FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2007-01- | ARCHIVE-SELECT | 2007-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

もっと速くもっと遅く 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

左手が油圧の重いクラッチのお陰ですっかり筋肉痛。
重いものを持つと力が入らない。

今日も指導員がときどき休憩させてくれたけど、
短い教習所の一時間、休んでる場合じゃない。

遅すぎるスラローム、7秒台。
早すぎる一本橋は、やっと10秒台。

前輪ロックで大転倒した中免の時と打って変わって、
とても上手にできた急制動。

できるものと、できないもの。
が、全部できなきゃハンコはもらえない。



次の教習は一週間後。
全部忘れてる気がする。



帰りにナオさんところに寄って、気になってた後輪の空気圧を見てもらう。
やっぱり微妙に減ってる。

バルブに水を掛けて調べたら、どうも微量ずつ漏れてる様子。
バルブを取り替えてまた様子をみることに。
チューブの修理に至らなくて済むかも。

バックパック姿で店に現れた私に、
どっか行って来たの?とナオさん。
教習所!といったら、バカウケしてた。
店先で、取るの取らないのといってたのは2週間前だもの。
びっくりするのも当然。

『大型取りにいって、ヘソ曲げてんじゃない?
 もう私に乗らないつもりなの?って』とナオさん。

確かにマチルダとは、気持ちがつながってる気がするし。
当分乗り続けるからさ。
ご機嫌壊さないでね。


まもなく8,000キロ。
スポンサーサイト



| バイク | 22:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

AGGRESSIVE 「★つ・ぶ・や・き★(1280033)」

氷雨の中、開催された第1回東京マラソン。

親友ののり平が10キロに参加、完走した。



昨夜電話でエールを送ったら、
逆に大型取得を励まされた。

すでに限定解除している彼女は、
波状路でずいぶんと泣いたらしい。

卒検の時は、指導員たちがそんな彼女の成りゆきを見に
ずらりと見物に現れたらしく、
しかしそれが励みになったのか一発合格。

かっこいいのだ。



『あたしたちって前向きに生きてるわよね。』

昨日の彼女の言葉。

確かに、がんばってるかもな。

わざわざ試練に向かってかなくたって、
誰に何を言われるわけでもなく、
毎日はそれなりに流れていくんだし。

でも、そんなふうにがんばって生きてける今に、
ちょっと感謝しなきゃかも。

| ココロのヒダ | 11:43 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |