FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2006-02- | ARCHIVE-SELECT | 2006-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ワンボックス嫌悪症候群 「☆★バイク★☆(29887)」

毎回大なり小なりいろんなできごとが発生する私のツーリングだけど、今日は今までで一番危険かつ、恥ずかしい事件が勃発。
とっくに恥はかき捨ててるとはいえ…、ちょっと赤っ恥な感じ?

それは今日の帰り道、三宅坂のだらだら渋滞ですり抜け中のこと。
こともあろうに急に幅寄せしてきたワンボックスを避けようとしてエンスト。目が合った運転手は止りもせず行っちゃうし。
で、路肩に停めてキックしてたら恐らくはRX-7なパトカーがやってきて
「どーしましたぁー?故障ですかぁ~」とマイクで言うんだ。
「エンストでぇ~す」と、恥を忍んでそれでも大きな声でいったんだ。
そしたらこともあろうに、
「エンストですかぁー」って。
マイクでゆーなよ。
「故障車がいますのでぇ~、左車線に寄ってくださぁ~い」って、私のせいで片側通行になっちゃってんの。そこまでしてくれなくてもいいんだけど。でも十分にオイルの焼ける臭いがプンプンのマチルダ嬢はすんなりかかってくれるはずもなく、やがてはまた警察のアンちゃんがやってきて、
「あそこ行ってください。渋滞しちゃいますからね」って、自販機やらがおいてある休憩スペースを差しながらいうわけだ。
2車線とも通行止めにされたところを、マチルダを押していく私…。
なんかこぉ…、ドナドナな感じ?
切な~。

というかだ。
切ないくらいならいいんだが、意味もなく煽ったり幅寄せする輩はなんだ、あれは。
行きも右車線ががら空きなのに、左車線を80キロで走ってる私を煽るワンボックス(今日一日でワンボックスは天敵に見えるようになっちゃった)がいて、挙げ句にスレスレのところを抜き去って行ったんだ。本気で恐かった。
どうもバイクって虐げられてる気がするんだけど。悔しかったら乗ってみぃ。



スポンサーサイト



| バイク | 21:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

中央道体育会系ツーリング 「☆★バイク★☆(29887)」

予想通り、眠れなかった。
京葉道路にちゃんと乗れるか、首都高の分岐を間違えないでいけるか。
そんなことを考えながら朝になっちゃった。
当然朝ごはんもろくに食べられず、予定よりも20分ほど早い8時10分ごろ出発。
ミツルくんからいわれた「区役所の前の道」を行けども船橋インターは見えない。それもそのはずだよ、一本間違ってたもん。後から気付いたけど。
でも代わりに原木インターが見えてきて、船橋の次が原木だってことくらい知ってるのですんなり乗って…のはずが、左車線に寄ってなかったせいで入れず通り過ぎた。
あぁーと思うままずんずんバイクは走るよ、あっという間に。
すると先の方に首都高の乗り口が見えて来た。なんでもいいから高速に乗ればいいやと一瞬思ったけど、ここが今回特筆すべき今日のクレバーポイント!路肩に停めてインターネットで出力してきた高速道路のマップをみてみたんだ。
そしたらどうもこれは湾岸線の乗り口。新宿までいくにはずいぶんと大回りをすることになる。
いかーん。
Uターンしてなんとか原木から京葉へリカバリー。後は両国の混雑をすり抜け、箱崎~三宅坂~銀座って流れてあっというまに新宿へ。
約束の10時より1時間も早く到着。NSビルのタリーズで、渋滞で20分も遅刻して来たBOXERさんをうとうとしながら待つ羽目に。
早い分、空いてたと思えばまぁいいやね。

行き先を河口湖に決めて中央道まっしぐら。ほうとうをいただいたランチ以外は走りっぱなしの体育会系ツーリング。ビール工場やら競馬場やらを余裕でみながら概ね100キロ巡航。自分はさておいて、BMWの揺るぎない磐石な走りはやっぱりいいねー。途中、風が強くなってもへっちゃらだもの。私は必至でハンドルにしがみついてたけど。

しかしねー。
富士急ハイランドのジェットコースターの向こうにそびえるダイナミックな富士山は何度もみたことはあるけど、自分のバイクで走りながらの眺めは感無量。思わず歌っちゃったよ、AIKOのスター。全然関係ないけどね。『想いを胸に刻んで』ってことで。

行きの談合坂で給油して、家に帰って来たメーターはこんな具合。談合坂までが100キロ以上あったから今日は〆て300キロツーリングってことに。一日の最長走行距離記録更新。

サーキットで一度走ってみたいなぁと、今日はなぜかそんな感想。

| バイク | 20:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |