FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-06- | ARCHIVE-SELECT | 2005-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

朝日を浴びよう 「★つ・ぶ・や・き★(1280004)」

今日はオフィス内のお引っ越し。
期変わりを機に取り組む新体制に伴うもの。
今までの日当たりのよい窓際から、
パーテーションで仕切られた部屋へ。
ブラインド越しとはいえ、日差しのお陰で暑かったから、
少しは快適になるかも。

人間は目覚めたら朝日を浴びたほうがいいらしい。
太陽がもつパワーを浴びることで本能的に頭が覚醒して、
体内のエネルギーが働き出すのだ、たぶん。
だから本当は雨戸など閉めずに、
日の出とともに少しだけ朝の光が部屋に差すくらいの、
そんな環境がいいはず。
今の家に引っ越したばかりのころ、
寝室の雨戸を閉めて寝ていたら、
思いっきり寝坊したことがある。
真っ暗なままだとめざましが鳴っても二度寝してしまうのだ。
めざましでうっすら意識が戻ったときには、
少しばかり明るい方がいい。

夜もこれと同様で、
寝る直前まで煌々と明るい部屋にいるのではなく、
ランプやろうそくなどでほの明るい程度にまで照明を落とすほうが、
楽に眠りにつけるらしい。
私は比較的早く帰れた日にはこれをやることが多い。
フロアランプを点けて、
インセンスを焚きながら、
ズブロッカあたりをチビチビやれば、
なかなかどうしてリラックスできる空間に。
ただ心が乱れていると、更なる深みへと落ち込んでしまいかねないから、
ここはケースバイケースの加減が必要。

いくら都会生活にどっぷりと浸っていても、
自然の摂理のもとで生まれた人体は、
やっぱりナチュラルであり続けることを求めている。
太陽とともに目覚めて、日没とともに休息を迎える生活なんて、
都会じゃとてもやってはいられないけれど、
それでも憧れは消えないな。
できないから憧れるのか、
本能が求めているのか…。


クリックをよろしく。

人気blogランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 14:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |