サラダ、デザートがついて1150円。
かなや朝御飯

ツーリングマップル推奨ルートを走ろうと、
富里の手前から横断ルートへ入ったはいいけれど、
目的の道にとうとう行き着けないまま鴨川へ。

シーワールドまでの大渋滞を抜けて
ふたたび推奨ルートの清澄養老ラインへ。

いきなりの高速コーナーに度胆を抜かれつつ、
久しぶりのワインディングにかなり興奮。
頭ではわかっていても、なかなか倒し込めない憤まんを
また次のコーナーへぶつけながら、
それまでの渋滞がまるで嘘のような快適クルージングを
満喫…と思ったら、その先は車一台分の車幅しかない渓谷。

折しもの交通量で上下の車がにっちもさっちも缶詰め状態の中、
「すいませ~ん、先にいかせてくださ~い」と頭を下げつつ、
なんとかずるずるとすり抜けた。

あまりに極端な飴と鞭。
はぁ、びっくり。

帰りは市原から乗るはずが、
11キロ渋滞の表示にあんぐりして、
結局下道をぶんぶん走って比較的楽に幕張あたり。

休憩したガストの向かい側にあったレッドバロンで
Wにまたがってみる。
足付きは、ローダウンの必要はなさそう。
ローハンドルしかなかったけど、違和感なし。
さらに幅が広がるアップハンよりもいいんじゃないかな。

でも、帰りしなに目に入ったXJR1300がやっぱりステキ。
すんごい大きいけど、身を委ねてみたい感じ。

だけどねぇ。
管理するにもひとりじゃあの車格は不安。

ちらちら、いろんなものが気にかかる。
決めきれないや、やっぱり。


ちなみにブーツはすこぶる快調。
大きいのでソックスを二枚重ねで履いたけど、
それでも蒸れ知らず。

こちらは一昨年の教習所用をやっと新調したHYDOメッシュグローブ。
HYDO
裏張りしてあるせいで、今日の陽気でも涼しすぎず、
メッシュ地が気持ちいい。
ただやっぱりSでは親指だけが窮屈で、途中で痛くなる。

今日の素行距離270キロほど。
帰り道は十分に肩甲骨がだるかったけど、
やや走り足りない感じ。

明日も走っちゃおっかなぁ。


| バイク | 20:47 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ブーツ交代 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

先日世田谷のNAPSで買ったライディングブーツ。

17,000円だったのだけれど、
よくよく調べてみたら3万以上するXPDのモデルだった。

SPIDIのジャケットに使われてる「H2OUT」とかいう
透湿防水素材を使ってるらしい。

ふくらはぎの半ばまであるので、
サポート感があってなかなかよろしい。

デザインからして、ハイソックスを履くしかないけど、
それで蒸れなかったら大したもの。
明日のツーリングでさっそく試してみよ。

…湿度を逃がすってことは、防寒性もある?
値段もそれなりに高いし、ちょっと期待かも。

まだ堅いのでクラッチペダル操作が結構きついけど。

でもWに乗るならもっと厚底にしとけばよかったと
今頃ちょっと後悔も。



これを機に、安いだけあってすぐに接着剤が必要になった
一足目のエンジニアブーツ
を処分。

教習所でコケた時に踵を守ってくれたり、
雨に降られた菅平ツーでぐっしょり中まで濡らしたり、
買いたての「キックの鬼期」の酷使を経て
すっかりコバがへたってしまったけど、
忘れがたい思い出作りにつきあってくれた3,000円のブーツ。

お疲れさま…。




| バイク | 20:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

OS X 「★つ・ぶ・や・き★(1280035)」

akiさんから半年以上も借りっぱなしだった
Mac OS Xをやっとインストール。
データ待避用の外付けHDはミツル師匠から拝借して…と、
すべてが人頼みのバージョンアップ。

途中2度ほどトラブって立ち往生したけれど、
無事に完了。
デスクトップがすいぶんとスタイリッシュにあか抜けた。

でも、
ここのブログに設定できるようになったタグは
相変わらずできるようにはならないし、
所詮Macの疎外感は否めない。

やれやれ。



明日明後日はいいお天気らしい。
どうしてこんなときに、
一泊ツーの予定がないんだろ。

段取り悪くてあんぐりしちゃう。


| 未分類 | 00:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お疲れさまのブレーキレバー 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今日は思いきって有休消化。

ナオさんのところへ行って、
ブレーキレバーを替えてもらってきた。

写真は歴代のブレーキレバー。

上は一本目、下が今日はずされた2本目。

一本目はナオさんが温めながら戻してくれたけれど、
その後またコカして曲げてしまって、
もぉ替えちゃえってことで替えたので、
曲がり方が生温い。

下は3回のコカしにも折れずに耐えてくれたけど、
指が2本しかかからないので、
いざというときのためにチェンジ。

アーティスティックな造型のお陰で、
知らないライダーさんとの談笑ネタにはなったけど。


買ったばかりのブーツの足首がまだ堅くて、
ブレーキペダルに力がかからないようにしておくのがとても疲れるので、
ペダルの位置を低くしてもらって。

例によって雑談しながらあちこち増し絞めしてくれるナオさんと
初対面のお客さんといっしょに2時間以上も話し込んでしまった。

次のWのハンドル…、
アップを勧めるナオさん、
ますます高速巡行が辛くなりそうでロー希望の私。

試乗しないことにはわからないよね、こればっかりは。



なんとなく、なし崩し的に買う方向へ向かってる…、
いや、向けようとしている感じの今日のなおニン。

折しもローン金利が上がったというのになぁ。

| バイク | 17:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。