FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-10- | ARCHIVE-SELECT | 2005-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

イナダVSなおニン 「今日は何処へ行きましたか?(33608)」

勝浦の朝市は日本三大朝市のひとつらしい。本当か否かは定かじゃないけれど、いうほど規模は大きくない。大きくないが、目と鼻の先が漁港とあって、海鮮ものが安い。農産物も新鮮。
そぞろ歩きしながら、ずいぶんとお買得な落花生と、窯あげしらすのふりかけ、イナダ一尾を買って帰ってきた。イナダは3尾1000円を分け合ったので、一尾330円。こんなに大きな魚を捌くのは初めて。出刃は以前捨ててしまって買っていないので、辛いところはキッチンばさみに頼る。頭を落とすのは、カボチャを切るときよりは大変じゃないが、もっと上手に皮をはげないものかなぁ…。料理は決して下手じゃないつもりなのに、魚を捌くときだけは、かなり情けない状況に陥る。それでも一応お刺身らしい見目になったところで、3切れほどワサビでいただく。ゴリゴリとした歯ごたえに、たまらず純米酒をぐびりとやる。残りは昆布を敷いた上に並べて漬けに、骨まわりは塩焼きにしてみた。こんなにおいしいものをひとりでいただくなんてね。贅沢ってよりも、哀しいよ。

1週間以上カバーをかけっぱなしにするのはかわいそうなので、帰宅後荷物を片付けてから、マチルダとデート。渋滞している夕暮れ時の船橋じゃ、そうそう気持ちよく走れないので、15分程度で帰宅。
今週末は雨だしぐっと冷え込みそう。そろそろ本当に走るのが辛くなってきそう。
気が付いたら、師走がもうそこまで来ている。


マチルダは冬眠せざるを得ないのかしらー?

人気blogランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 18:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

勝浦ログハウスステイ 「今日は何処へ行きましたか?(33608)」

なんて気持ちのいいツーリング日和。
こんなことならバイクで来たかった…と、思わず天を仰いだ勝浦ログハウスステイの週末。ブロロローッとツアラーに抜かされるたびにただただうらやましさがつのる。ただ、途中の勾配のあるワインディングでは、さすがにちょっと不安が。来てたらヤバかったかも…。ちょっと無理じゃないか?という先輩たちの経験値に狂いはなかったらしい。
高速を走るライダーはかなり高い確率で女性でもライダースーツあるいは
パット入りのレザーパンツを履いている。それなりの準備をしなくちゃそうそう気軽に走っちゃいかんのだ。暖かくなってからぼちぼちやるさ。

目的地、勝浦の海を見下ろす高台にあるキャプテンズテーブルは、センターハウスを中心に2人用、6人用、10人用のログハウスを内包。いかにも手作り風の2階建てログハウスは、玄関先のデッキでBBQを楽しめる。海岸で粘った釣りではあまり成果が上がらなかったので、さざえ、はまぐりなどを鮮魚やで仕入れ、肉厚椎茸やししとう、フルーツトマトなどを炭焼きしつつ、ここでももつのトマト煮込みを作った。もちろん大好評。やっぱりどうあってもあれはおいしくできてしまう煮込みらしい。

寒さを少し我慢して眺めた夜空には、天体本にでてくるような満天の星が。目が慣れてくるとその数がどんどんと増していく。私達はこんなにも美しい夜空の下で、毎夜飲み、食べ、語り、想い、眠っているんだ。日頃実感できないことがやけに悲しく思えてしまう。

ところで、焼酎のお湯割りをつくる時は、まず熱いお湯をグラスに注いでから焼酎を注ぐのがいいらしい。焼酎にお湯を注いだものと飲み比べてみたら、まろやかさがまったく違うことを発見。後から焼酎を入れることで、濃くなりすぎないのもよろしい。日々之発見。

| オススメ | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |