FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-12- | ARCHIVE-SELECT | 2006-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

愛のない年賀状 「★つ・ぶ・や・き★(1280012)」

方々からいただいた年賀状を見ていて気が付いた。
80%近くの人たちが、宛名書きが直筆ではなく印刷だった。ちょっとびっくり。私はいままで宛名書きソフトの類いを使ったことがないし、持ってない。年賀状ホルダーを出してきては、前年の年賀状を見ながら一枚ずつ宛名書きしている。郵便番号を機械で読み取る場合は、プリンタ出力されているほうがいいに決まってるんだけど。裏面ばかりに気を取られていたけれど、表書きについてはえらく遅れを取っている。この置いていかれようにちょっと固まった。

でもそれに気付いて一枚ずつをまじまじ眺めていると、それぞれにいろんなことを感じ入る。表書きは印刷。裏面も画像とコピーが印刷されていてなんの言葉も添えられていなかったりすると、プリンタで表裏の出力をしただけの年賀はがきをポストに入れただけってこと?愛がないよ、愛が。
そこからは、相手を思う気持ちや暖かさなんてものは当然ながら伝わってこないし、わざわざ出すならせめて一言くらい言葉を添えてくれればいいのにと思ってしまう。もっといってしまえば、かたちだけの年賀状なら無理に出す必要ないんじゃないかとさえ思う。
メール年賀状で済ませる人が年々多くなる時代、忙しい暮れの最中にデザインやコピーを考えて年にたったの一度送る年賀状だもの、なんらかの思いが伝わるものであって欲しいと思うのだ。


click please!

人気blogランキング
スポンサーサイト



| どうなの? | 15:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |