FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-08- | ARCHIVE-SELECT | 2005-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

なにもしない日の料理三昧 「今夜のばんごはん(250356)」

寝不足のはずなのに悲しいかな7時前に目が覚める。なんだってこんなにテンションが高いんだろう。それでも午前中は家事に没頭。扇風機を収納して夏掛けを洗って、もう夏ともお別れ。まずはさみしくなっている冷蔵庫の中身を補充すべく1回めのお買い物へ。78円になってた秋刀魚は気分で2尾買ってしまう。つくり置きお惣菜用にモツも購入。取って返してさっそく料理。秋刀魚は写真のごとく梅煮に。まだ口の先が黄色い秋刀魚は煮過ぎないところで火を止めて自然に冷ます。モツも圧力なべで一度煮て、にんにくとオリーブオイルでセロリやズッキーニやトマトなどの野菜達が炒まったところで投入してブイヨンを加えて再度煮込む。これも火を止めてから放置してまた外出。本屋へ行ってバイク関連雑誌を読みあさる。バイクコーナーで本を読んでいる人たちは、側に立つとさっとスペースを空けてくれる。コンビニで週刊マンガ本を立ち読みしているおバカとは程度が違う。昨日も先週末も今日もそうだった。スリッパ履きの原チャリ乗りや、ランニングに短パンのスタイルのビッグスクーター野郎は論外だけど、きちんとバイクに乗っている人たちはみないい人に思えてくる。教習の待ち時間に話し掛けてくる男性もみないい人に思えるし(なぜか教官にはそんな想いは抱けないけど)、とうとうバイクってものに洗脳されはじめたらしい。いよいよクレイジーの域に達してるのかもしれない。お仕事用のブーツより、ライディング用のブーツが気になるんだから。恋愛以外でこれだけ高いモチベーションをキープできるってことも、なかなかいいじゃないか、…とは想いつつ、B型のお約束、熱しやすくて醒めやすい自分のこの先が気にならなくもないんだが。まぁそんな心配はまだまだ先のこと。気にしたって後の祭りだ。

さて。二度目の買い物から帰ったら、秋刀魚もモツもえらいいい感じに味が馴染んでいて。秋刀魚は芋を相手にほわほわの身を味わい、モツも味見程度に、こちらは赤ワインを合わせてみる。秋刀魚といっしょに煮た昆布は先日の札幌ツアーで仕入れてきた早煮え昆布。軽く戻してさっと煮ただけなのに、いい塩梅に柔らかく味が滲みている。生協で仕入れた生落花生もいい茹で加減。これも札幌で買ってきたタコの薫製は雑穀といっしょに炊き込み飯にしてしまう。
…至福。ふん。ひとりで食べてやる。
それでも、うまい。


ひとりでもうまいってことは本当にうまいってこと。click please!

人気blogランキング
スポンサーサイト



| うちめし | 18:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |