FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-07- | ARCHIVE-SELECT | 2005-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

私は何者? 「それってどうなの?(251)」

昨日は2時間ほどの買い物の間に、
いろいろな呼び方をされてしまった。
どれもしっくりこないものばかりで、自分の見られ方を考えてしまった。

まずは津田沼パルコのとあるお店。
迷彩パンツを物色中の私に声をかけてきた若い店員さん。
丈の長さで迷っている私に
「おねえさんくらいの身長があればぁ~…」って。
馴染みの店じゃあるまいし、客に対してこういう口を聞くのはいかがな
ものか。
アンタはアタシの妹分か?
しかも私は言われる程デカかない。
それ系(どれ系?)の店に入ってしまった私が悪いのか。

次はヨーカドーの鮮魚売り場。
ひとりでいただくにはちょっと大き過ぎやしないか?と思いながら、
しばし悩んでしまったマグロのカマのケース前。
ちっとも減らない泡盛をクイっとやるにはいいあて。
お値段も驚くなかれ、びっくりの一切れ100円。
食べきれなかったとしてもこれなら損はないかも…。
ようやく心を決めてトングで掴みビニール袋にいれてカートへ。
すると鮮魚売り場のにーさんが私を呼ぶ。
「オネーサン、オネーサン。このシール貼って」
みれば100円と書かれたバーコードシール。
これを自分で貼らなきゃいけなかったらしい。
さっきのギャル系店員の「おねえさん」とは明らかにニュアンスは違うけど、
しかし漁港の市場じゃないんだから、オネーサンはどうなのよ。
どいつもこいつも「お客さん」っていえないわけ?

そして最後はヨーカドーのレジにて。
レジでクーポンを探そうと、財布のポケットをフルオープンにしてしまっていた私。
精算が終わって、嘘みたいに恐ろしく重いカゴをサッカー台へ移動しようとした瞬間、
空いてしまっていた財布のポケットから大量のポイントカードの類いを
バラバラとレジ前にまき散らしてしまった。
しかも自分で気が付いていない。

「奥さん!奥さん!落ちてるわよっ!」
奥さんじゃないから当然振り向かない。
サッカー台にカゴを置いてなに気に振り向くと、
レジの兄さんがでんぐり返ししそうな格好で
私がレジ前にばらまいたカードを拾ってくれている。
へっ?!あたしのことぉ?
そうして私の後ろに並んでいた初老の婦人がそれでも「奥さ~ん!」を連呼している。
わかりましたっつぅの。ソプラノ系の声が大きいのなんのって。
何ごとかとレジ周りのみなさんの視線集中。
10年以上も前に奥さんを辞めてしまっているのに
奥さんと呼ばれちゃう今は奥さんじゃない私は、
カードを拾ってくれた店員さんにさらに深々お礼。
目深にかぶった帽子のつばをさらに下げて、黙々と荷物を片づけた。

なんでしょう、こういう呼ばれ方って。
前出2つめまでは「お客さん」であるべきでしょう。
今の時代、40過ぎの女がみんな旦那持ちだとは限らないとはいえ、
最後の御夫人の「奥さん」を責めたって仕方ない。
こういうプチな心のささくれにも折り合いをつけて行かねばならない今日この頃だ。
しかし逆に私がそのご婦人を呼ばねばならなかったとき、
なんと声をかけるだろう。
「そこのご夫人!」明治か大正の香りがするな。
「おばさん!」私が若くないだけに、ムッとされるんだろうな。
「おばさま!」知り合いか?学習院じゃあるまいし。
「もしもし!」最悪はあり得なくもないかもしれないけど、変な人だな、私。
でもやっぱり咄嗟に「奥さん!」だよ。
「お嬢さん!」に耐えられるのは私くらいまでだし。
飲み屋のままじゃあるまいし、まさか「お母さん」じゃまずいし。
あたしは子供なんか産んでやしませんっ!なんて叱られたりして。
生き方が多様化している分だけ、呼称にもバリエーションが必要な時代になってきた。
英語だと楽なのに。日本語ってほんと、厄介。

ちなみに懸念したマグロのカマはペロっと完食。
暑くてもまだまだ食欲は落ちてない。


8月も元気だしていきましょ。ランキングアップにクリックを!

人気blogランキング

スポンサーサイト



| 未分類 | 10:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |