FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-06- | ARCHIVE-SELECT | 2005-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

当たり前なことへの感謝 「★つ・ぶ・や・き★(1280004)」

いつものように朝を迎えて、
当たり前のように空腹を感じて、
自分の体力、気力、知力を総動員して一日を終えて、
憂いや満ち足りた気持ちの差こそあれ、眠りに就く。
なんの不思議を感じることもなく毎日を健康に送れること、
この当たり前なことに感謝すべきことを私たちは忘れている。

健康を損なうことがいかに辛いことかの実感がないうちは、
わかろうにも思いが及ばない。
きっと気が付くのは何かしらの重病を患ってから。
こんなことならもっと…と、それまで生きてきた人生を悔やむに違いない。
だから病魔と闘える、そう思っていたんだけれど。

乳ガンを患って手術をした会社の大先輩。
抗ガン剤の投与が始まって、その副作用と闘っている。
予想をはるかに超えるその苦しみに、
残りの投与とその先に予定されている放射線治療を辞めるという。
再発の可能性がゼロになるわけじゃないのなら、
人にも会えずに鬱々と苦痛と闘うよりも、
投与を辞めて楽になって早く仕事に復帰したい。
万が一が起きても、その時は悔いのない自分でいられるという。

あまりに彼女らしい決断だけれど、同意できなかった。
それは単に、辛い治療からの逃げなんじゃないか。
潔くは見えても、実は諦めの現れだったりするんじゃないか。
それに、
自分の死を受け入れることなんかできるんだろうか。
いくら賢明に生きても、そこには数え切れない悔いが残りはしないか。
叶えたくて果たせなかった夢や、
やり遂げられなかったこと、
愛する人のこと、家族のこと、
そんなもろもろに最後まで胸を締め付けられるんじゃないか。

夜中のメールに返す言葉が見つからず、
書きあぐねた挙げ句に結局送信ボタンは押せなかった。

自分だったら果たしてどうしているか。
後ろ髪引かれる子供もいないし、
一か八かに賭けて早く社会復帰する方法を選ぶかもしれない。
再発への恐怖を背負いながら、生き急いでいるといわれても、
がむしゃらに恋をして仕事して旅をして、
なんだんだったら借金して…?
やりたい放題に生きるかもしれない。
でも半年や1年を費やしてでも、治療は最後まで受ける気もする。
なにせ臆病だし。
わからない。どちらがいいかなんて。

最近、乳ガン早期発見のピンクリボンキャンペーンをあちこちで目にする。
東京タワーのイルミネーションが一日だけピンクになったことも。
一般的な検査では早期発見が難しいといわれる上に、
肺や脇のリンパに近く転移しやすいために子宮癌よりも質が悪い。
マンモグラフィー検査がでる医療施設も増えているらしいから、
特に子供を産まない30~40代はぜひ!
自治体で受けないと費用が嵩むけれど、
気軽に受けられるうちにイベント気分で受診を。
かくいう私も受けられるところを物色中。
毎日を元気に暮らせることは、決して当たり前のことじゃないから。

今日の元気に感謝しつつクリックよろしく!

人気blogランキング



スポンサーサイト



| 未分類 | 12:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |