なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-05- | ARCHIVE-SELECT | 2005-07- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

初の雨ラウンド? 「それってどうなの?(251)」

そりゃあ言ったよ、何度もね。
イベント予定日が雨の予報だったりしたとき、
ずらしたほうがいいじゃない?なんて懸念する飲んだくれに、
「だいじょーぶ!私を連れていけば、雨は降らんっちゅーの」って、
まったく根拠のない自信だけで言ってきた。
そうして実際晴れてきた。
「さすが!」とか、「大したもんだ!」なんて
しまいには親にまで言われるようになっちゃって。

高まる自信。
培ってきた実績(甚だおおげさ)。

だから今回も低気圧なんてふっとぶだろうとタカを括っていたのだが。

仕事が引けた後軽井沢へ向かう明日はもちろん、
ラウンドする土曜、さらには帰途につく日曜も見事に傘マーク。
50%を越える降水確率は百戦錬磨のなおニンをしても、
為す術なし。
いや、別に今までだって術を尽くして来たわけじゃない。
たまたま晴れただけのことなんだけど。
 
何回グリーンに出たのか定かじゃないけれど、
しとしと降ってた雨がスタート直前に晴れたり、
クラブハウスからクルマに乗った途端に雨が降り出したりという、
神懸かり的な晴れ女パフォーマンスにもどうやらケチが付きそう。

ってか、やだよ。
雨中ゴルフ。
買って2度しか回ってないゴルフシューズもびしょ濡れになるんだろうし、
雨を吸ってずっしり重くなった体で回ることに、
いったいどんなおもしろみがあるってんだ。

別荘の広いお風呂にちゃっぷり浮かんでるほうがなんぼかいいな。
私留守番しながら、おいしい晩ご飯作っときまーす…、ってだめだろか。
そんなこと言ったら、みんな怒るんだろーなー。

ものは経験ってか?
んー。
ランチタイムのビールもおいしそうな気がしないんだけどなー。

晴れてくれればすれべクリアなのに。
やれやれ。
なんでこんな梅雨時に計画したのか。
うらめしー。


さあ!てるてる坊主代わりに愛のクリックを!

人気blogランキング

| 未分類 | 12:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オーガニックサンドイッチのお店が恵比寿にオープン! 「美味しいお店を教えて!(67160)」

かおるるさんからおいしー情報!

恵比寿にとてもおいしいサンドイッチのお店がオープン!
五反田島津山パネッテリア・アリエッタの姉妹店、パーレパニーニ・アリエッタ。

パンはもちろんフルーツやお野菜、マヨネーズ、塩など、
その素材のすべてをオーガニックスピリットで厳選しているとのこと。
まずかろうかずがない。

また、かおるるさんイチ押しのソフトクリームも
カリスマ多田克彦氏による門外不出の逸品だとか。

これを食べない手はないでしょう。
なおニンも近々出没予定。
お近くの方はぜひ!
感想などもぜひぜひ。

ariettamap

| 未分類 | 11:42 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雨靴と中沢の年俸 「それってどうなの?(251)」

雨の日の通勤にどんな靴を履いていけばいいのかいつも迷う。
オフのワンマイルならゴム製のサボとか、
いっそ素足でウォーターシューズとか、
もっと開き直ってビーサンなんかを履いてしまうけど、
今朝のようにざんざん降りの朝などは、
靴箱を全開にしてしばし悩んでしまう。

昔は靴全体を覆うビニール製の雨カバーなんてものがあったっけ。
どう見てもおばちゃん仕様で、装着して歩くのは勇気がいった。
最近は合皮のレインシューズも増えたけど、
デザイン的に抵抗のあるものばかり。
だからって打合せにスニーカーも野暮だし、
サンダルじゃビショビショになってしまうし…。

だから結局は手持ちの靴の中で、
いくらか愛着が薄れつつあるものや、
お払い箱間近なものたちが雨の日に登場、となる。
雨を吸った靴たちはあっというまに型が崩れる。
雨が続くと頻繁に出番が来るからますます情けない有様に。
かわいそうな雨の日の靴たち。
今の時代、雨を楽しむナイスな靴がもっともっと作られていいんじゃないの?
大人のためのスタイリッシュで快適な雨の日の仕事靴。
メンテナンスフリーならもっといい。
すでにあるのなら知りたいし、まだなら早く作ってほしいな。

ところで、ジーコジャパンの中沢が横浜残留を決めたらしい。
海外移籍の話が来ていたけれど、来年のW杯を睨んで移籍をやめ、
代表として、よりコンディションのいい状態で参加できる環境を取ったということに。
2009年までの契約が新たに交わされ、初年度の年俸は9000万。
9000万…、それっぽっち?
これで日本人DF最高額というからかなりびっくり。
彼のパフォーマンスからすれば安すぎるし、
それを考えるとプロ野球の年俸は腹が立つくらい高すぎる。
野球とサッカー。
今となってはサッカーだってとっくに市民権得てるでしょ。
もっと根本的に見なおしてもいいんじゃないかな。


朝からブツクサなRAINY DAY。クリックよろしく。

人気blogランキング

| 未分類 | 10:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

谷亮子の不思議

田村で金、谷でも金、ママでも金…。

あのとんでもなくド派手な結婚式のときも思ったけど、
この谷亮子って人は松田聖子同様、プロデュース能力に長けている。
そのセンスに至っては後回しにするけれど、
着地点のイメージが明解に見えていて、
それを言葉を使って具現化することがうまい。
世間に対して臆せず宣言してしまうのだから、
肝の座り方は半端じゃない。
そして言葉通りに着実に実現していってしまう、そんな人だ。
あれだけの選手だもの、当たり前じゃん…、と思いがちだけど、
でもそこには彼女ならではの個性がある。

ひとことでいっちゃえば自己主張が強い。
図々しいとも言う。
常に前向きで自信満々。
昨日の記者会見の堂々たる語りっぷりはどうよ。
国民の期待は嬉しいけど、子供産みたいんでってことばかりで、
謙虚さは微塵もない。
期待に添えずごめんなさいね、はないのだ。
いや別になおニン的にも彼女の7連覇にはまったく興味はないけれど、
彼女の語り口のひとつひとつがどうにも感じが悪くて仕方ない。
あら子供ができたんだ?よかったじゃん!なんてことは、
これっぽっちも思えない。
ここでも言わせてしまうのか?
「あれだけの選手だから自信持ってないと…」と。
でも例えば室伏くんのように謙虚な一流選手だっているじゃないの。

なんだろう、谷亮子の感じの悪さの原因は。

で、彼女のセンスの話もしておくかな。
よく心得たもので、着ているものは彼女のルックスに合ってるんだ。
あれでゴージャスやらフェミニンやらを装われてもそれはそれでたまらんのだが、
そこは身の程を知っている、としよう。
もちろんデビさんクラスじゃないと似合うはずもないダイヤの婚約指輪のセンスは
とっくに異常だけど。
短い髪を必至でアップにしている昨日のヘアスタイルもまぁいいさ。
…。
じゃあセンスいいんじゃんってことに?
どうなんだろ。
よくはないよ。間違いなく、
あの地球のカタチをしたウエディングケーキの滑稽さは、
未だに忘れられないもの。


考えてみたら谷亮子も松田聖子も私と同じ福岡の人間だ。
だったら私だってもう少しは自己プロデュースがうまくたっていいはずなのに。
人に尽くしすぎる(かっこいー)のがいけないのかな。
もっと自己中心的に我が道をぐいんぐいん歩いた方が幸せには近いのかな。

おしえてかーさーん。


悩める不惑なおニンにクリックを!

人気blogランキング

| 未分類 | 13:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

風に吹かれて 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

昨日やっと扇風機を出した。
いつも出し入れを相方に任せ切りにしていたので、
組み立てにやや手こずったけど、
10分ほどで1年ぶりの出で立ちを見せた扇風機。
快調に回ってくれた。

扇風機を収納していた納戸。
ブティックや雑貨屋や百貨店などの紙袋が
大量に嵩張ってしまっているのが気になって、
夜9時頃から整理大会。
取っていてもごくたまにしか再利用することもないのに、
基本的に‘捨てられない’なおニンは取っておいてしまう。
それでもキレイに整理してしまえば見た目すっきり。
よしよし。

扇風機の風に吹かれていたら、
なんだか外へでかけたくなって近くの公園へ散歩。
人影のない公園のベンチにしばし腰掛けて、
大きな桜の木にそよぐ風をみていた。
夕涼みには深すぎる時間。
公園のベンチにひとり佇む女って、傍目にちょっと妙かも。
このままもし拉致られても明日会社が始まる時間になるころまで、
誰も私を捜してはくれないんだよなぁ。
ひとりってそういうことだ。

ひとりだからできる気まぐれな散歩なのに、
ひとりの危うさを実感して家へと戻る。

何だったんだ?昨夜のなおニン。
今日はすっかりパワー全開だけどさ。


今週もひとつクリックよろしくー!

