FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-08- | ARCHIVE-SELECT | 2005-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

覚悟しぃや 「★つ・ぶ・や・き★(1280006)」

今日でこのサイトを立ち上げて4年が経った。継続は力なりというし、よく毎日続くよねって、感心とも呆れともつかない言葉をもらうけど、その実、どうなの。何かしらのプラスになってるんだろうか。そもそもがここから何かを生み出そうとか、アフェリエイトで小遣い稼ぎしようなんてことも思ってなくて、例によってノリで始めたものがこうして続けられていることにおいてはいいこと。ひょっとするともしかして、日々自分の中のハリのようなものになっているような気はしなくはない。もともと書くことが好きだから苦もなく続いてしまったってだけで、そこに忍耐とか努力とか義務感なんてものはこれっぽっちもない。きっとあったら続いてない。
でも以前に比べて最近は書き込みがめっきり減。つまらんのか!?皆の衆。それともネタにもっときわどさとか刺激が必要?考えてみればずいぶんと自分の恥を曝してきたけど、もうすっかり最近はオタンチンな言動も減ってきたし淡々と生きてしまってる。ネタにパワーがないのかも。であれば、だ。周囲を実名でガンガン論って激論バトルの火種を作ろうかしらん。距離感でいえば2メートルと離れてないakiさんが一番頻繁にネタになるのは明らかで、反論しないことには恥ずかしくて飲んだくれとは会えなくなるだろうし。毎日何かしら笑わせてくれるakiさんは、あの歳ですでにプチどころじゃないアルツなニュアンスが漂っているから、ネタは毎日掃いて捨てても余りある。
ってことでさっそくですまんがakiさんのおはなし。
akiさんの席の横にはスタッフ共有のスキャナーが置かれている。時折デザイナーがやって来ては作業をしていくのだが。先日の朝、出社したakiさんがB4サイズのボードを持って「これ回覧ボード?」という。確かに小型のホワイトボードに見えなくもない。「でも、なんで急にそんなものがおいてあるの?」。「机の上に置いてあんだよ。どんなペンでもかけるのかな」と、ボードにシュルシュルっとペンを走らせる。誰が何のためにakiさんのデスクに置いたのかが釈然としない私は「…。なんだろね」と。次にデザイナーチームへとボードを持っていったakiさんを待っていたのは、デザイナーA氏の嘆き声。「これはポジをスキンするときのカバーですってばー」って。前日、スキャナーを使ったデザイナーがakiさんのデスクの上に置いたまま帰ってしまったらしい。
どうだろう。スキャナーの部品と気付かないakiさんは正常か、それともアウトか。ご丁寧にサインペンで書いてみちゃったりしてるから。もう私のことを「思いこみが強い」とはいわせないよ。

さぁ!自分は大丈夫だなんて思ってるあなたも、忍者屋敷で時の人に!(意味不明)


切り捨て御免。でもクリックお忘れなくなく。

人気blogランキング
スポンサーサイト



| どうなの? | 13:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |