FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-09- | ARCHIVE-SELECT | 2005-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

時間が解決するってこと? 「二輪免許取得計画(798)」

危険予測のシミュレーションとディスカッションの後、検定を見学したりしながら2時間時間を潰して実技教習。今日は見きわめ前の回避判断と回避措置。時速30キロの状態で、教官が振る旗の色によって右左、あるいは急制動を瞬時に判断して行動に移すもの。これは別段苦もなくクリア。続いてはクランクとS字をそれぞれローギアとセカンドとで走りくらべるという。ドキッ。クランクだってよ。この後に及んでまだできないのかといわれちゃいそう…。
でも2速で入ったクランクはうそみたいに楽勝。スルスルっと、まさにちょい狭いS字の感覚で2回続けてクリアできてしまった。続いてローギアで。半クラッチで進入したけど2速で通ったと同じコース取りでいつもよりも楽にいけた。当然目線もあがる。なんだったんだ、いままでのてんてこ舞いは。これまでの間に試しにセカンドで走らせてくれれば恐怖心も生まれずにすんだかも?教習所は落ちこぼれケアの術をもっと工夫すべきでは?
でも、昨日モーターショーで何台ものバイクに跨がったせいでもないだろうけど、ここへきてなんだかいわゆる‘慣れ’って感じが生まれてきた気がする。走りながらギアが抜けても焦ることもなくなったし、ウインカー消し忘れもほとんどなくなった。それなりの時間が経ったってことなんだろ。

ところで今日のシミュレーター教習は若い男の子とふたりだったんだけど、チラっとみた彼の原簿には「昭和58年生」の文字が。半分かい。
休み時間に話し掛けると、無免でかなり乗ってたお陰でここまでストレートらしく、そのせいでコースをすぐに忘れてしまうそうな。だろうね。嫌というほど乗ってる私は完璧に覚えてるけどさ。でもうらやましいな。私の歳になるまで後22年も乗っていられるんだもん。私はあとせいぜい10年ってところかなぁ。

まぁそんなわけでクランクの呪縛から解き放たれた気になって、レッドバロンで見積もりを作ってもらってきた。定価を10%引いてくれたものの盗難保険、自賠責、任意保険、オイルリザーブなんちゃら等々、なんだかんだで56万ちょい…。たかっ。




click please!

人気blogランキング
スポンサーサイト



| バイク | 08:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |