FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-02- | ARCHIVE-SELECT | 2007-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

うちらのお花見 「★つ・ぶ・や・き★(1280034)」

今月末の土曜日は我がアウトドア系呑んだくれのお花見。
開催日のフィックスが、開花予想にかなり翻弄されたけど、
どうやらドンズバな見頃になりそう。
お天気は晴れ女ゆえ、そもそも心配していない。

キャンプ仲間が多いこともあって、
私たちの花見は紙コップや紙皿は用意しない。

キャンプ用のシェラカップや保温マグ、チタン皿などの他、
どこぞのキャンペーンか何かでもらったような
プラ製のお皿やカップをそれぞれが持ちよって、
宴が終わればささっと拭いて持ち帰って家で洗う。

つまみも半分以上がお手製の持ちよりなので、
タッパーなどに入れてきて空きを持ち帰るだけ。

つまり、ゴミになるのはビール缶と酒瓶が主で、
特にやっかいな割り箸をはじめ紙皿紙コップなどは
他の集団に比べて非常に少なくて済んでるってこと。

自然を愛でて楽しむ以上は、
ゴミもできるだけ出さずに帰ろうという、
アウトドアラー精神に則ったものなのだ。

もちろんメンツのなかには、
「紙コップないの?」と毎年必ずいうオタンチンもいて、
決して徹底できているとは言い難いんだけど…。



それにしても今さら呆れるのもなんだけど、
デパ地下の包装はなぜもあんなに過剰なんだろ。
塩ビケースに入ったものをビニールに包み、
黙っているとさらに紙袋に入れて仕上げに手提げビニールに入れる。
そのままで結構です!と、言い続けなければならない羽目に。

あまりお総菜を買うことはないんだけど、
下手に3、4品も買おうものなら、うちのゴミ箱は一気に満杯。
エコなマインドはないのかね、百貨店には。

昔、ラッパを吹き吹き自転車で町内を回るお豆腐やさんへは、
両手鍋を抱えて買いにいくのが普通だった。
店側にも消費者にも、そういう廃れた感覚店が
ちょっとずつでも復活すればいいのに。

近所のコンビニにすら袋を持っていかないのは、
時代遅れだと、私は思う。

そんなふうだから、
26日に発売予定のカップヌードルリフィルには、
滅多に食べないながらも「天晴れ!日清」な印象を抱いてしまう。

スポンサーサイト



| アウトドア | 14:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |