なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-07- | ARCHIVE-SELECT | 2005-09- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

喧嘩上等 「★つ・ぶ・や・き★(1280005)」

仕事でキレた。
何度も修正を重ねて出した提案を眺めながら、その本質ではなく上っ面のニュアンスだけで善し悪しを判断するクライアントに対して、腸が煮えくり返った。袈裟がけにしたいところを一瞬目を閉じて大きく息をいながらでかかった言葉を飲み込み、自分ではこれ以上は金をもらってもできないというくらいにやんわりと適切な言葉を選びなおしてやっと吐いた。
「最初は日本語がうまく伝わらないと思いますが。すみません」
私の顔色を伺ったのか最後にフォローにもならないエクスキューズを口にするクライアント。感情が如実に顔に出るなおニンの正面に座ってたしね、さすがにビビったか。同じ人間とは思えない感性だもの。自分でいわなくたってあんたは宇宙人以下だ。
客先を出て社に戻る道すがら、同行したK氏とクライアントバッシングに花咲かせ、オフィスに着いてからはakiさんに愚痴る。よくやったと誉められ、やっとクールダウン。鼻息おさまる。勢いで無性に飲みたくなったけど、風邪の治りかけゆえ自粛する。久々大人な判断ができた。

悔しいことや悲しいことは人に話すことで辛さが半減する。楽しいことやうれしいことは倍になる。人はひとりじゃないほうがいい。日々の何気ないことを心置きなく話せる相手が傍らにいるほうがいい。「またかよ」なり「ほぉ」なり「よかったじゃん」なんていわれながら自分の言動を話しつつ、再度納得したり、逆に反省してみたり、そういうことをくり返すうちに引き出しが増え、人としての厚みが増す感じがいい。私にとって、パートナーに求める究極の理想だといっても過言じゃないかもしれない。
が。この、まさにこういう日常のこの「感じ」を実現できる環境は、実はめちゃめちゃ得難い。軽い正義感と想像力と柔軟性と忍耐力と私への愛情と私って人間に対する理解力を持ち合わせている相手じゃなきゃこの「感じ」は生まれない。厄介。至難。



怒るで、ホンマ。

人気blogランキング

| どうなの? | 23:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夏の終わり 「★つ・ぶ・や・き★(1280005)」

見上げた空や朝の風に、すこしずつ秋の気配を感じる季節になってきた。昨日今日と朝の車内や駅の中でやけに旅行客が目に付く。もう夏休みも終わろうとしている。
結局海にもキャンプにも阿蘇にも行けなかったこの夏。ただ淡々と過ぎていった感がある。でも暑いさなかも休みを取らずに働いた割には、去年ほどの酷暑を感じなかったような気も。熱帯夜も去年より短かったような気がするのはアイスノンの活躍のせいだけではないような。今年の暑さはやや優しかったんじゃ…?
振り返れば夏の初めにはもしや緑内障?なんて心配事が勃発。気の弱りのせいか生まれて初めての食中りを起こしたり、扁桃腺炎に罹ったり。体質上、生活紫外線だけでバカンス焼けが可能ゆえ、傍目には大いに夏を満喫したように見えて、その実パワーに欠ける夏だったと言わざるを得ない。ただ、ビールだけはよく飲んだかな。
だからなおさら、秋へ向けてモチベーションをあげていかねば。なんてったって今週末は自動車学校へ申込みにいくんだし。真冬になる前になんとかライダーにならなくちゃ。そうして来年の夏は暑さをもろともせず風を切って走ってなくちゃ。リアリティーのある自分の未来予想図が描けるのは久しぶり。ちょっと嬉しいかな。


今日もclickよろしゅうに。

人気blogランキング

| ココロのヒダ | 11:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

私はどんなオンナ? 「それってどうなの?(251)」

昨日一日で近々逢いましょうメールが3件。こういうお誘いはなぜかまとまってやってくる。何もないときは、宇宙にひとりっきり置き去りにされてしまってんじゃない?と思うほどだーれからもオファーがないのに。不思議。でもメールだからやりとりは無言で。結局昨日は誰とも会話をしなかった。土曜の夜、のり平ときっと最後に交わしたであろう会話(記憶にない)の次は、今朝直行したスタジオのドアを開けたときの「おはようございます」。まぁいいか。世の中にはこんな人間はごまんといる。家族がいても会話がないなんてケースよりはよほど正常。
私は男友人達の気持ちの中にどういう位置づけでインプットされているんだろうかとときどき思う。もちろん相手によってそのポジショニングはまちまちのはずで、頭を空っぽにしてちょっと酔いたいときに互角に渡り合える酒の強い女だったり、敢えて女としての感性をストレートに話してくれそうな女だったり…?逢う相手によって自分の打ち出しを演出するほど起用じゃないから見られ方は一様のはずなのに、男友達のキャラはみなそれぞれに違うのもまた不思議のひとつ。私のブッチャケなところが、彼らにとってはなにより気楽なんだろなってことだけは確かだけど。それってちょい寂しい?でも楽?いいのか不本意なのか自分のことなのによくわからない。それってきっと相手が自分の中でどういう位置づけなのかってことによって、感じ方が違うってことよね。きっとそういうこと。



風邪で頭が未だに朦朧。気合いに欠けてすみませぬ。

人気blogランキング

| 未分類 | 15:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

記憶にございません 「それってどうなの?(251)」

昨日はメットを持ってきてくれたのり平と久しぶりのふたり酒。この時期毎年食べたくなる冬瓜の冷製あんかけと、モツの煮込みを作った。モツは大根やこんにゃくを入れた味噌仕立てのいつもの煮込みに飽きていたので、たまねぎとにんじんとセロリとにんにくをあわせてトマト風味に。以前イタメシ屋でいただいたトリッパの煮込みをイメージしたらとてもおいしく出来上がった。のり平が持ってきてくれた蟹の黒胡椒炒めの辛さについついビールもすすみ、挙げ句になかなか減らない泡盛へと移行したせいもあったし、何しろ5時間近く飲んだわけで…。飲み過ぎた。
で、今日起きたらいろんな「記憶にないこと」が起こっていた。
気にいっていた大皿はバックリ欠けており、残ったモツ煮込みを冷蔵庫にしまったのは天晴れだけど、なぜかラップを敷いた深皿に入れてるだけで上からラップされてなくて、3種類飲むはずの風邪のお薬はどういうわけか1種類だけがすべてなくなっていて、メットは部屋のまん中に転がっていて、最近滅多に着ていなかったTシャツを着ていて、極め付けはケータイが行方不明になっていた。何やってんだか。


風邪が悪化の一途のなおニンにお見舞いクリックをプリーズ。

人気blogランキング

| あるこほーる | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

軽くヤバい 「それってどうなの?(251)」

喉が腫れたついでに、未消化だった夏休みを取った昨日。折もおりの台風をおして病院にいってみた。病状がさらに悪くなりそうに思えるほど混雑しているいつもの様子とは一変して、待合室はガラガラ。台風だもの、当たり前だよ。
ひどくなるのは夕方からだからって勝手に思いこんでた私はホントにバカだった。帰りがけにヨーカドーでケータイ用のSDカードを買って外に出たらひどい降り。時折突風も。濡れてもいい恰好で出てきてよかった…なんて思ってたら、何がどうなったのか視界が反転。ふわっとからだが浮いたかと思ったらお尻で着地してた。そもそもが微熱でぐったりしていたせいか、逆にからだに力が入っていなくてまったくの無傷。塗れたGパンのお尻がいくぶん冷たかったけど、周りには車が3台いたくらいで人目も気にならなかった。
これが飛ばされたってやつ?凹むどころかなんだか笑えた。なおニンちょっと壊れ気味。
食欲が落ちるといよいよ具合が悪い私なんだけど、昨日は本気で食欲不振。出来合いのものを買おうと思っても触手が伸びない。家に帰って無印で以前に買っておいたジャンバラヤースでガパオらしきものを制作。たっぷりレタスと半熟卵焼きをトッピングしてこの日の初ご飯。食後、医者に言われた「安静」をどうやり過ごそうかと考えて思いついたのが「ロングバケーション」ビデオ鑑賞。恋する楽しさとほどよい切なさにジンワリと心を支配されながら北川ワールドでトリップするのは、次の台詞がわかるほど何度みてもハマってしまう。結局夜の12時半までかかって見たけど最終回までたどり着けず。テレビのスイッチをオフにして改めて家が揺れるほどの強風と、たたきつける雨のすごさを実感。怖くて気になって眠れない。
何やってんだか、なおニン。軽くイカれてる。


click please。

人気blogランキング

| 私って | 10:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

柏スタジアム 「それってどうなの?(251)」

久しぶりに行った柏の日立スタジアム。
レイソルVSジェフの千葉ダービーを観戦。

6万人以上を収容する日産スタジアムに行ったばかりってこともあるけど、
ピッチまでの距離のあまりの近さに改めて感動?
屋根もなく、まさに吹けば飛ぶようなサッカー場なのだ。

今年になってやっと設置された大型モニター。
ゴール上にあるのが一般的だけど、
何せスペースがとれずバックスタンド側のコーナーに、
しかも「大型」とは間違っても呼べないサイズ。
昨日はすでに一部の液晶がうまいこと反応していなくて、
色の出方がそこだけ妙な感じになっていた。

日立でしょ?プラズマWOOでしょ。
早く大型モニターくらいつければいいのにって、
ゴールシーンのリプレイを見ることができない状況に腹立たしさを覚え続けて何年だ?
なのに設置されてみればこのお粗末さ。
日立的にこのありさまはどうなの。
さすが日立のスクリーンは大きくてきれいね…みたいな、
そういうことって無理だったのか。
まぁ今のレイソルの成績じゃー、望むべくもないのかも。
相手チームのゴールシーンはリプレイしないってのもどうかと思うし、
試合に負けたことも手伝って、首をかしげ続けた夜だった。

| どうなの? | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

WARM BIZ 「★つ・ぶ・や・き★(1280005)」

この夏、汗だくサラリーマンをほんのちょっぴり楽にしたCOOL BIZ。
ユニクロが収益を上げたという話には抜け目のなさを感じたけど、消費電力がどれくらいセーブできたのかって話が、途中経過含めまったく聞こえてこないってのはどうなの。まだ冷房まっさかりの時期とはいえ、結局どうなのよって気が。
秋風が吹くころには発表されるんだろうか。

で。冬もやるの?って、ふと先週思ってたら本当にやるらしいから私の頭もまだまだ捨てたもんじゃないな。
WARM BIZだって。
スーツやアウターはもちろん、保温性の高いアンダーウエアなどで暖房温度を20度程度に設定しても快適なワードローブを提案するんだとか。
20度…。かなり寒くない?
足下が冷えるオフィスでは考えられない温度。
足下を暖める類の家電の売り上げが延びちゃうんじゃないのかな。
それってちっとも省エネじゃないんだけど、そこんとこどうなんだろ。
電力を使わなくても暖かでいられる足下ファッションって、
すごく見た目に問題がありそうな気がするのは私だけ?



click please!

人気blogランキング

| どうなの? | 07:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Xデーに向けて 「今日の出来事(972459)」

また大きな地震が今度は新潟で。

阪神大震災が起きてずいぶん時間が経っても避難マニュアル的なものやノウハウが伝わってこなくて不思議に思ってた時期があった。
小さな子供がいる人はもちろん、若い女性や働く女性などそれぞれにならではの避難グッズのまとめ方のコツやポイントがあるはずなのに。
最近は探せばやっとそこそこの情報は集められるようになってきたから、やはり危機感が高まってきたってことだろうし、被災した人たちも生活が落ち着いて、自分の実体験が次の惨事を回避するために役に立つということに気付きはじめたということだろう。

さて。
実際に被災した場合、勤務先で、そして地元で行政の救援がどこまで期待できるかすらおぼろげで見えてこない現状にあって、自分の身は自分と仲間内で守るしかないことは明白。それぞれにXデーに向けてノウハウを蓄積しつつ対応策を講じなくては。そうこうしている間に、震災が日一日と近付いてきていることだけは間違いないわけで、50歳で人生終わっていいと思ってる私だってさすがに瓦礫の下敷きにはなりたくないので、ここはひとつ賢く生き延びる術を身につけなくては。

手っ取り早いところでは、震災時帰宅支援マップ 首都圏版なるものが出ている。かなり売れまくっているらしいけど、ネットなら楽にゲット可能。都心から自宅までのルート沿いにコンビニやトイレや救援所が設けられる位置などがが案内されているほか、看板が多いなど危険を知らせる情報も記載されている。

タイトルで目を惹くのはこれ。彼女を守る51の方法 都会で地震が起こった日だって。こんな本を買ってまで守ってくれる殊勝な彼氏が、あるいは守ってあげたい彼女がいるかどうかはさておいて、頭の中でのシュミレーションだけでは想像が付かないさまざまなアイデアや対策が書かれている…んじゃないの?(じゃなきゃ意味ないし)なんとかいうアイドルが彼女役で登場しているらしいから、ファンはそれだけでも楽しかったりして?ノウハウもちゃんと頭に叩き込んでもらいたいところだけど。

災害時、自分で身を守れない人は周囲に余計な手間と負担をかける。
その時はその時…と高を括らず今できることはやっておこう。

| 未分類 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

月と語らう 「それってどうなの?(251)」

月が気になる。
天体学が好きってことなんかじゃなく、毎日月を探す習慣があるわけでもなく、ただ偶然に目にした月がひどくきれいだったりすると幸せな気持ちになるってだけのこと。
でも時間を追って色が変わり、日ごとにフォルムを変え、季節ごとに位置を変える月は見つけるタイミングや心模様によって、いろんな印象を与えてくれるものなのだ、私にとっては。
今週水曜のイラン戦のときも、スタジアムの屋根のふちとのところにまだ黄色味の強い大きな月が出ていて。満っちに報告したんだけど、ピッチで練習を始めた選手の方が気になるらしく(あたりまえ)、言ってる自分もいつもほどは執着できなかった。

昨日、ビルの上の低い位置にぽっかり浮かんだ月をまた見つけた。
リビングからベランダ越しに見えるそれはほぼ満月で、街のイルミネーションにまぎれて美しく光る大きな月はまるで映画のセットみたいだった。
同じようにあの月をあぁきれいだと思ってみている人は、どんな人だろうと思ってりして。いろんなことが可能になった今の時代でも、さすがにこういう集計はとれないよね。

気になるのは月だけじゃない。
こぼれそうな星をこのあたりで見ることはないけれど、キャンプへ行った時は必ずトイレの行帰りなんかに見上げてみる。初めて流れ星を見つけたのもそんな時だったっけ。
作り物のようなグラデーションを見せる日没も好き。
もう8年くらい前の事、彼氏とケンカして泣きながら部屋を出て屋上に駆け上がったら、遠くに見える富士山が感動的に美しい夕焼けをバックにシルエットになっていて、彼氏を呼びに部屋まで戻ってふたりしてまったりと眺めたこともあった。腹立たしさなんか木っ端みじんに消えてった。

その一瞬しか見ることのできない大自然の光景は、何かしらのメッセージを孕んでいるような気がして。だからいつもとことん味わい尽したいと思ってるし、実際時間を忘れて見入ってしまう。無心になることもあれば、ふと切なくなったり。きっときれいな眺めを見て涙ぐんでしまうのは、その瞬間、気持ちがとても無垢になってるから…かな。
旅したいなー。



今日もよろしく。

人気blogランキング

| ココロのヒダ | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ご当選おめでとうございますって 「★つ・ぶ・や・き★(1280004)」

あづい…。

残暑って、こうも本気で暑かったんだっけ。
夜になっても一向に気温は下がらず寝苦しい。
空はどこまでも青くって、本当に8月終わりかい?
なかなかうまい具合に使いこなせなかったアイスノンも、
最近はちゃんと朝まで首の下に納まっていて。
今年一番の買った甲斐ある商品かも。

今朝のこと。
すっかり顔なじみの佐川さんが届けてくれたサントリーからの小箱。
通販でものを頼んでも、頼んだことを忘れがちな昨今、
どれどれ?と開けてみてニヒっと笑みが。
新発売のkireの試飲キャンペーンに当選したらしい。
この暑いさなか涙もんのラッキー&ハッピー。
今日も午後はビールを煽ることができる。

ビールと言えば、昨日行った新橋の「快」の生ビール。
クリーミーな泡がおいしかった。
銀座で飲み屋難民になったところで社長さんに電話したら、
まだまだ席が空いてますよーというので取って返したのだ。
お初の秋刀魚刺しもいただけたし、
サーモンと山芋の梅和えも意外な取り合わせで美味しかった。

美味しいものをいただくと、創作モチベーションが上がるよね。
今日は日頃の野菜不足の補填ってことで、ラタトゥイユを作ることに。
いや、そんなにモチベーションなくたってできる簡単メニューではあるんだが。
夏野菜をたんと買ってきて。ついでに桃4個389円成りも。
お買い物でたっぷりとかいた汗を流してkireをプハーっ。
んー。
キレねぇ。
所詮発泡酒だからなぁ。
シャワー後はどんなもんでもおいしいからよくわかんないや。


click please!

人気blogランキング


| うちめし | 16:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヒデたる所以 「★つ・ぶ・や・き★(1280004)」

ヒデ、 プレミアリーグ・ボルトンへ。

セリエAへ移籍して1年半経った頃の会見で、
完璧なイタリア語を披露したヒデ。
今回はまだデビュー前だというのに通訳なしの会見。
彼自身がonly Englishを希望し、日本人報道陣にも
日本語による発言を禁じたのだとか。

現地で1年半も暮らせば通訳なしの会話ができて不思議はない。
イタリア語は発音も日本語に近いし比較的簡単に学べる。
わぁわぁ言うほどのことじゃない。
英語に関しても彼は3年ほど前から勉強をしてきていたわけで、
これに関しても秀才ヒデをしてなんの不思議もない。

ただ。
私がすっかり釘付けになってしまったのは、彼が英語を話す時のニュアンス。
まずはすばらしく自然な発音。
日本人にはどうしても難しいワードもなんなくこなしている。
ニュース23の筑紫さんのように英語に長けている人でさえ
あの程度の発音しかできないことを思えばそのセンスの良さは如実。
さらにあっけに取られたのは、間の取り方、首の傾げ方(爆死!)、
視線の流し方などなど、まるでアメリカ人が憑依したかのようなナチュラルさ。
彼の英会話のネイティブ先生をそっくり真似たのか、
それとも映画やドラマを観ながら学んだのか。
彼の英会話はもはやそこいらへんの役者顔負けの名演技って感じ。
そこんところが、なんでもスタイルにこだわるヒデたる所以。
日本のファンにわかりやすいように日本語で語るべきだとか、
語学力磨く前にプレーでみせろとかいう声もあるけれど、
それをヒデに求めちゃいかん。
完璧を追求するための努力とお金は惜しまないのが彼なんだし、
自分を常に最高にかっこよく、美しく見せるのが好きなんだもん。


そんなわけだから、新たにもらった16番をひっさげて、
わざわざ中田のために2.5センチにカットしてもらったピッチに
ジャンジャンでてもらわないと。
結局英語が上達しただけで終わっちゃったじゃん!なんて屈辱的なことだけは
言われたくないよね。
フィオで結果が出せなかっただけに、もう若くないヒデとしては
正念場を迎えた感も否めないところ。
俊輔のように地元から絶賛されるヒデを早く見たい。



スカパーよりWOWWOWを選んでしまったことを初めて後悔のなおニンにCLICKを。

人気blogランキング







| 未分類 | 11:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

セレブ観戦 「ジーコ日本代表(13386)」

棚ぼた。
優越感。

昨日の対イラン戦観戦を表すには、
まさにこのふたつのワードに尽きる。

カメラマン満っちから、カテ1の1列目のチケットが1枚余っているという情報を
もらったのは3日前。
かみさんのかつての同僚の知り合いから都合してもらったという垂涎のチケット。
やっぱりネットワークは広いに越したことはない。
ただ、8,000円という初の高額チケットにしばし悩む。
唯一声をかけられるシュルケンさんは登山に行ってるし、
こういうレアなチャンスであるならば行っておけ…!と決断。
初めての日産スタジアムでの観戦となったのだ。

埼玉も大きいと思ったけど、大きいね、日産スタジアム。
一列目まで降りる階段はえらく長かったけど、
視界を遮る人がいないってことがこんなに心地いいとは。
スタンドからピッチまでの距離がかなりあるので
さすがにすぐそこってわけにはいかなかったけど、
後半は中澤をかなり間近に観ることができた。
俯瞰で観るのとは違う、選手とほぼ同じ目の高さで横からみるゲームは新鮮で、
ゴールの枠にまっすぐ飛ぶシュートを観たときは思わず鳥肌が。

ちょうどピッチの向こう側には水色のYシャツ姿のジーコさんが。
片手でブース上部のパイプを掴むお馴染みの観戦スタイル。
あの方、試合中ずっと立ちっぱなし。
一度もベンチに腰掛けない。
通訳さん他、数名のスタッフも同じく。
全員が着席しているイランベンチとは活気が違う。
勝ててよかった。

でも、それはそれとして、
お金を積んでもそうそう手に入らない席に恵まれたことに感謝。
これこそまさに90分間限定のセレブといえるんじゃなくって?


帰りの混雑を嫌ってロスタイム中にスタジアムをでちゃったなおニンにクリックを。

人気blogランキング

| 未分類 | 16:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ピアス紛失に霞むイラン戦 「今日の出来事(972459)」

トルコ石と珊瑚のピアス。

今朝山手線の中でふとさわった右の耳たぶにそれはなくて、
片割れが左側にだけ揺れていた。
ええぇー?と思わず声がでる。
先月買って、ここんところの一番のお気に入りだったのに。
無念…。

ひとつきりになったピアスは星の数。
アクセサリーボックスの中に出番がないまま納まっている。

救済方法はないんだろうか。
みんなどうしてるの?
穴3つ空ければ使い道もあるってことなんだろうか。

今日は横浜国際の1列目のチケットが手に入って、
イラン戦を見に行けるんだけど、
なんだか気持ちが沈み気味。
大切なものがなくなることって、思いの外寂しい。
やれやれ。


今日は横浜で燃えるぜぃ!ただ帰りが心配なんだけど。

人気blogランキング

| ココロのヒダ | 10:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

SWITCH OFF 「それってどうなの?(251)」

お化粧ポーチ。
ケータイ。
お弁当。

おうちに忘れてきてしまった。

財布を忘れてこなかった自分を褒めてあげたい。

一応オフィスに来ていても、
頭の中はお盆オフらしい。

明日からの忙殺に耐えられるのかな。


こんな日記にクリックはいただけない…か。

人気blogランキング

| ココロのヒダ | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

300円できること 「★つ・ぶ・や・き★(1280004)」

例えば。
ひどい夏風邪をひいていても、
お盆も仕事でうんざりしていても、
焼きすぎた肌がひりついていても、
終わりそうなひと夏の恋にのたうちまわっていても、
食べるものすらない貧困にあるよりは幸せなんだ。

遠い国の現実は、なかなか実感できなくて。
自分の身に降りかかるリアリティーも希薄で。
だからアクションを起こすにも真剣になれないし
積極的にもなれない。
いっときのノリや気分でやれるものでもないし、
バックグラウンドをよく把握した上でのボランティアでなければ
意味がない。

最近、ときどき耳にしていたほっとけない世界のまずしさキャンペーン
昨日本屋さんで関連商品のホワイトバンドを買ってみた。
この対価300円が世界のまずしさを救う活動資金になる。
まずはホワイトバンドをつけてみて、
それからまずしさの背景を知り、
このプロジェクトの内容を知る。
そんな塩梅。


焼けた肌に生えるホワイトバンドはいかが?。click please!!

人気blogランキング

| オススメ | 11:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

秋の刀に似た魚 「旬・シュン・しゅん♪(31631)」

ぼちぼちシーズンの秋刀魚
まだやや小振りではあるけれど、
シンプルに塩焼きしてみる。
悲しいけど、ひとりで唸ったね。
うまいねー。
わたの苦さもまたいーんだな。

秋はやばいね。
リバウンド必至。

| うちめし | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

セレブと杉田かおる 「それってどうなの?(251)」

著名人や有名人を表す「celebrity」から派生した「セレブ」って言葉。
流行語だけに、単に豪遊することやブランド品を身につけるといった
メタファー的な言葉としての意味でしかなくなってきている。

厚生労働省の財団法人が作製した禁煙ポスターに
「セレブは、吸わない。」、「『禁煙』で勝ち組になりましょうよ。」
というキャッチとともに登場している杉田かおる。
だけど離婚してしまえば、
「セレブではなくなり、禁煙運動のイメージが悪くなる」と、
厚生省関係者から声があがっているらしく、周囲の反応次第では、
撤去や回収を検討する可能性んだとか。
迷惑な話だ。
キャッチは杉田が考えたわけじゃない。
どっかの代理店が御曹子と結婚して一気に勝ち組に躍り出た杉田かおると禁煙とを、
こんなふうにこねくり回して表現しただけの話。
勝手に起用して、勝手におもしろおかしくクリエイティブしておいて、
タレントのプライベートの事情を理由に云々するなんて、
ひと事ながら自棄に腹が立つ。


杉田かおるの生きざまは誉められたもんじゃないし、
赤裸々というよりは積極的な恥さらしとしかいいようがない言動に、
あんぐりさせられてしまうことばかりだけど、最近は痛々しい。
ツっぱることでしかバランスを保っていられないようにも見える。

ところで。
いつまでも結婚できない連中を「負け組」っていうけど、
一旦派手な「勝ち組」になっておいて再び独身になっちゃった場合、
それはいわゆる「負け組」とはちょっと違う気もするんだけど。
負けがさらに込むのか、それとも負け組に舞い戻ったけど、
でもちょっとだけ勝ちを味わった分だけ救われてる新たな組を形成するのか、
そこいらへんはどうなんだろ。
ってか、結婚するしないだけで勝った負けたゆーな!ってのが、
本音ではあるけど(遠吠えか?)



そのクリックが涼を呼ぶかも!click please!!

人気blogランキング

| どうなの? | 13:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

なくした片方を捜す人生って 「それってどうなの?(251)」

今読んでる辻人成「嫉妬の香り」。
読む人がいると悪いのでストーリーは伏せるけど。
 
この中でこういう台詞がある。
「人間は常にあらかじめ失っていたもうひとりの自分を捜しているんだ。
 友情や恋のきっかけは、そこの自分の片方を発見してしまうからなんだ」

人間はもともと完璧に近いものなんだろうか。
それがこの世に生まれ落ちた瞬間かどこかで、
もう半分の自分を失ってしまう。
だから人はいつも完璧な‘ひとつ’になるためのパートナーを捜している、と?
人がひとりでは生きてはいかれないといわれる理由のひとつは、
こんなことだったりもするんだろうか。
だけど人間はしばしばパートナー選びで過ちを起こす。
刹那的な高揚や客観を忘れた勘違いで、合いもしない‘片方’と寄り添ってしまう。
たったひとつのもう片方と巡り会うことが人の性であるとするならば、
人間はずいぶんとお間抜けな生き物って気がしてしまう。
一番ぴったりしっくりこなくちゃいけない相手を選び間違うなんて。



タイプ的に辻人成は好きじゃないのに読んじゃってるなおニンにクリックを。

人気blogランキング

| 未分類 | 12:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お得のちやっぱりボケ 「★つ・ぶ・や・き★(1280004)」

昨日は仕事の用事で装飾関係のお店を歩き回った。
四谷三丁目の東京堂と浅草橋のシモジマ。
どちらもデコレーター御用達の専門店。
東京堂は会員になっているヒロヒロにつき合ってもらって、
時間をかけて物色。
ついつい創作意欲に火がついて、仕事と関係ない私用のものにまで
手が伸びる始末。
もちろんお会計は律儀にわけたけど、ボリューム的には私物の方が多い買いものに。
だって会員特典で半額近いお値段になっちゃうんだもん。
ついつい買ってしまうわよ。

お得だったのはそれだけじゃない。
まずは腹ごしらえとヒロヒロとランチしたハレルヤ亭。
昨日はスタッフが休んでいるからと本来は休業だったらしいんだけど、
入口が開いていたのをいいことに、
おかあさんがキッチンに入っている間に入店して席に着き、オーダーを待っていたのだ。
甚だ迷惑な勘違い二人組。
だけどそこはサービス精神旺盛なおかあさんのこと、
帰ろうとする私たちを引き留めてランチを作ってくれた。
しかも、先週9名で飲んでたべまくって売上げ貢献したからなのか、
ランチをタダにしてくれた。
もちろんこの3年あまりの間にかなりあそこではお金を使っているし、
お母さんとも顔見知りにはなっているけれど、まったくのタダには恐縮。
いー人だ。
デザートに出していただいたぶどうのゼリーも美味だった。

だけどこの後、例によってボケかましが待っていた。
四谷から浅草橋へ総武線で移動のつもりで乗って座ったのが逆方向。
気が付いたときには代々木駅のホームに総武線は滑りこんでるし。
仕方なく新宿まで行って千葉方面電車に乗り換えて千駄ヶ谷辺りまで行った頃、
四谷で人身事故発生。
20分ほどだったか、開け放されたドアから流れ込む熱気に耐えつつ、
復旧を待ったのだ。
えらく遠かった浅草橋。結果的に40分近いタイムロスだった。やれやれ。
仕事じゃなかったらめんどくさくなって帰ってたな。

| 未分類 | 12:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お盆のお薦め暇つぶし 「★つ・ぶ・や・き★(1280004)」

先日、新橋のTSUTAYAで本を物色していたら、
耳慣れたピアノのBGMが流れてきた。
ドラマ「ロングバケーション」の挿入曲で、
主人公瀬名クン(キムタク)が初めて誰かのために心を砕いてひいた曲。
その誰かは他でもない南(山口智子)なんだけど。
瀬名クンが落ち込んでピアノをやめてしまおうと思ったとき、
キーボードを買ってきた南が密かに練習をしてひいてみせて、
キムタクを泣かせてしまったのもこの曲。
お互いにとって永遠に忘れることのできない宝物のような曲なのだ。

で、未だかつて「ロングバケーション」を越えるドラマはないと思っている私にとっても、
この曲は強烈に刺さっているらしく、TSUTAYAでこの曲を耳にしたとき、
ぐっときてしまった。
ぐっときたってことはつまり、ひどく切ない気持ちになったわけで、
その切なさの素がなんなのか自分でもよくわからないことに動揺した。
私は未だにあのドラマの中に入りこんでしまってるのかしら。
それとも私って今切ない恋の最中だったっけ…?みたいな。
変なの。
香りと音は視覚以上に過ぎた想いを喚起させるのだ。

この曲、「close to you~セナのピアノ2」はロンバケサントラ盤の1曲目。
今も私はメール着信音にしっかりつかっている。

そんなロンバケ。
興味のない人にはまったくつまらない話だろうけど、
オンエアがとっくに終わってからたまたまビデオをみて、
めちゃめちゃハマった人もいるからね。
北川女史による小気味のいい会話の妙は必見。
まだまだ線の細いキムタクも初々しいし、
ガラッパチな打ち出しの南に昔の自分が重なってみえたりもする。
休みもらっても行くところもやることもないよぅ…と嘆いている方には、
お盆の暇つぶしにお薦め。
そうそう、ビデオといえば最近2度も観た「コールド・マウンテン」はいい。
ニコール・キッドマンとジュード・ロウの切なすぎるラブストーリーだけど。
あまりのことに2度みちゃった。
雪山のラストは暑さも忘れさせてくれる。
途中長いから彼氏が途中で寝ちゃう可能性はかなり大。

お薦めのお盆暇つぶし情報まってます。ってか私は働くけど。

人気blogランキング

| 未分類 | 18:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

12万のクリームのリアリティー 「それってどうなの?(251)」

この冬、すんごい化粧品が発売されるらしい。
海藻から抽出したエキスや大豆イソフラボンを多く含むエキスに加え、
和漢植物まで配合した超高級クリーム。
お値段、なんと12万円。
しかも予約限定発売。
発売サイドがボーナス時期を狙ったのは見え見えだけど、
美肌フリークは借金してでも買うんだろうか。

ここまで経費をかけなければ作り得なかったものだ。
厳選され尽くした希少成分が配合され、完成までには長い時間がかかったんだろう。
でもなぁ。
それを塗ったからといって、本当に夢にみたような美肌へと生まれ変われるの?
何日間使える量なのか定かじゃないけど、12万円分の肌の変化ってあり得るの?
コストパフォーマンスを期待すること自体間違ってるってこと?
「12万のクリームを使っている私!そしてこの肌!」って暗示にかかることが、
キレイになるための第一歩ってか?
高級品を使えばキレイになるなんて、今の時代だれも思っちゃいないと思うけど。
マメな洗顔と基本を押さえた基礎化粧品によるお手入れと体調の管理、
さらには親からもらったもともとの肌の強さとキメの細かさ、
もっといっちゃえばたばこを吸わないことと紫外線を避けること、
このあたりのポイントが日々の美肌を作り上げるんじゃないのかな。

目尻には縮緬皺が走り始め、
微かだった陰がくっきりとしたシミになりつつある今日この頃でも、
年の割にはまだセーフだと思っている私なんかは、
基礎化粧品にはちっともお金をかけてない。
洗顔は頻繁にDMに入ってくるDHCのサンプル石けんを泡立てネットにいれて
ここ1年以上済ませてるし、セールにタイミングを合わせてしか買わない。
間に合わないときは試供品で適当に間に合わせている。
一念発起して12万のクリーム買うくらいだったら、
SK-?シリーズをコンスタントに使うね。

このクリーム。
かつて私が仕事でさんざんな目に遭わされた因縁の某K社によるもの。
常に業界トップのS社の二番煎じばかりを演じてきたことからすると、
今回は気合いの入り方が違うんだろ。
でもねぇ。万が一ノーベル賞並みの効果がでる商品だったとしても、
なくなるたびに都度12万払える人がいったい何人いるんだろ。

ってことで今日もアイスノンレポート。
昨日もえらく暑くて、厚めにタオルを巻いたアイスノンのみで寝付いた。
でも目覚めたとき首の下にあったのは、いつものテンピュール。
ヘ?と思って起きあがってみたけど、
いつものように場外へ蹴飛ばしているわけでもなく。
まるで神隠しにあったように、新入りアイスノンは消えていた。
しばし呆然。
なんの気なしにテンピュールをだっこしようと持ち上げたら、
その下からアイスノンが顔をみせた。
………。
テンピュールの下に置いちゃあね。
さすがのアイスノンも効果発揮できないし。
どうなんだ、アイスノン。
本当に私のスリーピングスタイルにマッチしているんだろうか。
買ったことでいくらか意地になってるけど、本能的には嫌がってたりして。
情けないけど、自分のことなのによくわからない。


お盆進行のしわ寄せでヒートアップ中のなおニンにクリックを!

人気blogランキング

| どうなの? | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ツカエテル? 「それってどうなの?(251)」

デジカメにもなって、ラジオが聴けて、テレビが観られて、
PCサイトすらサーフィンできるようになって、
今どきのケータイはこの先どこまでいくんだろう。

だけどこの盛りだくさんの機能って、案外使えてない。
FMが聴ける私のケータイ。
試してみたのはほんの3回程度。
電車に乗ってしまえば入りが悪くなるしバッテリーを喰う。
みんなどんな時に聴いてるんだろ。

ナビウォークも使いこなせない。
一度だけ道に迷って現在位置の地図を表示させたことがあったけど、
小さい画面と周囲の景色をなんど見比べても読めなかった。
決して地図が読めない女じゃないし、
ダイビングのコンパスナビだってちゃんとできたのに。
迷ったことで気が動転していたのよ、きっと。
そもそもがどうやって使いこなすものなのかすらよくわかってなかったりする。

で、実はもっと使いこなせていないモノが今まであったんだ。
QRコードが一度たりとも読みとれなかったんだ。
根がアバウトなくせに、これに限って妙に律儀にあのフレームの中に
QRコードを収めようとするあまり、タイムオーバーになっていた。
昨日コツを教わってやってみたら笑っちゃうくらい簡単にできちゃった。
へっへっへ。

「話せりゃえーやん」とは決して思わないし、あれば便利なものもあるけれど、
メリットとHOW TOを理解していないと単なる宝の持ち腐れってことに。
よくわからないと放置しているうちに、どんどん先進性から取り残されて、
やがては歳だの老いだのと言われていくんだわ。
メカにもアグレッシブでいなくっちゃ。

さて件のアイスノンリポート。
昨夜は十分に凍らせた状態で使用開始。
やっぱりテンピュール枕との兼ね合いに四苦八苦しつつ、
結局膝の裏あたりにセットすることで落ち着いた。
膝をそんなに冷やしていいのか?と思ったけど、
アイスノンがその位置にとどまっているのは次の寝返りのタイミングまでだし。
結局夜中に一度目が覚めて今度はアイスノンだけを枕にして寝付いた。
眠れた。
でも明け方冷えすぎを感じて…。
結局朝起きたときには布団エリア外にすっ飛んでいた。
うちのアイスノンは受難が続きそう。
中身のゲルが出てしまう惨事だけは避けなくちゃ。


アイスノン、買いだよ、買い。クリックしてから買いにいってね。

人気blogランキング


| 私って | 12:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アイスノン初夜 「それってどうなの?(251)」

昨日の夜、オンラインで買ったアイスノンがやってきた。
愛用していたアイスノンが、実はもどきだと気付かされて以来、
待ちこがれていた熱帯夜の神器。
さっそく荷をほどいてしばし呆然。
今まで私が使っていた‘もどき’とは似てもにつかぬものだった。
‘似て非なる’なんてもんじゃないんだ、これが。
今まで使っていたものが‘パット’だとすると、
その圧倒的なボリューム感はすでに立派に‘まくら’なんだ。(当たり前か)

さっそく冷凍庫に投入。
指定の時間に満たなかったけれど午前1時頃構わず取り出す。
ずっしりとした手ごたえに確かな安眠の期待が膨らむ。
塩梅はどうよとばかりにさっそく首の後ろにあてて寝てみた。
ん~、気持ちいい♪。
冷たさの加減は‘もどき’とさして変わるはずないのに、
思いこみの分だけ気持ちよさが増してしまう。
悲しすら覚えるなおニンの性…。
が。
厚み3.3センチのアイスノンは枕としては低すぎる。
それじゃあとテンピュール枕に重ねると高すぎる。
テンピュールに替えてから首の凝りがなくなっただけに、
アイスノンをメインピロー(←なんかかっこいいね、この響き)
として眠るのは一抹の不安が残る。
‘もどき’は薄かったから重ねても問題なかったわけで、
ここに及んでのこの不具合に苛ついて、
何度も枕の調整を図るうちまたうっすらと汗ばむ始末。
結局普段通りにテンピュールをして、アイスノンは背中寄りに位置を下げて
やっとなんとなく落ち着いた。
こんな寝方で健康上問題ないんだろうか。

そうして問題の朝が来た。
うっすらと目が覚める。
ケータイへと目をやると、6:57AM。
ブラボーなタイミングだ。
アラームが鳴る3分前の自然な目覚め。
これも朝まで冷たいままでいてくれるアイスノンのお陰…
と思いきや、アイスノンは布団の脇に脱落しており…。
しかも冷凍時間が足りなかったせいでとっくに温くなっている。

いったいこの熟睡はなにゆえか。
確かに昨晩はやや風があって蒸し風呂状態ではなかったけど、
寝はなに地震があったりして結局1時過ぎても眠れなかったんだが。
眠れたことはいいことなんだけど、せっかく買ったアイスノンに
もっと健闘してもらってわざわざ買った甲斐を感じたかったわけで、
引き続き明朝の寝覚めに期待してしまう今日のなおニンなのだ。



熱帯夜をcoolに過ごす術募集中のなおニンにクリックよろしゅう!

人気blogランキング



| 私って | 13:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

中澤、最高! 「ジーコ日本代表(13386)」

こういう時にやってくれる中澤は、やっぱり最高。

今夜はお酒じゃなくて、
アウェイで勝つ快感に酔ってしまいそう。

| 未分類 | 21:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

love peach 「それってどうなの?(251)」

今日も朝からノンクーラーを貫く。
ほんのわずかな風が入っても涼しいと感じることができる幸せに浸りつつ、
午前中の間はミネラル水で水分補給。
週末恒例のヨーカドーへの買い出しにいくにも、
まずはシャワーを浴びなければお外着に着替えられない有り様で、
帰ってきてまたシャワー。えらいこと。

しかしこの時期のヨーカドー食品売り場は実に誘惑が多い。
エスカレーターを降りた正面には数種類の焼き鳥が並べられた
ワゴンが出現。となりには詰める放題の枝豆だ。
目の毒とばかりに視線をはずすと、その先には焼き立ての餃子が待っている。
ここのMDは間違いなくビール好きが企画してるよ、違いない。
いかんいかんとワゴンをおして進むと、大振りなピッツアが。
鮮魚売り場にいけば旬の生鰹の試食を勧められ、これはたまらん!と思っても、
ひとりで食べきれる量のパックがない。
なんて罪作りなんだろ。
いーやいーやとふて腐れて果物売り場へ。
スイカ…、これも大きすぎ。1週間食べてなってくらいの勢いだし。
ほぉ、ぼちぼち幸水が出てるじゃん…と試食。
去年だったかは、えらくまずかったけど今年はまぁまぁかな。
とかなんとかやりつつレジに向かう気になってたら、
たまらない香りが鼻腔に抜けた。
桃色のグラデーションを帯びた愛くるしい球体…。
今年も待ちに待った桃じゃないの。
先週とうとう新橋駅のジューサーバーで桃のジュースを飲んだくらいだもん。
なんて愛らしいその佇まい。魅惑の甘い芳香。
桃を食べると優しい気持ちになれてしまうほど、あの風味は私のツボなのだ。
今年も愛する桃との時間を堪能すべく銭を失う季節がやってきてしまった。
ふたつパックを即買い。
今夜ひとつ、明朝一つ食べれば無駄にすることはなさそう。
でも桃は冷すぎると糖度が下がる。
明日の朝の分はいつ冷蔵庫にいれよう。
今夜入れたんでは冷え過ぎる。
愛すべき桃をいかにベストな状態でいただくか…。
悩ましいったらありゃしない。

結局できあいのつまみ買い衝動をひしと押さえ、
レバー煮を作る。
お酒とめんつゆを煮立てて、
ショウガと下処理したレバーを加えて煮るだけ。
シャワーに入ってる間に完成。
八角か五香粉は忘れずに。さらに仕上げに加えるごま油がミソ。


そういえば昨日の夜、地震があった。
今まではただジッと納まるのを待っているようなところがあったけど、
この前の大きな地震以降、寝たままでやり過ごすことなんかできなくて、
起き出してリビングのソファーに一応気持ち的には避難。
大きくならないのを確認してから寝に戻った。

すっかり怖じ気付いちゃって私らしくもない。
来るなら来い!っていいたいところだけど、
どうせだったらあと20年くらい後の、私が預かり知らない頃にして欲しい、かな。


さぁ、明日からまたがんばろー…と気合いだけは十分な私にクリックを。

人気blogランキング








| うちめし | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

水辺も暑かった東京湾クルージング

今日はシュルケンさんの提案で、東京湾をぐるりと回る東京水辺ラインに乗って暑気払い。
カンカン照りの葛西臨海公園を突っ切って海辺の乗船場へ。200人乗りの遊覧船には日よけ付きの甲板席もあったけど、さすがにクーラーが効いた船内の席に陣取る8人。
1時間半のクルージングでは、外の眺めももちろん昼間っからビールを煽ることが目的に決まってる。それぞれにあらかじめビールやつまみを持参してきた。
保温ポットに氷を入れてシーククワーサーのお酒をもってきてくれたシュルケンさん、おいしい角煮をつくってきてくれた公園人さん…、男性陣の方がマメなのがいかにも飲んだくれらしい。

クルージングでは実におもしろい光景を見ることができて。
中国のタンカーが横付けした巨大なコンテナ群や、船の周囲で飛び跳ねる鱸、甲板にヘリを乗せた自衛隊のちょっとグレーな艦艇、頭の真上を白いお腹をみせながら飛ぶ旅客機、お台場イベントの帆船、真っ黒に日焼けしたセレブが駆る真っ白なクルーザー…。すっかりメートルが上がってきた飲んだくれをも十分に惹き付けるだけのレアな光景の連続だった。

その後、四ッ谷三丁目の行き着け韓国料理屋ハレルヤ亭で夕食後、akiさんの珍しい提案でカラオケに。長時間の飲酒と暑さで思いのほかぐったりとした足取りで家路についた。

乗船予約にまで気が回るシュルケンさんのセッティングに感謝。


クリックよろしくです。

人気blogランキング


| そとめし | 11:55 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オイシイお仕事?

忙しさも一段落するはずの8月。
うちのような会社でもいわゆるニッパチ進行ってことなのか…、
と思いきや、8月に入った途端矢継ぎ早に新規の仕事が入ってきた。

今日入ってきた仕事はハンカチタオルのネーミングとロゴ制作。
原材料にこだわった吸収性抜群の優れタオル。
今すぐコンビニにでもおけば飛ぶように売れそうなのに、なんだかじれったい気も。
どれだけすごいのか、使わせてくれないかな…。
いや、使ってみないことには優位性がわからない=ネーミングが浮かばない。
使っちゃお。
しかし最近のハンカチタオルのブレイクぶりはどうなの。
一昔前はこういった商品自体流通してなかったはず。
これも温暖化の賜物?
男性用の売場は女性に負けないくらいのライアンアップだし、
社内で聞いたらほとんどの男子が持っていた。中には「替え」をストックしている人も。
さすがに新橋に通うサバイバーは用意周到。

ところで。
考えてみると、今年に入って受けた仕事はタダで商品がいただけるものばかり。
某化粧品会社のインナー向け冊子制作の時は、ヘアケアやメイク用品など
競合他社商品合わせて20種類ほどの商品を社内で撮影して
ブツはそのまま現物支給ってことでいただいた。
その次は青汁。いただいたサンプルを果敢にも口にしたデザイナーが
体調不良になったので私はトライしなかったけどタダには違いなく。
先月はトルマリン入り高級石けん。
高価な石けんをビニールにがっさり入れてくださるあたり、原価はかなり安いとみた。
だけど抜群にいい商品。購買意欲を掻き立てるお値段じゃないのが残念。
で、今日はローヤルゼリー。
1ヶ月分10,000円もするお高い商品。
ターゲットが40~50代と聞いてちょっと小躍り。
入社以来私を32歳だと信じきってくれていたY嬢に歳がばれてしまったけど。
が。
効果が現れるまで3ヶ月と謳っているのに、1ヶ月分いただいても意味ないような気が。
だけど感想聞かれて言葉に詰まるのも情けないし。飲むべきか飲まざるべきか…。
どうすんのよ!オレ!な今のなおニンだったりしている。


相変わらずランキング低迷中…

人気blogランキング

| 未分類 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

熱帯夜の神器

連日、家に帰るとあらゆるところが温くなっている。
缶ビールを煽って、ワインを飲もうと食器棚から取り出したワイングラスは暖かく、
流しの下に入れてあるオリーブオイルも温い。
いったいこの部屋、日中は何度になってるのかしらん。
下手に食品を出しっぱなしにしようものなら、間違いなく腐ってしまうってこと。
この前もお弁当用にチンしてそのまま電子レンジ内に放置してしまってた南瓜の哀れな姿に
帰宅後遭遇したばかり。
生協で届く冷凍食品も、私が帰り着く頃にはドライアイスが効いてない。
日本の家は、これほどの暑さを想定して作られてないに違いない。

こうなってくると寝るのも暑さとの戦い。
寝ござとアイスノンと枕元のミネラルウォーターが最近の就寝セット。
窓を開け放ってアイスノンを首の下にあてれば、あっけないくらいに眠りにつける。
だけど明け方にもなるとこのアイスノンは生暖かい水枕のような代物に。
まったくの逆効果。だから最近はめざましが鳴るずいぶんと前に暑さで目が覚める。
たかだか5、6時間くらい冷たいままでいてちょうだいよぅ…と愚痴ってたら、
実はうちのアイスノン、アイスノンのふりした紛い物だったのだ。
本家アイスノンは朝までちゃんと冷たいらしい。まじで?
子供の頃使っていたアイスノンは凍るとカチンコチンになっちゃって、
岩の上で寝てるようなものだったのだ。
だから凍っても柔らかいアイスノン(もどき)を見つけたときは
技術の進化にえらく感心したのに。
指摘を受けてじっくりみたら、本当に「アイスノン」の表記がなかった。
バッタもん?どこで買ったかすら覚えてないけど。
何ごとも、本家は本家たる所以があるものね。似てひどく非なるもんだった。
今の私の朝方の眠りを約束してくれるものは純正アイスノンしかないからね、
ここはひとつ買いに行かなくちゃ。
きっとバカ売れしてるだろうけど、どうか在庫切れしてませんようにと祈るばかり。


暑さで5時に目覚めちゃったし。今日もクリックお願いします。

人気blogランキング

| 未分類 | 12:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

合コンの記憶

最近はお呼びすらかからなくなった合コン。仕切ってくれというオファーすらないってどういう?
いや別に行きたいとも思わないし、行ったところで若い子の引き立て役にしかならない。
じゃあ歳を合わせてやるか?って話もなくはないけど、そうなった時点でそれはもう‘合コン’とはちょっと違うものになってしまう気が。第一、40代の独身男女を同数ずつとりまとめるのは至難の業。80代を集める方がまだ簡単でしょ。

合コンとは、新たな出会いとその先に生まれるかも知れないアバンチュールまたは恋愛を求めるもの。言ってみればある種の‘狩り’だ。
ただ、狩りと違うのは、自分も先方からターゲットとされているってこと。あからさまなノリやスカシは一発退場の危険をはらんでいる。

でも。
私が今まで参加した合コンは、いつもテンションが高く、ムーディーさに欠けていた。ノリだけはハイパーなんだけど、そこには決して合コンらしいノリも駆け引きも淫靡さもなく、単なる宴会としての大盛り上がりを呈して終わるだけ。参加メンバーの誰と誰がつき合ったってこともない。思い出し笑いしちゃいそうなメチャメチャ楽しい飲み会だったという記憶以外に、次へ繋がるものはなし。あったとすれば、お仕事をいただいたってだけだった。私ってつくづく男運よりも仕事運?一抹の寂しさに捕らわれたりして。
王道スタイルの合コンと、どこかワッショイモードの合コン。何がどのへんでどうなると、この格差が生まれるんだろう。縁がないといいつつ、そんなことを思っちゃったりしてる。

ところで‘合コン’は‘合同コンパ’の略。
略を外した途端に不埒なニュアンスが払拭されて、昭和な香りが漂う。‘コンパ’が仲間を表す「company」から来ていることはわかるにしても、‘合同’ってなにさ。男子、女子それぞれの「company」が合同で飲み会をやるのが‘合コン’ってことなんだろうか。今更ながらに不思議なネーミング。

たかが合コン、されど合コン。
機会のあるやなしやは置いておいて、結婚までいくカップルもいないわけじゃないのだから、一期一会の精神は大切に。そして、参加のお誘いがあること自体、広い人間関係あってこそ。遊びでも仕事でも、ネットワークは宝ものなのだ。


東南アジアな新橋より。実はうだってるなおニンにクリックを。

人気blogランキング

| 未分類 | 15:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

扇子のセンス 「それってどうなの?(251)」

最近のバッグの中の三種の神器は、扇子、タオルハンカチ、素肌すっきりシート。
日中の移動の際には、これにミネラルウォーターが加わる。
中でも扇子は先月半ばあたりから手放せなくなっている。
何年か前にプレゼントでいただいた刺繍入りのものと、
バティックが張られたバリニーズなものとを気分で使い分けている。

扇子を一番よく使うのは電車待ちのホーム。
乗車してからも、混んでいなければしばしパタパタとやってしまう。
交差点の信号待ちでも使いたいところだけど、
何回かやってみたら熱風を煽っているだけってことが判明。
意味なし。
毎日使っているせいか、とうとう要の部分が緩んできた。
ケースがないので、バッグの中で揉まれてしまうせいだろうか。

しかし流行りのはずの扇子なのに、デザインがいまひとつよろしくない。
2000円程度から1万円を越えるものまで最近はバリエーション豊富なのに、
どうも他のアイテムのデザイン性に比べて遅れを取っている気が。
何年か前にシビラがかわいい扇子を出していたけれど、今年はなぜか見かけない。
目立ってるアナスイはちょっとイメージが遠いし、どうもしっくりくるものがない。
これが男性用だともっとひどい。
なぜかトンボやカエルやひょうたんといった筆書きの柄入りが多くて、
さもなければ富士山だの竜だのと、縁起ものに走っている。
セリーヌや菊池武男あたりが出してはいるけど、逆にいやらしい。
もっとシンプルで今風に洗練されたものがあってもいいと思うんだけど。
なんとかならんのかな、この扇子のセンス。
新調したいのに、二の足を踏んでいる。

ちなみに素肌すっきりシートを飲食店で取り出して
首や腕を拭いちゃったりするのはNGだろうか。
やるなら化粧室で!というのがもちろんスマートではあるけれど、
席で相手をひとりで待たせるのが基本的に気が引ける私は、
ついつい席でやってしまう。…これって単なる口実かな。
店にもよるけど、新橋の焼き鳥屋なら許されるよね?



暑さでいろんなものが緩み出しているなおニンに愛のクリックを!

人気blogランキング



| どうなの? | 15:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>