FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-02- | ARCHIVE-SELECT | 2007-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

新宿2丁目のブラジルワイン

昨夜は、友人が雇われオーナーとして切り盛りを始めた
新宿2丁目のバーに飲みに行った。

彼女は、かつての私の隠れ家、新宿3丁目の『E.O.BRUNO』
というダイニングバーを仕切っていた女性。

店をクローズして早5年ほどが経って、
すっかり音沙汰も途絶えていたのだけれど、
ひょんなことから再び夜の世界へ戻ることになったらしい。

8人も座れば満席というカウンターだけの店内は、
ゴールデン街の中では一番キレイ!と家主がいうだけあって
やんわりとボトル棚を照らす間接照明が心地よい。

コロナを一本いただいた後で、薦められるままに飲んだのは
ブラジルのマディラ・ワイン。
二丁目
4種類あるうちの
BOAL
という甘口タイプをいただく。

ウイスキーを思わせる香りを経て口腔に広がるのは、
バニラのようなコクのある芳香。

チンザノロッソやアマレットが好きな私にはかなりフィット。

常温でチェイサーと共にゆっくりと。
ほの暗い空間で、昔話をつまみに盛り上がりながら、
久しぶりの新宿の夜を楽しんだ。

ひところに比べると、非常に「普通」な町へと変化した新宿2丁目。
そっち系限定の店はほとんどなくなって、
サラリーマンが気軽に立ち寄れる店がほとんどなんだとか。

どこも間口が狭く、一見での入りにくさ否めないけれど、
慣れてしまえば落ち着くことうけあい。



いろんな意味で、東京は癖がなくなりつつあるのかもしれない。



スポンサーサイト



| あるこほーる | 18:15 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |