FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2006-02- | ARCHIVE-SELECT | 2006-04- >>

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

梅ジャムデビュー

今週のどたばたがやっと一段落。
つっても3日しか働いてないけど。
来週はまたてんやわんやな日々か…。

なんて思ってたら、仕事で出掛けたはずの某ルーム長が、駄菓子ファンのN女史に梅ジャムを買ってきた。すかさず未体験スウィーツにトライ!
…お煎餅の甘さと相まって酸っぱいんだか甘いんだか非常に怪しい風味。どう見ても身体に悪そうな色味といい、まさに駄菓子の王道。縁日で売られている駄菓子はいっさい買ってもらえなかったので、未だに駄菓子に疎いなおニン的にはちょっとしたカルチャーショックだった。
しかしまぁ仕事中途はいえ、ティッシュの上に広げたお煎餅の図ってもの、女としてどうよって気も。不思議なカタチにちぎれたティッシュも意味不明。だからってお皿を持ってきてあげる気も利かない私。
まぁ、いいか。



さて明日は出勤になるんじゃないかと一時は冷や冷やしたけど、18度のばか陽気の中、たっぷりツーリングできそう。
でもどうなの?今どきの18度って。どのくらいの着込み方でいいのか、さっぱり案配がわからない。いくらなんでも革ジャンはまだ必須だろうし、下はGパン一枚で平気かしら?徐々に暖かくなってくれないと見当がつかないよね。
やっとタンクバッグを買ったので、高速の料金所に挑戦してみようかな。




| 未分類 | 17:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オホメのコトバ 「★つ・ぶ・や・き★(1280014)」

かなり大人になるまで、両親から誉められた記憶がない。
勉学はもちろん、社会に出てからも優秀だった両親からしてみれば、なんでもできて当たり前。勉強はもちろん、箸の上げ下げから挨拶まで厳しく育てられた。できない時は口煩いのに、できても誉めてくれない。子供心は傷付いた。自分に対する愛情にすら疑問を感じた。男女交際にも小言が多くて、恋愛がオープンにできるようになったのは、結婚が決まってからだった。
厳しく育てられたことに感謝しなければならないことも数え切れないけれど、今と同じ人たちだとは思えないほどに、若い頃の両親は厳しかった。
親の育て方は、人格を形成する。子を持つ人たちの責任は図り知れない。

「誉められて伸びるタイプ」といわれるけれど、誉められても何も感じない人っているんだろうか。
私がはじめて誉められた記憶は小学校5年生の時。このときの担任に学級委員を薦められて、人を引っ張っていく才能を引き出してもらった。遠足やなんかで撮る集合写真では、必ず担任が隣に並んでた。それまでの引っ込み思案はここらへんを境に陰を潜めることになる。
それからはいろいろな環境で仕事の上司や友人に自分では気がつかないでいた個性を誉められ、自分を知ることになる。もちろん叱咤されて凹むこともあったけど、良きにつけ悪しきにつけ客観的に意見してくれる人たちは宝ものだと思う。

そういえば、覚えている限りでは親に一番誉められたのは3年前にタバコをやめられたとき。
最近では、先日実家に帰った時、遊びにきた叔母に「この子は料理がうまいのよ」なんて言っていてちょっとびっくり。料理の先生に御墨付きをもらっちゃった。バイクに乗ってる様子を話せば「カッコい~ぃ!」というし。昔からちゃんと誉めてくれれば、もう少したおやかな私の一面も形成されたんじゃないかなぁとも思う。

今日、実はちょっと誉められた。
疲れてたけど、励みになった。
明日もがんばってみるかって気になった。
気持ちって簡単で。
ちょっとしたひとことで元気になる。
何気ないひとことで、長々と傷付くこともあるけれど。


| ココロのヒダ | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

タバコなんかナクナッテシマエ 「★つ・ぶ・や・き★(1280014)」

疲れた。
久しぶりに仕事したせいらしい。

でも疲労よりももっと辛かったのはタバコ臭さだった。
実家ステイのあいだ中、ずっとタバコとは無縁の生活。まさに純粋培養な日々だったのだ。だから未だに喫煙者が9割を占めるうちの会社で日中を過ごしたら、全身についたタバコ臭が鼻について帰るころには気持ちが悪くなった。日中でも、私が部屋にいないときは部内で平気でタバコを吸ってることに最近、気がついてしまった。喫煙者は気がつかないだろうけど、吸わない人間は、たった今までそこに煙が漂っていたことくらい、すぐに気がつくし、言葉といっしょにタバコ臭い息が口から吐き出されていることにも敏感なのに。いまどき、こんなにモラルの低い会社ってどうなんだろ。いつまで経ってもなんにもよくならないわけだ。

私が生きている間に国内全面禁煙が実施されるわけもないので、ここまで紫煙が辛くなると社会生活に支障がでるかも。ただでさえターゲットの絶対数が減ってきているパートナー選びも、喫煙者を外すことでさらに対象が減ってしまう。まぁ、タバコ臭い人とは飲みにいった時点でゴメンナサイなんだけど。

そういえば先日、好みの男性のタイプを教えておけと、とあるオジサマにいわれた。ある程度のラインを越えると、タイプに寄らず好きになる場合があるので、お言葉に甘えて考え付く限りのNGタイプを列挙してメールしたら、「痺れる!」というリプライが帰って来た。何が痺れたのかは知らないけど。
のり平曰く、そんな独身オトコがいるわけない!ってことだけど、最近までうちの会社に出入りしていたプロダクションの某ヤマちゃんは、血液型以外は私の条件をすべてクリアしてるんだそうだ。
…。
一番こだわっているのは血液型だったのよね。
だからヤマちゃんにはトキメかなかったんだな(爆!)

明日はまた寒い。
まさに三寒四温。
でももう桜のつぼみはぷっくりと膨らんでいる。
早くうららな春よ来い。

| 私って | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福岡空港おみやげリコメンド 「デリシャスなおすすめ!(6763)」

今回の帰省みやげNO.1は、明治11年創業の老舗、大分の喜楽庵「鯛みそ」。JAL機内誌SKYWARDに掲載されていたので、福岡空港で買って来たのだ。
豚肉を使った沖縄の油味噌と似た甘味のある味噌に、鯛のほぐし身と胡麻が入っている。生姜が利いていて、白いご飯にはもちろん、豆腐やお浸しにトッピングしてもとても美味。

めんたいこと鯛みそ。
白ごはんがいやでも進む帰省みやげ2大巨頭。
せっかく実家ではセーブできていた食欲が、ここにきて止まらない。

170グラムで1000円なり。
お手ごろな値段もまた罪作り。

| 未分類 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

結構タフ? 「☆★バイク★☆(29887)」

海浜幕張~東雲~新橋~一之江(道を間違って迷走)~市川~船橋競馬場付近~船橋。あっちこっち無駄に走ったせいで100キロ越える立派なソロツーになっちゃった感じの今日の顛末。

帰省疲れがあったので海浜幕張往復だけのつもりが、モンベルでお買い物をしたことではずみがついちゃって結局ライコへ。
ここでもまだ帰る気にならず、晴海通りから新橋へ。こっそり帰るつもりが数人の社員に目撃される。来た道を帰るつもりが、昭和通りのアンダーパス車線から抜けだせないまま永代橋通りへ入り、見知らぬ道を走るうち行ったこともない一之江へ…。…???
右も左もわからずakiさんに電話。
とにかく海の方へ行けといわれてなんとかリカバリー。
地図もって走らないとあかんなぁ…。

休みの間、任せてきた仕事がてんやわんやの大騒ぎになっているらしい。一部ラフ提が全ボツで戻されたとかいう話しも。

明日の出社を思うと目眩がする。
早く寝よ。

| バイク | 18:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ストッキングははいて欲しい 「それってどうなの?(251)」

実家に帰ってたばっかりに見る羽目になったワールドベースボールクラシック。本来プロ野球なんか微塵も興味がないんだけど、父親がそこそこ興味もってチャンネルを合わせちゃうもんだから、ついついみちゃう。
ついつい観ちゃうと、もともとがスポーツ好きな私だもの、イチロー以外観るのも聞くのも初めての選手なんだけど、川崎なんてゆーカワイくて真摯な選手なんかはついつい応援しちゃったりするのだ。

ところで最近の野球のユニフォームのパンツって、なんだか様変わりしててヘンじゃない?
ストッキング履かずに、なにげにベルボトム風な感じに着てしまわれていて、ややデブが入ってるピッチャーなんかだと、部屋着じゃん?みたいないでたちになっちゃってる。
ちっとも闘争心が香ってこない緩いリラックス着みたいな、そんな感じ。
いいのか?それで。
まぁ、戦ってる連中がそれが楽なら仕方ないけど、観ているほうにとってはどうもだらしなく見えてしまう。ただでさえ体系的に緊張感のなさを実感せざるを得ない野球選手においては、非常に見苦しい。

まぁもうそんなに観るこもないと思うからいいっちゃ、いいんだけど。

それにしてもサッカー然り、野球も負けてしまったじゃないの、韓国に。
イチローの不調も非常に残念。

願ってもないサッカー日和に走れないフラストレーションも手伝ってか、今日はなんだかイライラ続き。ってわけでもないんだけど、白ワインと白鹿をそれぞれ一本母と空けてしまった。
暖かな福岡の夜は更けていく。
ホントは中洲で飲みたかっちゃん。誰か相手ばしてくれんねってところかな。

| どうなの? | 22:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そこそこハードな実家2日目 「★つ・ぶ・や・き★(1280014)」

吹く風はじっとしているとまだ冷たいけれど、たっぷりと春の香りをはらんでいる。
クルマに乗っていると強烈な日差しで汗をかきそうなぽかぽか陽気の今日は、置いてきたマチルダがちょっぴりかわいそう。こんな日に乗らずしてバイク乗りといえるのかい?くらいのお日和だった。みんな乗ってんだろーなぁ…。

そんな中、午前中はクルマで30分ほどのところにある薬王寺温泉偕楽荘へ。弱っているところがピリピリと痛くなってくるという強烈な薬草風呂に入ったら、本当にところどころにしみてきた。こんなお湯が身近にあったら風邪なんか引かないんだろうな。

それからお昼は「英ちゃん」までいく我慢が利かず「ウエスト」で博多うどん(教訓!努力を惜しんではおいしいものには出会えない!)、お茶は遊牧民でいただいて、帰省の時はほぼ必ず足を運ぶアジアン雑貨の店バグースへ。さらに近くの酒屋で粕取り焼酎と芋と黒糖を仕入れてお買い物終了。今日は東京大丸で見繕っていったチーズはじめ、チキンソテーやニョッキなどでワインをあけた。

二日目にして食べすぎ。
明日は〆鯖やアラカブの煮つけが待っているらしい。
うぅー。
大山から牛乳を取り寄せておいたよって…、私、発注した覚えないんだけどね。気持ちだけありがたくいただいておくってわけにいかないところが困っちゃうんだな。幸せなんだか辛いんだかよくわからない、いつもながらの実家ステイなのだ。

| 未分類 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オフはトラブる

JAL人気が落ちているなんてどこのお話なんだろ。
金曜の午後便は出張帰りや単身赴任者の帰省で混雑するのか、福岡便は満席。キャンセル待ちの人たちもかなりいて、暮れの混雑さながらだった。
出発が10分も遅れて、ただでさえやんわりと感じてしまっている緊張感に拍車がかかったけれど、それでも睡眠不足のせいで離陸するかしないかのうちに寝てしまった。まぁ、いうほど緊張してないってことだね。

着いた福岡は気温6℃。
なんでさ。

夕食はエビスで乾杯の後、冷酒を母とふたりであけて。お雛様ってことで桜餅まで食べさせられ、初日から満腹の責め苦にあってしまった。
不思議とバイクの話はひとつもでず、だけど私にあてがわれた部屋には、雑誌から軒並み切り取られたバイク記事のスクラップがおかれていた。
「ほれ」と父。参考にしろと。
山村レイコものさんはじめ、「バイクの基礎知識」などもろもろ。恐れ入った。

しかしなんだ。
休みを取るとどうして仕事がトラブるんだろ。以前キャンプに行ったときも、ラフをキャンプ場まで持っていって電話でデザイナーとやり取りしたし、去年札幌に行ったときも急な仕事の話が客から入ってきてあたふたした。そして今回も、実家からクライアントに詫びを入れる羽目になっちゃった。自分の段取りが悪いわけじゃないのにな。やれやれ。なまじケータイなんかあるからいけないんだよね。すっぱりと仕事を忘れて、パーフェクトなオフにする勇気が欲しいよ。

| どうなの? | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

命がけの帰省 「★つ・ぶ・や・き★(1280014)」

明日からの帰省、エアーはJALだ。
昔のステイタスは今いずこ…。最近は、なんでJALなの?といわれるようになってきた。
今回はクラスJも取れなかったし(思いの外空いていない)、あえてJALにする必要もなかったんだけど、恐いモノみたさに似た無駄なチャレンジ精神のなせる技とでもいうのかな、ノリでJALにしてしまった。
でも、最近の体制刷新のすったもんだ。なんだか今頃になってちょっとナーバスになってきた。よくわからないけど。

一歩間違えれば命を落とす可能性がある状況に身を置くとき、それでも冷静を保っていられるのは「自分だけは大丈夫」という根拠のない自信があるからこそ。飛行機に乗るたびに遺書を書いたり身辺をきれいにしたりしないのは、落ちるなんてこと、思ってないからだ。
でもきっとその自信が薄れた途端に、猛烈に恐怖を感じるんじゃないだろうか。
この期に及んでもなお、私が飛行機事故で死ぬなんて事絶対ないと思ってるけど、でも機体トラブルやなんかで遅延したり引き返したり、なんてことがあったら、それこそ周囲にいわれそうだ。
「JALなんかに乗るからだよ」って。
それがヤなんだな、きっと。今の私は。

なにごとも、やってみて痛い思いをしないとわからない子だと子供のころからいわれた私。石橋を叩きすぎて結局は渡れなくしてしまう質の父の子とは思えないと、よく母にいわれた。
それでもさしたるケガも不幸もなくここまで来てるのだ。きっと今度のフライトも安全運行さ。…。


| どうなの? | 13:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ライコの誘惑 「☆★バイク★☆(29887)」

残業でぐったりして帰ったら、ライコランドからセールのお知らせハガキが届いてた。
千葉店はこの土曜から「リニューアルセール」!!
しかもなぜか併せて「SR祭り!」開催!!SRパーツ大集合だって、マズい感じだなぁ。
ちょっと傷がついてるウインカーなんか、買っちゃいそうだし。
さらに心惹かれるのが「ツーリングバッグ ~70%OFF!」
ぼちぼちまともな日帰りツーリングに行く気になってるなおニン的には、垂涎もの。雨用グッズも55%OFF!
いかーん。
エキパイの焦げ付き落としにバツ群との評価が高い「花さかG」もお安くなってる。まぁ、エキパイの汚れに関してはもう恐いものなしだけど(爆)。
そんなこんなあれこれを考えるうち、一気に疲労が飛んだりして。
呆れるくらい簡単な自分は情けないけど、嫌いじゃない。

昨日、ボスニア戦が残業で観られないとブ-たれたのを聞いていてくれた会社の男子が撮って持ってきてくれたビデオを見い見い、これも私にとっちゃ脳みそクールダウンテクのひとつ。
明後日は、ビール一杯で寝てしまう父をよそに、手ぐすね引いて待っててくれる母との酒盛りだ。お魚たくさん食べてこよ。
いつも休みをとるときは決まって仕事がバタバタなのが不思議で仕方ないんだけど。

| バイク | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |