FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-10- | ARCHIVE-SELECT | 2005-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

新規発見!ヒトイキの入れ方 「★つ・ぶ・や・き★(1280008)」

今日はあまりに頭が疲れてしまって、近くのカフェにコーヒーを買いに出かけた。
そのまま戻るのがいやで、買ったばかりの温かなカプチーノ片手に隣の公園のベンチに腰掛ける。暮れかけた空やセピアになりかけた木の葉を眺めながら外気を吸い込むうちに、徐々に気持ちが落ち着く。
タバコを吸わない私には、いわゆる‘一服’の機会がない。トイレに行く時と、コピーやファックスを使う時以外は、下手をすると一日中自席で過ごしてしまう。忙しいとベランダにケータイしにいくこともない。心と身体に非常によくない。集中力が続くのは2時間が限度といわれる中、私はいったい何時間モニターとにらめっこしているんだろ。効率が上がるはずがない。
そんなことをつらつら考えるうち、いっそ外にでてやれと思ったのだ。ケータイも置いたまま、お財布だけを握りしめ外へでる。オフィスの隣に公園があるなんて、考えてみれば素敵なこと。今年の春先は公園で打ち合わせしたこともあったっけな。都内の中の知る人ぞ知る程度の小さな公園だけど、桜が咲くし、花水木もある。ネコがのっそりいたりするし、犬も散歩にくる。空き缶収集のおじさんの基地にもなってるけど、公衆トイレはかなりきれいで、タクシードライバーの憩いの場?だったりもする。
電磁波からのしばしの解放…。締め付けられていた脳が解き放たれた思いがする。

昼間、デザイナーが選んでいた殻付き牡蠣のポジの画像が頭から離れない。
牡蠣、食べたいなー。
牡蠣フライ?タルタルソースにちょっとレモン振ってね。
牡蠣のクリームシチュー…、最高!
牡蠣のバルサミコソテー…、ノヴェーロとベストマッチ!
チーズ乗せてパン粉振って焼いちまうかな…、シャブリ相手に。
絞ったレモンと塩気だけでいただくなら、辛口の純米酒か。
牡蠣めし…、厚岸の牡蠣めしがいーなーぁ。
完全なる欲求不満モード。ってかまず食欲に傾倒しちゃうところが情けないけど。
できぬ忍耐、するが忍耐。
うー。
ファイトーぉー、いっぱぁーつ。

バイク、まだかなー。

待ち遠しくて、キリンになっちゃうよ。

スポンサーサイト



| ココロのヒダ | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

なきべそな七五三 「★つ・ぶ・や・き★(1280008)」

その昔は11月15日に子供の無病息災を願って行われていた七五三。でも百貨店あたりではまだまだ暑さが残る時期から、やれ貸衣装だ撮影予約だと銘打ったコーナーが特設されているのを毎年目にする。呑気な親の元に生まれた子供は、まともに祝ってもらえないことになるってことか。やな時代だ。
古いアルバムに残っている七五三の私は、あでやかな着物を纏い、猫っ毛をアップにしてお飾りまでつけてもらっている割にはうるうるの半べそでぽつりと立っている。千歳飴の長い袋をしっかりと握りしめた手に緊張感が滲んでいる。小さい頃はまるで別人のように恥ずかしがり屋で人見知りの小心者だったのだ。高い撮影料を払ってスタジオ撮りしてもらったのに申し訳ない。でもそうなることが明らかに想像できたにもかかわらず、記録を残してくれた両親にはひたすら感謝。
次に家族が揃う機会には、久しぶりに集合写真を撮らなくちゃ。昔は毎年撮ってたのに、私か弟のどちらかしか帰省できないことが増えるうち、撮らなくなってしまってるし。


CLICKよろしゅう。

人気blogランキング

| 未分類 | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

病と趣味と 「★つ・ぶ・や・き★(1280008)」

元ボスが十二指腸潰瘍で倒れたり、外注先のデザイナーさんがメニエール病で寝込んだりと、なにしろこのところ周囲に病人続出。いずれも仕事に追われるあまり、休養がままならない状況下の人たちばかり。1、2週間やそこら残業が続いている私なんかがぶーたれるのがおこがましいほど、桁違いのオーバーワークを強いられている人は多い。
しかもこういうストレスを抱えた人たちに限って、お酒とたばこの量が尋常じゃなかったりする。わざわざ不健康な生活を助長して病気を呼び込んでいる。
さらにこの手の人たちは無趣味だったりする。忙しい合間の貴重なオフを使って気分転換する術を持ってない。日頃の睡眠不足の解消がせいぜいで、仕事のことをすっぱり頭から払拭して没頭できる何かを持ち合わせていない人が多くないか。

仕事人間だった父が今でも無趣味なのは、仕事以外のことに気持ちを向ける余裕がなかったからなんだと思う。気持ちが豊かになったり、人との付き合いが広がったり、夢が膨らんだり。趣味を持つことって案外奥深くて、健康に生きることにおいて実は思いのほか重要なことだったりするんじゃないかと思った。特に歳を重ねていけばなおのこと。

かくいう私もこのところ仕事にすっかり支配されて、デスクの目の前に貼ったSRの写真を眺める時間が減っている。減ってはいるけど、一旦眺めはじめるとまじまじと何分でも見入ってしまう。この意識のひと休みがよかったりしてるのかな、私の場合は。

| 未分類 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |