FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2006-08- | ARCHIVE-SELECT | 2006-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

たまには泣きたい 「★つ・ぶ・や・き★(1280028)」

子供の頃。

風邪を引いて熱を出すと、母は不機嫌になった。

解熱剤を飲まされて、自分の部屋へと追いやられる。

食事のとき、いつものようにセッティングをしたり、
食べ終わって食器を下げようとすると、
さっさと薬を飲んで寝ていなさいといわれて。

体調が悪い時は心も弱る。
なんでもない母の言葉が、こんなときは心に刺さる。
日のあるうちから布団を被って、火照った体から汗をだす。
世の中にいらない人間のような気さえしながら。

だけど。
時々様子を見に来ては、額にそっと手のひらを当ててくれたり、
大好きな焼きプリンを作ってくれたりすると、
あっというまに涙がでる。
うまく説明のつかないその涙を、母に悟られないように慌てて拭う。

弱ってるときは、なんでもない普通のことが
よくも悪くも何倍にも増して胸に届く。

親は心配すると怒るものなのねって、
なんとなく思ってた。

そんな子供の頃の風邪っぴきな日々を思い出した…。



走るつもりで起き出して準備を終えて。
なんとはなしに汗ばむ感じに、
まさかと思って計った体温計を呆然と見つめる。
また微熱な朝。

今週は休めということらしい。

涙がでるような優しさには、ここにはないけど。

焼きプリンが食べたい。




スポンサーサイト



| 私って | 10:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |