FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-06- | ARCHIVE-SELECT | 2005-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

なりゆきまかせが常のオフ

オフの日。
これといった予定もなくて家にいると、
時間の使い方のヘタクソさを思い知る。

朝はそう遅いほうじゃない。
前の日、かなり遅くまで起きていたとしても、
休みの日はどんなに遅くても9時には起きる。
洗濯命!のオフだもの。
お日様がベランダに差し込む間に干さないといけない。
だから雨の日だったらもう少しばかりトロトロと寝ていることも。
というか、長く寝ていられない質のようで、目が覚めてしまうから。
決して歳のせいじゃない。

洗濯、掃除を終えたらぼちぼちと遅めの朝ご飯。
このまま夕方まで食べないパターンが多いので、
ウィークデーよりはしっかり食べる。

と、ここまでは流れのままに慣れたパターンに従ってそつなくこなす。
問題は昼前後からの動きだ。
ちょいとお買い物でも…とでかけるにしても、食品を買うだけじゃ時間があまる。
そこでダイソーやらかしこやらへと足を延ばして歩き回って散財し、
家に戻ったら夕方近くになっていることも。
さもなければ家の片づけを始めてしまい、しかも一局集中型なので、
同じところに何時間も座り込んでの作業になったりして、
いちいちが行き当たりばったりの成り行きおまかせ的な流れになっている。
ふと気付けば太陽がオレンジに色を変えて、夕暮れ時になっている。
大嫌いな日曜の夕暮れ時にはとっくにお酒をあおってはいても、
今日はいったい何をしたっけ?…と、貴重なオフをうまく使えない自分にげんなり。

ちなみに、ドラフトワンのキャンペーン終了を知ってショックを受けた昨日は、
それでもやっぱり2缶も飲んで、残っていたワイン1/2も飲み干し、
茹で野菜とチーズあたりをつまみに夕食を終えて、後はずっとネット三昧。
11時には寝ようと思っていたのに、見始めた情熱大陸に釘付けに。
あんなにパワフルかつストイックな指揮者が日本にいたんだなぁ。
そうして迂闊にもそのまま寺尾聡のナレーションに聞き惚れるように、
世界遺産へとプログラムは進み、電源を落とそうとした瞬間、
目に入ってきたのは仕事で見慣れた空撮の島影。
知床じゃん!?
登録された途端に取り上げるなんて、世界遺産もネタ切れかしら?
でもその一方でエゾしかやヒグマの被害が増えていて、
自然との共存・共生がうたえなくなりつつある知床。
痛し痒しってところか。

そんなわけで、見入った割には番組終了まで意識が持たず、
予定の1時間遅れで就寝。
やっぱりことごとく予定通りにはいかないオフのなおニンだったのだ。


地震の次は大型台風?今夜から明日は荒れに荒れるそうですから、
どちらさまもクリック後は用心してお過ごしください。

人気blogランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 21:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

買ったばかりのおもちゃ

わけあって朝帰り。
昼まで寝て、お昼を食べてまた眠る。

カラダを動かしたくなって、
LOFTでフリスビーを購入。
輪っかだけのうんと飛ぶやつだ。

近くの天沼公園でさっそく相方ととばし合っていると、
近くにいた小学生が貸してくれとやってきた。
だったらいっしょにやろうよ。
4人の小学生が混じる。
当然ちっとも飛ばせないし、
そのくせ取り合いになったりてんやわんや。
そのうちひとりの子が投げたフリスビーが、
大きく桜の木をかすめて車道へと飛んでいった。
やばいやばい。
無事にひろってきた小学生達。
今度こちらに飛んできたら帰ろうと相方と話していた矢先、
また飛びすぎたフリスビーがとうとう桜の大木の
頂上付近にひっかかってしまった。
見物人を含む10名程度が木を見上げる。
木に登りかける子も。
でもどう登っても取れる位置じゃない。
加減のわからない子供達に徐々に腹が立ってくる。

「投げたのは誰だったっけ?」
「…」
「最後に投げたのは誰?」
「はい…」
「きみさ、謝ってくれないかな」
「あ、ごめんなさい」
「ひとのものを借りたときは気をつけて扱わないとね。
 あんなところに上がっちゃったらもうとれないし」
「こっちの木から登ればいけるかも…」
「揺らしたってダメ!木がこれだけ太いんだから落ちないの。
 木に登って怪我されてもこまるしね。もう諦めて。
 これ今日買ったばかりなのよ」
私も支離滅裂だ。
もったいねーと、それでも上を見上げる子たちを残して家へと向かう。
こういうとき、相方はひたすら傍観者。
「ったくなぁ」とか
「子供だからなぁ」なんて
慰めにもならないことをいうだけ。

納まりきれない腹の虫を、チリビーンズ作りに没頭することで
忘れることに。
こういうのは食べて忘れるしかない。
へんなの。

子供に教えられることって思いのほか多いっていうけどまったくだ。
腹が立っても怒りの矛先を向ける先がないのって、
不思議と悲しく思えるものなんだな。


大人だって買ったばかりのおもちゃをなくされれば悲しいのさ。
そんなわけでクリックよろしく

人気blogランキング

| 未分類 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |