FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2006-02- | ARCHIVE-SELECT | 2006-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

イチローの真価

サッカーがヒデなら、野球はイチロー。

どちらもストイックで孤高な印象が強くて、独特の存在感好きだったけど、あくまでもそれはスポーツ選手としてみた限りであって、本当にああいうキャラの人間がいたら、たぶんプライド高くて取っつきにくくて時にヤな感じすらするんだろうなって、そんな風に思ってた。

でもイチローが今回のWBCで見せたいろんな表情は、これまでのイメージをちょっと変えたかも。

圧倒的な存在感とずば抜けた野球センスばかりが目立っていたこれまでと違って、並々ならぬ闘争心とチームを鼓舞する統率力と、そして妙に奇をてらうこともなく心を語る素直さと。

祝勝会での本当にうれしそうなコメントを聞いてたら、迂闊にもぐっと来てしまった。

彼も大切な日本の至宝であることを、今回は日本中が実感したんじゃなかろうか。

それにしても、実家で1次リーグを見てたときは、まさか優勝するなんてこと、夢にも思ってなかった。

野球は何があるかわからないなんて解説者はよくいうけど、サッカーだろうがラグビーろうが、スポーツに大番狂わせはつきもので、そこにおもしろさがあるんだよ。

自国優勝のための目論見がすべて台無しになったアメリカに対しても、かなり小気味いい勝ちっぷり。親分でなくっても、“あっぱれっ”っていいたくなっちゃう。

最初から通してきっちり見てたらきっと滅多ない感動に浸れたんだろうなぁ。

それに比べて、ワールドカップ年の割にいまひとつ盛り上がりに欠けてるサッカーはどうなのよ。

ただでさえ勝てない勝てないっていわれてるんだから、周りから盛り上げていかないと。

ヒデが最後のW杯をどう戦うかも、とっても興味があるんだけど。



スポンサーサイト



| どうなの? | 13:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |