FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-06- | ARCHIVE-SELECT | 2005-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ひとりご飯 「★つ・ぶ・や・き★(1280004)」

いつものことなんだけれど、
実家から帰ると料理魂に火がつく。
台所で母のレシピを盗み見つつ手伝っているせいだ。
どっさりストックされている料理本から得た情報も試してみたくなる。
メモするほどじゃなので、忘れないうちに…と。

だから昨日は羽田の帰り、
荷物が多いのも厭わずにヨーカドーへ立ち寄って、
食材を購入。
すっかりからっぽになっていた野菜室がにわかに満載に。

蕪のそぼろあんかけや小松菜の胡麻よごしや鶏肉の塩ダレ焼きなど、
簡単にできて、でも野菜の旨みが楽しめる料理を作ってみた。
おみやげにもらってきた稚加榮の辛子めんたいと、
紙パック入りの海童も動員して、
なんだかずいぶんと久しぶりなひとりご飯。
誰に気を遣うこともなく好きなだけ食べたいように食べられるけど、
やっぱり会話のない食事は味気ない。
本当においしくできたのかな?自己満足?

食事って大切よね。
実家に帰って母の料理を両親といただくたびにそう思う。
ひとりご飯に慣れたままでいちゃいけない。
たとえひとりのご飯であっても、
出来合いやインスタントだけで済ませずに、
自分なりの工夫や楽しみやこだわりがあったほうがいい。
いっしょに食べる相手がいるのなら、
料理のひとつひとつを五感で味わいながら、
素材とそれを育ててくれた人への感謝と、
そしてもちろん料理してくれた人へのありがとうを、
しっかり伝えなくちゃ。
おいしくて当たり前なことなんて絶対ない。
おいしくしようという想いがなければ、おいしいものは生まれないんだから。


あなたは誰と楽しいご飯をたべますか?クリックよろしくー。

人気blogランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 12:05 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |