FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2006-02- | ARCHIVE-SELECT | 2006-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

そこそこハードな実家2日目 「★つ・ぶ・や・き★(1280014)」

吹く風はじっとしているとまだ冷たいけれど、たっぷりと春の香りをはらんでいる。
クルマに乗っていると強烈な日差しで汗をかきそうなぽかぽか陽気の今日は、置いてきたマチルダがちょっぴりかわいそう。こんな日に乗らずしてバイク乗りといえるのかい?くらいのお日和だった。みんな乗ってんだろーなぁ…。

そんな中、午前中はクルマで30分ほどのところにある薬王寺温泉偕楽荘へ。弱っているところがピリピリと痛くなってくるという強烈な薬草風呂に入ったら、本当にところどころにしみてきた。こんなお湯が身近にあったら風邪なんか引かないんだろうな。

それからお昼は「英ちゃん」までいく我慢が利かず「ウエスト」で博多うどん(教訓!努力を惜しんではおいしいものには出会えない!)、お茶は遊牧民でいただいて、帰省の時はほぼ必ず足を運ぶアジアン雑貨の店バグースへ。さらに近くの酒屋で粕取り焼酎と芋と黒糖を仕入れてお買い物終了。今日は東京大丸で見繕っていったチーズはじめ、チキンソテーやニョッキなどでワインをあけた。

二日目にして食べすぎ。
明日は〆鯖やアラカブの煮つけが待っているらしい。
うぅー。
大山から牛乳を取り寄せておいたよって…、私、発注した覚えないんだけどね。気持ちだけありがたくいただいておくってわけにいかないところが困っちゃうんだな。幸せなんだか辛いんだかよくわからない、いつもながらの実家ステイなのだ。

スポンサーサイト



| 未分類 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オフはトラブる

JAL人気が落ちているなんてどこのお話なんだろ。
金曜の午後便は出張帰りや単身赴任者の帰省で混雑するのか、福岡便は満席。キャンセル待ちの人たちもかなりいて、暮れの混雑さながらだった。
出発が10分も遅れて、ただでさえやんわりと感じてしまっている緊張感に拍車がかかったけれど、それでも睡眠不足のせいで離陸するかしないかのうちに寝てしまった。まぁ、いうほど緊張してないってことだね。

着いた福岡は気温6℃。
なんでさ。

夕食はエビスで乾杯の後、冷酒を母とふたりであけて。お雛様ってことで桜餅まで食べさせられ、初日から満腹の責め苦にあってしまった。
不思議とバイクの話はひとつもでず、だけど私にあてがわれた部屋には、雑誌から軒並み切り取られたバイク記事のスクラップがおかれていた。
「ほれ」と父。参考にしろと。
山村レイコものさんはじめ、「バイクの基礎知識」などもろもろ。恐れ入った。

しかしなんだ。
休みを取るとどうして仕事がトラブるんだろ。以前キャンプに行ったときも、ラフをキャンプ場まで持っていって電話でデザイナーとやり取りしたし、去年札幌に行ったときも急な仕事の話が客から入ってきてあたふたした。そして今回も、実家からクライアントに詫びを入れる羽目になっちゃった。自分の段取りが悪いわけじゃないのにな。やれやれ。なまじケータイなんかあるからいけないんだよね。すっぱりと仕事を忘れて、パーフェクトなオフにする勇気が欲しいよ。

| どうなの? | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |