なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2006-09- | ARCHIVE-SELECT | 2006-11- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ある種の集中力 「★つ・ぶ・や・き★(1280029)」

もともと几帳面でもとびきりキレイ好きでもないので、
不快にならない程度のお片づけやお掃除…、
つまりは週末に軽くできるキーピングしかしていない。

メディアによく登場するカリスマ主婦は、
布を巻き付けた割り箸を常にエプロンのポッケに入れておいて、
気付いた時にすぐに掃除しておけば大掃除は必要ないと豪語するけど、
あれができるできないは、性格に左右される。

ひとつのことに捕らわれやすいタイプの私には、
年がら年中部屋をきれいにすることを念頭においての生活は不可能なのだ。



だから、昨夜のようなことが起きる。

ふとシンクの汚れに気がついて、
クレンザーで磨き始めたのはいいんだけれど、
水切りかごの黒ずみとか、まな板の汚れ、
果ては鍋のくすみまでもが許せなくて、
とっくに零時を過ぎているのに、
ハイターやワイヤーたわしまで動員しての軽い版キッチン大掃除…。



没頭してしまった。



時々これのお風呂及びトイレバージョン、
洗面所バージョン、書棚バージョン、模様替えバージョンなどがある。

無計画に始まってしまうところは、いい気分転換になるし嫌いじゃない。

終わってきれいスッキリするのは気持ちいいし。

だけど今日はちょっと眠い。

なにもこんなに忙しいときにやりたくならなくてもいいものをと、
我ながら思いはするんだけど。





にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。
1週間で400番台からふた桁に急上昇中!さんきゅーですー。


| 私って | 12:40 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

タダイマ 「★つ・ぶ・や・き★(1280029)」

仕事に追われてこんな時間まで更新できず。

いよいよ春まで続く怒濤の忙殺モードへ突入しちゃった。

大型取得計画もお陰でお預け。





夕食をどうしたものか思案中。

食べてしばらく起きてて寝るか、
食べずにさっさと寝てしまうか。

でもお腹が空いたままだと眠れないし、
かといってこんな時間に食べたら太るしさ。

ワインとチーズ程度…?

いや、とりあえずお風呂!






にほんブログ村 バイクブログへ

ツカレタ…。

| 未分類 | 00:17 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

する?しない? 「☆★バイク★☆(29887)」

昨日のこと。

あれは鴨川の手前あたりだったのかなぁ。

変則の交差点を左折してきたバイカーが
こちらをみながらコクっと会釈してくれた。

ジェットもサングラスも革ジャンもバイクも全部黒ずくめだけど、
いかにもゆったりとツーリングを楽しんでる風情がすてきだった。



もっと挨拶しあうものだと思ってたけど、
実際にはすごく珍しいこと。

走り出してまもなく1年なのに、3回目ぽっち。

それでもパーキングや道の駅で、
知らない同士で会話になることもあるけれど、
挨拶くらい簡単なんだから、すればいいのに。

もちろん誰にでもかんでも闇雲にってわけじゃなく、
例えば同じバイクだったりとか、
なんだか同じニオイがするバイク乗りとか(笑)、
そういう相手になにげなく挨拶できちゃうことが、
「普通」になるといいのになと。

よく山登りですれ違う人達が挨拶を交わすような、
あんなコミュニケーション。



周囲にいうと、
だったら自分からやれっ!っていわれちゃうし、
まぁ、それもごもっともなんだけどさ。

やっぱり男子からやってもらわないと…と思うんだけど。

みんな、めんどくさいのかシャイなのか、
どうなだろね、そこんとこ。





にほんブログ村 バイクブログへ

エントリーしたとです。

| バイク | 13:36 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ばんや朝ごはんツー  「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

出張の疲れを引きずりながらも、
やっぱり行っちゃうツーリング。

もう冬も間近だものね。




事故の怪我がまだ癒えない方寸さんと、
キャブ大修理の甲斐あってやっとFが元気になったのに、
腰痛気味の満くん…。
そんな手負い状態のふたりを、鋸南のばんやへご案内。
例によっての朝食ツーを楽しんできた。

肝ともみじおろしをいれたポン酢でいただくかわはぎ刺し。
かわはぎ刺身

いったい何匹分?
金目のあら煮。
金目あら煮

金目が二貫も入った朝穫れ寿司と、さばの味噌汁。
朝獲れ寿司


すでに空弁やら、ふつかに渡ったうどんランチで、
ローカーボ精神はどっかいっちゃってるんだけど、
今日は今日で寿司九貫。

この意志の弱さ…、いいよね、我ながら。

だっておいしいものも、一期一会だしさ。




肝心のツーリングの方はというと、
京葉道路が結構混んでたけれど、
127も410もスルスルっと気持ちよく走れて。

先日キャンプの帰りに寿満亀を買った亀田酒造へまた行って、
今度はかすとり焼酎を買って来た。
昨日高松空港で買って来た揚げ巻といっしょに。
カストリ焼酎

この揚げ巻、お揚げで魚のすり身をクルクルと巻いたものだけど、
揚げとすり身ってこんなに相性がよかったのね。
お酒のあてにはドンピシャ!
このままでも揚げの風味がとても美味だけど、
柚子胡椒でいただいてもgoo。

自分を誉めてあげたいくらいのベストチョイスだったのだ。




明日は雨…か。

のんびりして、しっかりエネルギーチャージしよ。



にほんブログ村 バイクブログへ

バイクネタってか、グルメネタですが…。^^;




| バイク | 18:47 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

高松出張その2 「●食べた物の画像♪(276312)」

10時からしっかり打ち合わせが始まって、
昨日同様、サイレンとともにこれもしっかりランチタイムが始まる。

さすがはメーカーさん。
何においてものんべんだらりと進行するウチらの業界は
本気で見習ったほうがいいよね。

昨日よりももっとおいしいうどんやさんに連れて行っていただけるということで、
自然早歩きになりつつ10分程で「さぬきや」着。

ちなみに昨日の昼食で入ったお店、
名前は忘れてしまったけどいただいた「月見醤油」はこちら。
奇想天外な甘納豆の天ぷら40円を付けて400円なり。
テーブルに置かれた生醤油を自分でかけていただくシステムで、
生卵と醤油と削り節とネギがまったりとうどんにからんでうまいっ!
月見醤油

で、さぬきやさんでは、このお店お薦めの
天ざるうどん550円をオーダー。
さぬきや

前日のうどんが、しっかりとしたコシとつるつるっとした喉越しだったのと違って、
ここのうどんは口当たりはほわほわっとしていて、だけど噛むとちゃんとコシがある。

とっても美味。

昨日も絶品だと思ったけど、今日のほうが断然高得点。




午後、二日間の打ち合わせが終了。
観光する時間もあったのだけど、
寝不足と疲れに祟られて空港直行。

売店で買ったご当地ビールを離陸するなりいただきつつ、
1時間あまりで羽田着。
さぬきビール


そうそう。
行きの始発便でいただいた空便はこちら。
朝食なのに2段重ねってヘヴィ-過ぎない?と思いながらも完食しちゃった。
空弁

おいしいものがあると、
過酷な出張も多少は救われるかな…。

焼け石に水な気もするけど…。






| | 17:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

高松出張その1 「★つ・ぶ・や・き★(1280029)」

夜明け前に家を出て、
仕事が終わって客先を出たら、
もうとっぷりと日が暮れていた。

昼食の讃岐うどんは絶品だったけど、
延々続く会議で、なんだか背中が痛くて肩もコリコリ。


それにしても車も人も少ない。

こんな道を走りたいなぁ…。

| 未分類 | 09:13 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

みとれちゃった。

今日の空。

青く抜けてて雲もなくて。

ずっと空を見ながら歩きたくなるような、
そんな空。

明日はこの空を飛ぶんだなぁなんて思いつつ、
しばらく見とれてた。



今日は少し楽だと思ってたのに、
やり忘れていたことがポロポロと出てきて
結局はなんだかバタバタしてる。

しばらくアタマをお休みさせていたツケかな。

忙しさについていけなくなってる。




なわけで、
明日は讃岐うどんをいただきに高松へ。

久々のANA便も、お初の羽田第2ターミナルも楽しみ。





にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中…。

| 私って | 16:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

みとれちゃった。

今日の空。

青く抜けてて雲もなくて。

ずっと空を見ながら歩きたくなるような、
そんな空。

明日はこの空を飛ぶんだなぁなんて思いつつ、
しばらく見とれてた。



今日は少し楽だと思ってたのに、
やり忘れていたことがポロポロと出てきて
結局はなんだかバタバタしてる。

しばらくアタマをお休みさせていたツケかな。

忙しさについていけなくなってる。




なわけで、
明日は讃岐うどんをいただきに高松へ。

久々のANA便も、お初の羽田第2ターミナルも楽しみ。





にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中…。

| 私って | 16:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

鏡の向こう側にみたものは… 「★つ・ぶ・や・き★(1280028)」

Macの大きな本体…。

デスク下に置くのも座り心地が悪くていやなので、
デスクの上に鎮座させてる。

この側面を使わない手はないと思ってるので、
ほとんどピンナップボードと化している。

多いんじゃないかな、こういう使い方してる人。

で、一応まだ売り出し中の女性なわけだから、
身だしなみチェックってことでミラーを貼り付けてある。




今朝何気なく、そのミラーを覗いたら、
なんだかひどく化粧が濃いように思えて、
斜め背中合わせに座ってるakiさんに尋ねてみた。

「なんか今日化粧コクない?アタシ…」

振り向きざまに笑うakiさん。

「コイよぉ…、なんだよぉ…」だって。

なんだろ。

ファンデ替えたわけじゃないのにな。



今日は朝からひどい土砂降りで自然光が弱かったからかな。

稀に百貨店の化粧品売場で化粧なんかしてもらうと、
帰ってきてからびっくりするあの現象。

照明の光の下だと色が晴れ気味(腫れじゃないよ)に
映るからわからないんだけど、
自然光を浴びると本来の色味が発色してすごいことになるやつ。

キャンプ場でみんなが起き出す前に外で化粧してると、
鏡に映る素肌がいつもよりも汚く映って凹むもの。

現実を突きつけられるって、ツライなぁ…。



いつも素肌勝負の男性は、大変だなぁ(何がだろ…?)と思うよ。

…オナカ、空いた。





にほんブログ村 バイクブログへ

今週末は走るよ~~~^^/






| どうなの? | 11:48 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ここが不器用 「★つ・ぶ・や・き★(1280028)」

本来が、予定変更にあまり強くない。

行き当たりばったりが得意なので、
旅にしてもイベントにしても、
必要最低限の予定しか立てないくせに、
一旦頭の中で組み立てた段取りイメージが、
なにかの事情でオジャンになると
人一倍ダメージを受ける。



今日は下手すれば徹夜になるかもしれない作業が発生する予定だったのに、
もろもろ諸事情が好都合に変更になって、お役放免に。

うれしいけど、なんだか附抜けた気分。

さっさと帰ればいいものを、なんだかダラダラと
オフィスに居てしまってる。

奪われてしまうはずだった時間がポッカリ自由になったからって、
夜だし雨だしバイクには乗れないものね…。





にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。

| 私って | 19:55 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

メカニック魂 「☆★バイク★☆(29887)」

先週の土曜日にナオさんのところへ行った時、
満クンのCB750Fから下ろされたキャブレーターを前に、
小さな小さなネジをクルクル回しながら、
すっかり無口になってるナオさんの背中を見てたんだけど、
実は昨日もそうだった。

相当手こずってるらしい。

次はシートを直そうかな…という満クンに、
「ミツル…、これがうまくいかなかったら『次』はないんだよ」

いつもはシャイなナオさんだけれど、
整備に集中すると、ハードボイルドな台詞も決まっちゃう。

大きなボディーの中でそれぞれ大切な役割を担ってる
小さなパーツの数々が、なんとも愛おしくなっちゃうけど、
ゆえにちょっとしたズレとか磨耗とか緩みなんかが、
もろもろ影響しちゃうのね。

あんなに小さなパーツが使われているなんてこと、
夢にも思ってなかったなおニンは、
時を経つのも忘れて作業に見入ってしまってたのだった。

大きいのに器用な手先と、知識と技術…。
トイレも食事もさておいてしまう集中力と、
バイクと乗り手を心から想うマインド。

ただただ尊敬。






で、今日はやっとキャブのパーツの取り替えと調整が無事終わって、
いっしょに軽く走ってみた。

低速でスポスポボロボロ言ってたのがウソみたいだし、
吹け上がりもいい感じ。
ホ~~~~~~ンという音を残しながら小さくなっていく後ろ姿を
実に久しぶりに見て嬉しくなった。

雨雲が近付いた船橋港でちょっと休憩。
Fとお散歩

画像ではあまりわからないけど、
私のエキパイもまた一段と焼けが増して
いい感じになってきた。

と、そこへCBR1000RRの兄貴から電話。
軽く乗ってみたらしい。

エンスト4回。

ぷぷっ。
私の納車と変わらないじゃん。

仕事が忙しくてなかなかゆっくり乗れないし、
今日は泥よけをつけるためにショップへ入れてあると…?

泥よけ…?
フェンダー、ついてなかったのか?

なんだかいまひとつ彼の状況が読めない。
「ハンドルもいじったし、世界にひとつだけのバイクなんだよぉー」と…、
まぁそれはよいのだけれど、どんな代物になっているのか
またまた楽しみになってきた。





にほんブログ村 バイクブログへ

週末だけのバイクネタってどーよ


| バイク | 16:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6,000キロ達成 「☆★バイク★☆(29887)」

ナオさんのところでスプリットファイヤーに替えてもらって、
ひとっぱしりの途中、船橋県民の森手前で6,000キロ達成。

ちょうど信号にあたってしまったので、
ちょっと行き過ぎの6,000.1で。

5,000キロ達成は直江津だったから、
一ヶ月半かかってるわけだ。

あれっきりロングツーリング行ってないものな。

アタリマエ。



しかし暑い。

せっかくメンテしたメッシュジャケットをまた引っぱり出した。

しかも帰ってきたら、しっかり汗。

お天気が続いているのはうれしいんだけど…。







| バイク | 17:46 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

呑む気が失せた夜 「それってどうなの?(251)」

昨夜、某プロジェクトの打ち合わせを終えて、
続きは飲みつつやりますか?なんて話に。

別件の作業を終えて合流後、まだ一杯目の生ビールが空かないうちに
知人から電話が入った。

敢て分類わけすれば、クレームの電話。




それは一昨日のこと。
設計事務所を経営する旧知の友人S氏から、
POWER POINTが達者な人を知らないかとの連絡があった。

こういう仕事の依頼は、なぜかよく舞い込んでくる。

設計パースがかける人、知らない?
50ページくらいのホームページ作れない?
竣工写真撮れる人、いない?
わがままな名刺を作りたいんだけど…。
メディアミックスの企画できる人、いない?
マーケティング調査できるとこ、知らない?


私で手に負えるケースはあまりないし、
内職黙認の企業にいるわけでもないので、
自分のネットワークの中で適材を選んでオーダーを繋ぐ。

繋いだ後は予算含め双方のやり取りはすべて任せてしまう。
それぞれがハッピーになればそれが私の報酬。

終わってから報告をしてくれる人はあまりいないけれど、
音信不通になってる人もいないので、
仕事を出した方も受けた方も、それなりにうまくやってくれてるんだと思ってる。


でも昨日は様子が違った。

クレームは、私が適任と睨んで仕事を頼んだ友人M氏からのもの。

ボリュームが当初より遥かに増えているし、
来るはずの連絡がなくて困っていると。

直接連絡を取ってくれよと思ったものの、
状況がよく飲み込めないこともあり直接S氏へ連絡。

やんわり事情を説明すると、慌てるS氏。
社員に振った後はタッチしていなかったらしい。

何度かの連絡ののち、状況が判明。
ボリュームが増えたこともあって内制することにした、
明日お断りの連絡を入れようと思っていたらしい。
申し訳ない…。



声に出さないようにため息つきつつ、
星のかけらさえ見えない空を仰ぐ。

電話の相手が担当スタッフだったらきっと、
レンガ通りが地割れするくらいの踵落としを見舞ってたね。

恐ろしく要領が悪いキミのお陰で、
何人の大人が迷惑被ってるのかおわかりか。

アンタを待ってる相手がいることを
なぜイメージできない?

謝らなきゃならないことほど、
早め早めにコンタクトするのは鉄則だろが。




たぶんS氏には私の言いたいことはわかってるはず。

延々と終わりそうもない詫びの電話を、
たんと飲ませてくれるまで許さないと言って終えた。

すぐにM氏に電話。

今度は私が詫びる。

変な仕事回してごめんなさい…。



すっかり飲む気も失せて席に戻る。

どうした?という表情がいくつも私をみつめる。

せわしなくして、ホント申し訳ない…。

飲んでる席における、頻繁なケ-タイ電話による中座ほど、
その場を白けさせるものはないのにね。



逢ったこともない坊やによる気遣いのないボンクラな仕事っぷりに、
やっと迎えた金曜の夜を台なしにされるなんてさ。



今週はなんだかボヤいてばかり?

走って忘れるしかないね、これは。





にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。

| どうなの? | 10:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

無反応なやつら 「それってどうなの?(251)」

これだけメールによるコミュニケーションがスタンダードになっているのに、
未だ不思議に思えてしまう人たちがいる。

ケータイなのに、送ったメールを引用してまんま下に張り付けてくるのは
ハードの取扱いに慣れていないか、あるいは文字量が料金に反映されることを
知らない場合だとしても、
送ったメールに反応しない感覚って、どう理解すればいいんだろ。

学校で教わるわけでも、
ケータイショップで教えてもらうらけでも、
取説にかいてあるわけでもないけれど、
人としての基本的なコミュニケーションスキルがあれば、
普通にできるはずのことなのに。

届いてるのか、
届いてるのに読んでないのか、
返事の必要性を感じないのか、
どうしていいかわからないのか…?

してもらったことに対して何かを感じて、
その思いを相手に伝えること、
場合によってはさらなる行為を返すこと、
これが私が思うコミュニケーションの原点。

無反応でいいことなんてひとつもなくて。

例え気分を害した場合であっても、
それ相応のリプライはするべき。

失念していた場合でも、
遅ればせのひとことを入れれば、
それはそれで受け止められるはず。

そんな当たり前のことができずにいる連中。

社内アナウンスのメールに、
了解の旨のリプライをするのは30名近い社員のうち2名ほど。

出張の段取りメールをスタッフに送っても、反応なし。

遊び仲間にイベント後の「おつかれさん」メールを出しても、
全員からはリプライがもらえない。

かと思えば、忘れた頃に、なんのexcuseもなく
返事をしてくる時間が止まってるやつ。



相手を自分に置き換えて発想する想像力を忘れちゃいけない。

彼、彼女は
どうして私にああ言ったのか。

なぜこうしてくれたのか。

それが考えられないなんて、悲しい。

今の荒んだ世の中の根元は、
この「力」の欠落じゃないかと、常々思う。

仕事も友人関係も、料理もセックスもみな根っこはいっしょ。

自分のしてほしいことをしてあげなくちゃ。



イライラがつのっているのか…?

なんだかちょっとアツい?

今日のアタシ。



にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。

| どうなの? | 11:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ありがとうを忘れない 「★つ・ぶ・や・き★(1280028)」

ここまで
なにかにつけて友だちや知り合いに助けられてきたからかもしれないけれど、
人生って、なんだかんだいっても人との出逢いと、思い合いで救われてる。

もちろん、人の力を借りずとも、実力だけで立派に成り上がっていける人だって
いくらでもいるだろうけど、スタンダードに生きてる人種にとっては、
恋愛も仕事も生活も、仲間からの情報や紹介やアドバイスにどれだけ
助けられていることか。



今日は久しぶりにかつての代理店時代の上司や仲間と飲んだ。

集まったのは退職以来だからほぼ10数年振り。

仕事がら、みな歳は取っても感性は達者で、
当事の連中がやれ汐留や田町や東銀座にいったとか、
独立したとかうんぬんかんぬん。

バブリ-な時世を共に謳歌した思いで話に、
時間を忘れて没頭した。

昔を知っているからこそ今いえること、
時を経た今だからいえること…。

いずれも含蓄のあるひとことひとことに、
ただただ聞き入って頷いてしまうのは、
そこに流れた時間の分だけ、重みがあるってことなんだろ。

利害も思惑もない純粋なことばは、
するすると水のように心に沁み入るもの。

ほんの刹那であっても、
私のいろいろをイメージしてくれたこと、
私がいた様を思い起こしてくれたこと、
こうあれと、こんなキミがすてきだと、
思ってくれたその気持ちに、
ありがとうと思う。

私がいないところで、
ふと私を思い出し、
私のこれからを思ってくれること。

それが例えついでであっても、
ひょんなたまたまなことであっても
やっぱり思う、ありがとうって。

そして伝えたい、ありがとうって。

当たり前だとか、
お節介なことだとか、
そう思う前に、
掛け値無しに想ってくれたことに対して、
ただ素直に感謝する…。

そういう気持ちはもっていたい。







にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中

| 私って | 01:03 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ステキな仕事 「☆★バイク★☆(29887)」

茅ヶ崎の某バイクショップへ待ちに待ったプチ出張。

社長さんへのプレと、取材と、打ち合わせ。

経営マインドに惚れて、仕事忘れちゃった。

こういう人の下で働きたいと思わせる社長さん。

遊び心とビジネスの心地よい融合は、
まさに私にとっても理想郷…。

終わってショップを延々と眺める。

数百台のバイクが並ぶ姿は圧巻。

何時間見てても飽きないんだな、これが

こんな環境で毎日仕事できたら…と、あらぬことを思う。

散々バイク見物を楽しみついでに、
グッズを見るうちウインターグローブ購入。

もぉ仕事と趣味の境界混在。



神奈川県民になってもいいなぁ…。



にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。









| バイク | 23:36 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

続・ぶつくさ 「★つ・ぶ・や・き★(1280028)」

高松出張のついでに、福岡の実家に行こうかと目論んだけど、
高松から福岡へはANAもJALも飛んでなかった。

他の手段を駅探で調べたら、
高松空港からバスに乗って在来線で岡山まで行って、
そこから新幹線で博多へ行く手と、
空路→鹿児島→福岡というダイナミックな手…。

打ち合わせが遅くまでかかった場合は、
寝台車利用で8時間…。

どちらもさして時間的には変わらないけど、
なんだか考えただけで萎えちゃった。

地図の上では近いのに…。




| どうなの? | 18:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ぶつくさ 「☆★バイク★☆(29887)」

日曜日のキック三昧のツケに見舞われている。

右ふくらはぎ筋肉痛…。

昨日よりも今日がひどいなんて、
若い筋肉が自慢^^;の私としては、
軽くショックだったりしてる。

早くスプリットファイヤーに替えないと、
不安でエンジン切れやしない。



250のスクーターから、一気に大型デビューした55歳の友人…
バイク選び全集片手に散々セレクトのお手伝いをしてあげたのに、
「CBR1000RRにした」とメールが。

候補に全く入ってなかったじゃん…。

オヤジなくせして天の邪鬼ゆえ、絶対嘘じゃないか?と思い始めてる。

買わないよ、普通。55歳で。

しかもアップハンにしたとかいうし…?

意味ないじゃん、それじゃ。

早く茅ヶ崎まで確認しにいかなくちゃ。

もう夏のにぎわいもないことだし、気持ちよくすっとばしてこようかと。
※充分気をつけながら…


で。明日は折りも折り、仕事で茅ヶ崎行き。

バイクで行きたいといったら、akiさんに却下された。

っちぇ。



にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。


| バイク | 13:24 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

パニックブレーキ 「☆★バイク★☆(29887)」

昨日は、まったくもって自分のケアレスで
危ない目に遭ったんだ。

赤信号で停車中の車列の脇、
路肩をすり抜けてたんだけど、
信号が青に変わった時、
横断歩道まではトラック一台だけだった。

いつもなら青になったら車列に戻るんだけど、
昨日は後一台だからそのまま行って前に出ようと思ったんだ。

すると対抗から右折してきた車がトラックの陰から見えて、
一気に掛けたブレーキで、リアが踊った。

まったく…。

絵に描いたような事故パターン。

路肩のすり抜けは2速以上にはしないから
スピードは出てなかったし、
車まではそれでも2メートル以上はあったけど。

初のパニックブレーキ。

エンストしなかったのは、同時にクラッチ握ったからで、
もっとスピード出てたらエンブレ利かすことできなかったってことに。

何ごともなかったけど、気持ちは思いの外凹んでて。

もらう事故なら仕方ないけど、自分じゃ絶対起こしちゃいかんと、
思って走ってるつもりなんだけど。

気をつければ防げること。

気をつけないと。

ホントに。





にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。
クリックよろしく。

| バイク | 12:12 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

プラグ交換と坦々麺 「☆★バイク★☆(29887)」

薄いアンダーシャツに重ねた革ジャンだけでは、
もう心もとない。

昨日も、そして今日も、
朝の海風を受けると寒さを感じる。

それでも陽射しは明るくて、
空気はすっきりと澄んでいて、
東京ベイエリアがくっきりと、
海の向こうに浮かんでいる。
もうじき6000

まもなく6000キロということもあって、
ナオさんのところにってイリジウムプラグに替えてもらった。

が。近くをひとまわりしようとキックしても一発でかからず。
戻ってきて帰ろうとしたら、またかかりにくく、
やっとかかって帰って来て、家のそばのパーキングで掛け直したら
とうとう掛からずに、家まで押して帰って来た。

30分程して掛けたら一発。

イリジウムはホットスタートには向かないんじゃないかな。

すぐにナオさんに電話して、
スプリットファイヤーと、念のために純正を取り直してもらった。

巷じゃSRに関してはスプリットファイヤーの方がパフォーマンスが上なんだよね。

やっぱりオーナー情報を尊重すべきだった。


ちょっぴり凹んだ気分を、
このところずっと食べたかった坦々麺で癒そうと、
船橋駅そばの上海家庭料理謝謝へ初めて行ってみた。

殺風景な店内には、やけに愛想のいい店長らしき男性が。
足を肩幅に開いてすっとテーブルの脇に立つと、
「はい、注文なにっ」といわんばかりにじっと目線を投げかける。

迷うことなく坦々麺700円をオーダー。
やがて運ばれて来たそれは、見目的にはパーフェクト。
胡麻醤とスープが分離することなく濃厚にブレンドされていてい、
ところどころにラー油の赤が散っている。
中央には小松菜が彩りを添え、よく炒められたひき肉がトッピングされている。
坦々麺

坦々麺は細麺が好きなので、やや太い感じがしたけれど、
それでもこんなにおいしい坦々麺が船橋にあったなんて。

胡麻がたっぷりと効いた濃厚なスープに麺が絡んで、
香ばしいひき肉も非常に美味。

絵に書いたような灯台元暗しだったのだ。




にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中…、下降中……


| バイク | 19:24 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本酒としっかり和食 「日本酒の良さを広めよう!(48994)」

日本酒づいてしまっていることもあって、
うちで日本酒の会開催。

一ノ関の関山、鴨川の寿満亀、広島の酔心、山形の亀治好日というラインアップ。

普段あまり日本酒を意識したあてを作らないので、
ちょっと悩みつつ試行錯誤。

この時期おいしい秋鮭は洋風仕立ての方がおいしそうだし、
茄子は旬の割に高い。
秋刀魚は食傷気味だしねぇ…。

こういう時はお店に行ってからメニューを組み立てるのが一番と、
頭の中を一旦御破算にして買い物に。

で、安かったイカとわらさを購入。
初めてイカのワタ和えに挑戦した。
烏賊の肝に味噌と醤油少々を加えて身を和えた。うまいっ!
お店で三枚に下ろしてもらったわらさは漬けに。
皮を剥いでお酒、醤油に昆布を敷いたところへ3時間ほど漬けた。
ゆず胡椒がとてもマッチ。
漬けと塩辛

おいしそうなどんこ椎茸は、
鶏ひき肉とおろした蓮を混ぜたものを乗せて醤油味で炒め煮に。
仕上げに少しバターを。
ちょっと味が薄めだったので70点の出来かな。
しいたけ

満くんが持って来てくれたまぐろと生牡蠣は
まぐろ山かけと、牡蠣ポン酢にして。

他にいかのにんにくとワタ炒め、豚バラと里芋と厚揚げの煮物、
じゃがいもとピーマンのカレー山椒炒め、
最後にノリ平が持ってきてくれた鱒寿司と。

立ちっぱなしでビール飲み飲み、
合間に朝ツー後のマチルダ磨いたり、
テーブルセッティングしたりの約3時間ちょい。

久しぶりにお料理満喫。

一度に4本とも口開けして味見したせいで、
5人もいたのに、空になったボトルはなくて。

出来上がっちゃうやつが絶対でると思ったのに、
ちょっと意外だった。

みんな大人になったわね。


| うちめし | 13:34 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エンジン下のダイニング 「☆★バイク★☆(29887)」

店の外壁に設えられたカウンターが指定席になりつつある、
新橋行きつけのお店。

そのカウンター席の後ろに停めてあるBMの車種が、最近変わった。

きれいな赤のR1100R。

カップ酒のつまみ代わりに
エンジンのでっぱりぐあいなんかをマジマジ眺めつつ、
エンジンガードついてなくて平気なのかな…?
なんて思ったりして。

ちなみに昨夜のラインアップはこちら。
最近のカップ酒のバリエーションはスゴいよね。
カップ酒

と、エンジンの下におかれたご飯に、
黒いチビ猫ちゃんがやってきた。

この店の奥さんがかわいがってるオチビさん。

タイミングを逸して、オチビさんが去った後しか撮れなかった。

ぼちぼち、暖かいエンジンの下が心地よい季節だね。
R1100R


さてと。

ガソリン満タンだし。

明日はどうしよ。

どこいこか。






にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。


| バイク | 21:48 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

なおニン的思いの外ナイスだったスポット 「★つ・ぶ・や・き★(1280028)」

では、予定通り、いってみるかな。

富津岬
展望台に登ったら、思いがけないナイスビューに出逢えた。
何年か前、潮干狩りに行ったときは気付きもしなかったのに。

山口県角島
角島大橋の美しさもさることながら、白砂のビーチといい青い海といい、
知る人ぞ知る大穴場リゾートだったのだ。

伊豆スカ 峠の茶屋
sideriverの記事をみてぜひとも行きたくなったこのお店、
お食事がおいしかったのはもちろんのこと、
なんのてらいもない古民家のお座敷で、
伊豆の山から下りてくる風にそよそよと吹かれる快感に、
どこか懐かしく癒されてしまったのだ。

長崎県五島…
行ったのはもう10年以上前だけど、
その前年に行ったプーケットより、何倍も印象的だった。
豊かな緑、古い教会、白い砂浜、青く透き通った海…。
波の音と、草木のそよぐ音しか聞こえない民宿でいただいた
透き通ったいかのお刺身とか、あらかぶの煮付けとか…、
ゆっくり流れる時間の中でいろんなことが想い出になってる。

レインボーブリッジ…
空いてる晴天時しか走ったことがないからだろうけど、
嫌いじゃないんだよね。
1号線側からアクセスするときの大きな登りループもワクワクするし、
走りながらチラチラっと見る臨海エリアの眺望もステキ。

砧公園
杉並にいる頃よくでかけたスポット。
できることなら毎年のお花見はここで開催したいくらい見事な桜がある。
なにしろ広いけど、どこか落ち着く。

犬吠埼
名前こそ全国的に有名だけど、どうなの?なんて思ってたら、
まさに水平線が丸く見える絶景だった。
白亜紀の地層が露わになった岩場では、
寄せる大波が砕け散って、東映映画のイントロさながらの迫力。

まだありそうな気がするけど、
外出のためタイムアップ。



にほんブログ村 バイクブログへ

順調に下降中…(>_<;)。

| オススメ | 13:55 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

なおニン的日本ガッカリスポット 「★つ・ぶ・や・き★(1280028)」

ランチ後から続いてた、だんだらな打ち合わせが終了。

今月の終わりに高松まで讃岐うどんを食べに行けるかどうかで(笑)、
すったもんだあーだこーだと。

結局結論は金曜までお預け…。

今回食べられなくても、その後何度も行かなくちゃなんだけど。

まぁ、それはおいといて。



楽天ブログお友達ABaoAQuさんの書き込みに触発されて、
日本がっかりスポットなおニン篇を公開。

感性がいくぶんどっちかに偏ってるなおニンの視点ゆえ、
鵜呑みにすることなく例によって大きなココロで受け止めていただきたい。


房総スカイライン…
いわゆる伊豆のようなスカイライン感が薄い。
コーナーがあるわけじゃないし、バイクじゃものたりない。
でも、土日でも非常に空いるとこはステキ。

観音崎…
ユーミンの「よそゆき顔で」で知名度高い割に、
メインになるランドマークもなく、
どこだかわからないままに通り過ぎてしまう可能性が高い。
あの寂れ果てたドライブインが観音崎の顔だとは思いたくないし。

霞ヶ浦…
曇っていたこともあったけど、インパクトなし。
ただの海だった。

筑波山山頂…
いったいどういった属性の人々がここへやってくるんだろ…?
レストハウスでところてんをいただきつつ、そんなことを思った。
味も素っ気もない売店と休憩所、ガマを祭った妙な建物があるだけ。
ただしそこに至る山道には、ワインディング初体験で挑んだだけに、
どこより度肝を抜かれた。
突き破られたカードレールが何カ所かあったし。

碓氷峠…
筑波山に行って来られたなら大丈夫だといわれて挑んだ旧道。
ざんぶりな雨のせいで終始徐行を余儀なくされ、
コーナーを楽しむ余裕ゼロ。
ちっとも楽しくなかった。
ドライな状態で再挑戦したい。

船橋大神宮…
巨大な明治神宮をもってすれば、
何をもってここが「大」を名乗るのか不明。
小さすぎ。

幕張PA…
PAだから仕方ないんだけど、メッセのイメージがあるせいか、
いつまでたってもここの貧相さが許せない。

お台場フジテレビ…
観光客が多すぎてまるで学園祭開催中の学校みたい。
建物は遠目に見た方がインパクトあり。



明日は「思いの外ナイスでした」篇をアップ(しようかな)。



にほんブログ村 バイクブログへ

賛同できるところ、あったかしらん?




| どうなの? | 16:36 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

麺屋夢幻 「今日行ったお店について(32347)」

テレビもPCもない生活に3日も浸ってると、
社会復帰に時間がかかる。

定時より30分も早い時間から始まる定例会議にやっと出たけど、
アタマ、カラダ、共にぼわーんとした案配。

キャンプ道具の手入れもそこそこに、エンジン掛けて給油して、
それなりにタフネスなまま昨日を終えることはできてたのに。

仕事が始まると疲れがでるのは、
やっぱり仕事に対するある種の拒絶反応かな。



さて。

こんなときは、キャンプモードを引きずって食レポなど。

キャンプ1日目のお昼に入った、君津のラーメンやさん。

麺屋夢幻のレアなラーメンをご紹介。

はい、これ。塩と醤油のアベックラーメン。
開店当初は「ダブルラーメン」と名乗っていたらしいけれど、
「アベックラーメン」に名称変更されていた。

麺や夢幻

食べた本人曰く、片方を食べてるともう片方が気になって、
どっちつかずなまま食べ進まないとならない感じだそうで、
しかもわざわざひとつになってしまっている器の構造上、
おどんぶりからスープを啜るわけにいかないのがツライところ。

しかもお味はいたって「普通」らしい。

ちなみに私は一日限定10食の味噌ラーメンをいただいた。

(画像はピン甘のため割愛)

熟成味噌使用をうたっているだけあって、
未だ食べたことのない深い麹の香りが鼻に抜ける。

表面がいくぶんざらついた手打ち風麺があっさりスープとからんで、
なかなか特徴的。

とてもよく煮込まれたチャーシューはやわらかくて美味。

「こくまろ」を食べたakiさんによれば、
チャーシューもさることながら、味がしっかりと沁みた煮たまごも
絶品だったとか。

ハード面での特徴を敢えて挙げるとするならば、
4台分の駐車スペースは車入れが非常に難しい。

また、仕込みの影響なのか、店内の床が異常なほどに滑りやすく、
その割に店員からはなんの言葉がけもないので、
油断すると入店一歩目ですっころぶ恐れがある。


そういえば、札幌の名店「味の時計台」が新橋にできてた。

札幌ラーメンに長いこと飢えてるなおニンだもの、
近々ぜひとも行ってみたいと思ってる。

といいつつ、
実はおいしい担々麺が、本当は一番食べたいのだけれど…。



にほんブログ村 バイクブログへ

エントリーでし。





| そとめし | 16:17 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

月光 「キャンプを楽しむ方法(14173)」

月明かりがあんなに明るいってこと、
はじめて知った。



十五夜から2日。

まだまだ真ん丸で白く光る月は、
テントの天井を煌々と照らしていて。

夜中にトイレに起きだして、テントの外に出た途端、
懐中電灯がいらないくらいの光があたり一面に溢れてることに、
ちょっと、驚いた。

満天の星だった割に、流れ星がひとつも見えなかったのは、
月が明る過ぎたせいだったのかもしれない。



今シーズン最後のキャンプ。

無事に楽しく、おいしくってありがと。




にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中

| アウトドア | 22:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

千葉の海の幸 「キャンプを楽しむ方法(14173)」

先週も行ったんだけど。

念願叶って大所帯で行ってきたわよ、鋸南のばんや

朝捕れ寿司、金目鯛の姿煮をシェアしつつ、
たっぷりのあさり汁をすすり、いかかき揚げのお裾分けを少々…。

しかし、金目鯛ってやつは煮つけてもふっくらとおいしくて、

お寿司でいただいても絶品だし。

なんてステキなオサカナ…。

揚げあなご丼やいさきの塩焼きを選んだ連中も、
大満足のひとときだったのだ。

店を出る11時半ごろにはずらっと行列が。

メニューがなくならない早い時間にさくっとくるのがここの掟だね。

海のエキスたっぷりのお風呂もついでに楽しんで、
極楽だよ、本当に。


夜は鋸南で買った渡り蟹、ホタテ、秋鮭、
鴨川の産直売り場で見付けた、
一般では流通しない「いそっぴ(ショウジンガニ)」という蟹を、
鶏肉、セロリ、大豆、にんにく、トマトといっしょにダッチで煮て、
誰もがものも言わずに黙々と食べてはお代りしてしまった
ブイヤベースを堪能。

なにしろ海の幸にどっぷり浸った1日だった。



千葉って侮れないよ。

魚介はうまいし、長狭街道はツーリングにもっていこいのワインディングだしね。

また行きたい、すぐにでも。









| アウトドア | 22:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

フォレストパーティー 「キャンプを楽しむ方法(14173)」

まったくねぇ。

先週は雨の中走ったのよねって、
行きの館山自動車道を走りながら思ったさ。

晴れ渡った空。

遠くには富士山まで見えちゃって。

こんなにクリアな空を見ながら流す高速は
ひどく久しぶりな気が。

こうして晴れキャンプが増えれば増える程、
ツーリングには晴れ女神通力が通用しないってことが
証明されてってしまうってことなのよね。



そんなわけで、どうにも腑に落ちない気分のまま目指したのは、
お初なキャンプ場フォレストパ-ティ-峰山

麓からキャンプ場まではほぼ1キロに渡って悪路の急勾配。

すれ違い不可能の一本道は鬱蒼とした山道で、
切り返しなくしては曲がり切れない箇所もある。

一旦停止したきり登らなくなるクルマあり、
クラッチ板からひどい臭いをさせながら登るクルマあり…、
マチルダ参戦を断念した自分を、この時ほど誉めてやりたいことはなかった。

でも夕方から焼いたピザは例によってナイスだし、
akiさんリクエストの常夜鍋は
小松菜と薄切り豚ばらでシンプルにおいしくいただけた。

よくいく印旗沼のキャンプ場も夕陽のメッカだけれど、
ここのキャンプ場の展望台から望む夕陽も絶景。

ケータイでここまで美しく撮れるってこともすごいけど。







| アウトドア | 21:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オツカレなあなたに…。 「★つ・ぶ・や・き★(1280028)」

いっときずいぶんとハマったVOW。
腹筋がかなり強くなった記憶が…。

最近はページをめくる手をマウスに乗せて、
サクサクみることができるわけで、
三連休にでも覗いてみては…。

休みが終わっても、
電車の中で思い出し笑いしちゃいかねないので、
そこんとこだけは要注意。

まぐまぐVOW

すでに「お気に入り」だったらすみませぬ。



My favoriteはこれかな。

海外ならどこでもよかったんじゃん

だれか読解して欲しい

ネイティブの発音聞きながら書いたか…

| オススメ | 16:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

トンネル 「☆★バイク★☆(29887)」

それまでの明るさから一転、
進行方向へパースを利かせて並んだ照明が、
ほの暗い空間の中、まだ見えない出口に向かって延びている。

スロットルを開いたまままっすぐに前方を見つめるうち、
自分の平衡感覚が狂っているような気がしてくる。

センターラインをみながら、
まっすぐ走れていることを確認したものの、
意識がどこか違う世界へトリップしていきそうな、
妙な感覚に陥る。

後方へとリズミカルに流れていく照明を写して
キラキラと輝くクロームメッキのメーター。

それ自体が発光しているかのような光を放つ文字盤は、
日の下でみるそれとはすっかり趣を変えて、ひどく美しい。

そのメーターは、体感を超えたスピードを示している。



好きなのか、嫌いなのか。

快感か、恐怖か。



まっ黒な口をあけたトンネルが近づくといつも、

うまく表現できない心持ちのまま飲み込まれていく自分を感じる。




にほんブログ村 バイクブログへ

エントリー中。
トンネル好き?

| バイク | 13:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>