人気blogランキング

| 未分類 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

打ちっぱなし→シャワー→ビール 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

今週末からの軽井沢ゴルフに備えてシュルケンさんに
打ちっぱなしに連れて行ってもらった。
仕事で今回は参加できなくなったシュルケンさんにつき合ってもらうのも
どうかと思ったけど、快くOKしてくれた。
サンキューです。

ゴルフ練習場にいくといつも思う。
腰も回らないような手打ちの御老体が、
あっさり軽々同じ軌道でスパーン、スパーンと打てるのは
なぜなんだ?
右にも左にもぶれることなく同じフォームで打てるようになってるのか。
ってか逆にそれ以外の打ち方にはすでに対応できなくなっているってことなのか。
稀にうまく打てても二度と同じ風にいかないなおニン的には、
非常にうらやましい限り。

例によってアイアンはまったく癖もなく飛ぶものの、
ドライバーがいかん。
右に巻いて巻いて飛距離がでない。

やれやれ。

120切れないかも。

休み休み打ちっぱなししてても顔から火を吹きそうな暑さ。
軽井沢とはいえ、この時期炎天下でのラウンドはOKなのか?
日焼けはまず免れまい。
サンバイザーごときでしのげるはずがない。
長そでシャツなんか毛頭着る気ないしね。
それより気になるのは体力で、
運動不足のこのからだで回れるのかが心配。
まぁ疲れたら潔くごめんなさいしてハーフであがろ。

しかしプチな運動をした後のビールはいいやねー。
今日は湿度があるからいまひとつだけど、
でがけに干して行った洗濯物も完璧に乾いていて、
だから夏は好きさ。

けだるい午後。
缶ビール、めずらしく2本目突入。
打ちっぱなしいってシャワーのちビール…。
絵に書いたような親父ギャル?
‘ギャル’に変わる新しい言葉はないんかい?
…zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
ひとりには辛い日曜のトワイライトタイムは、
うたた寝でやり過ごそうって魂胆だ。

オフの昼からお酒飲んでるあなた。
気があったところで、クリックよろしく!

人気blogランキング

| 未分類 | 15:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

のみの市のちヘアカット 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

暑かった。
完全に真夏の日ざし。

が、年に一度ののみの市開催中の五反田、東京でザインセンターへ。
家具を中心に雑貨類がお安く提供されるとのこと。

家にあるソファを来月処分するので替わりのものがあればと思って。

こういうとき、何も心惹かれるものがなくてもさしてがっかりしたりしない。
出費せずに済んでよかったと思えたりするから。
だけど今日は出逢ってしまった。
レッドブラウンのとびきり上質な皮でできたひとりがけのソファ。
試しに座ってみると、そのフォルムからは想像できない、
そのすっぽりと包み込むような座り心地のよさにうっとり…。
そばにやってきた店員さんが、これはお買得だと悪魔のようにささやく。
ちょっとサイズが大きい。
拾い売り場で見ている分には感じないけれど、
850×850のサイズはうちのリビングでは主張し過ぎる。
でも今のソファを処分してしまえばなんとかなるのか?
しかしなんといっても問題なのはその値段。
25万が10万ディスカウントされているとはいえ、
15万だよ、15万。
びた一文のボーナスも出ない身では自爆のきっかけになりかねない。
んー。
だめか、やはり。

後ろ髪をぐいぐい引かれつつ出口に向かっていると、
トントンと肩を叩かれた。
へ?っと振り向くと、
あろうことはそこにはかおるるが。
なんでいんの?ここに?…???

実は彼女、
すぐそばにある英会話教室に通っているのだ。
で、私がここに書いたのみの市情報を見て、
ちょっと足を延ばしてみたというのだ。
なんかすんごい偶然!?と思ったら、
そういうことでもなくて。
でも、それでもいくらかの偶然を喜びあって(私だけか?)
件のソファを見せにショップへ戻る。
「あらー、いいじゃないですかぁ、これ。
こういうのは見つけた時に買っておいたほうがいいですよー」と、
やっと諦めた気持ちを揺さぶるようなことをいう。

また振り出しに戻ってしまった気分だったけど、
やっぱり断腸の思いで諦めて近くのモスバーガーでお茶を。
一昨年、去年とコピーの仕事をしたキャンペーンは、
知らないうちにツールが変わっていて…。
今年は仕事がこなかったってことにやっと気付く。
呑気だ。
ファーストフード店にはほとんど入ることがないから、
こういうことになる。
「匠」とかいうあり得なく高級なハンバーガーに心揺れたけど、
幸か不幸か販売開始時間14時になっておらず、
口にすることはできなかった。

かおるると五反田駅で別れる。
暑い…。
髪を切ることにして広尾へ。
癖っ毛のなおニン的としては、
暑さと湿度対策は短かくするしかないわけで、
「やっぱ我慢できませんでした…」と美容師さんにぼそり。
先月「短くしないで梅雨を乗り切る!」と宣言した私の言葉どおり
そこそこの長さでとめておいてくれたのに。
しゃきっと短く夏モード。
どうせまた伸びるんだから。

明日も暑いのかー?



| 未分類 | 21:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ロナウジーニョの視線の先 「それってどうなの?(251)」

気になる1ショット。
hide&ronau
Yahoo!Newsの写真ニュース一覧で見つけた1ショット。
ヒデとロナウジーニョの図。
ヒデの箔を如実に伝えている。
なんつったって世界NO.1のファンタジスタとユニフォーム交換してるんだから。
もちろんこの場合ロナウジーニョから‘チェンジしようぜ’といったはずで、
ヒデの再三の積極的なチェックやパフォーマンスをロナウジーニョが讃えたってことなんだろ。
でもなおニン的にはロナウジーニョの視線の先が気になって仕方ない。
資生堂のポスターにもなった惚れ惚れするヒデの肉体美に
ロナウジーニョも目を奪われていないか。
ヒデの美しい胸元に目がいっちゃってるじゃないの。
そうなってくると、頭の後ろに回されたロナウジーニョの手にも、
あらぬ想像を掻き立てられる。
お陰で朝からこの写真に長々と見入ってしまった。
いずれにしてもキープしておきたい一枚に違いはない。

で、結局今朝もちょっと眠い。
未だブラジル戦の興奮が醒めず、
録画したビデオを昨夜1時半ごろから観てしまった。

終了間際の大黒のヘディングの惜しかったこと。
成り行きはわかっているのに何度みても頭を抱えてしまう。
神様はまだまだ勝たせてはくれないらしい。

昨日の眼底検査でようやっと両眼とも異常のないことが保証され、
ここ1ヶ月ほどどこかくすぶっていたモチベーションを上げて、
リスタートする気になっている。
折りもおり、今日から真夏並みの暑さがやってくる。
仕事は今日で一段落…のはず?
7月はたっぷり遊ぶ予定なんだけど、思い通りにいけるんだか。
軽く仕切直しモードの今日がいい一日になりますよーに。

今日は元気をわけてあげられそうっす。クリックよろしく!

人気blogランキング

| 未分類 | 11:11 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今日も眠たい… 「ジーコ日本代表(13386)」

結局キックオフを前に眠気に負けて寝てしまったブラジル戦。
朝5時過ぎに目覚めて、結果はビデオでチェック。

加地のオフサイドがなければ勝ててたかも?
でもジャッジはジャッジ。
それに実力ではやはりブラジルがまだまだ上。
ドローでも十分にW杯への自信に繋がったのでは?

それでも俊輔の目の覚めるようなミドルシュートはもちろん、
いい位置に詰めていた大黒のシュートや、
ロナウジーニョに果敢にチェックに行くヒデやら、
ファインセーブラッシュの川口やら、
チャンピオンブラジル相手ならではのおもしろいゲームだった。

ひとりで観るにはもったいなさすぎるゲームだったことだけは
間違いない。

1年後の奮闘を願ってクリックをば。

人気blogランキング

| 未分類 | 10:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

リトル沖縄のうまいもん 「美味しいお店を教えて!(67160)」

残業後の寸暇を惜しんで駆け込んだリトル沖縄

件のティビチは、こんな様子。

今日も泡盛1合カラカラをさらっとあけて帰りましたとさ。

| 未分類 | 01:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジーン 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

明後日の入稿を控えて、
さらには別2案件のマネジメントと、
営業やらで怒濤のてんやわんや。
死語といわれようとなんだろうと、
この状況を‘てんやわんや’といわずしてなんという。
立て続けにかかってくるクライアントからの電話に、
にこやかに出ることすら億劫になる。
いかんいかん。

昨日からの不快な背中の凝り、
慢性肩こり、湿度によるヘアスタイルの乱れ…、
いろんなことが気になりつつ差しあたっての作業やら
外出に追われた一日。
いつものように眠気に襲われる暇さえなくて、
気を抜くと頭の芯がジーンとする。
トランスに近い感覚。

ジーン…。

ハートに沁みる感動の‘ジーン’ならいいんだけど。
今日の‘ジーン’はいただけないな。
頭の芯がホワイトアウトしそうな気配。

明日はいよいよ右眼の眼底検査だけど、
視力が戻らないまま客先へ出向かなくてはならなくなった。

明日も雨…?
この前左目を検査したときも雨の中、
足元を気にしながらよちよちと帰った記憶が。
すっころばないように気をつけなくちゃ。

今夜はブラジル戦。
ケルンの奇跡を祈りたい。

あなたの1クリックでランキングアップを!

人気blogランキング

| 未分類 | 19:04 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

銀座の沖縄 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

真っ昼間の銀座へ。
照りつける日差しはもう真夏のよう。
横断歩道の白い帯の照り返しがまぶしい。
人出が少ないのはまだ昼前だからか、暑さのせいか。

昼間の銀座裏通りは実にひっそりとしている。
開いているのはせいぜいブティックやカフェくらいで、
一番数が多い飲み屋の類は夜の帳を待っている。
昨日は打合せが終わった6時前に会社へ戻る道すがら、
銀座の裏通りを歩いたけれど、
大きな生け込みを持った花屋さんや、
小走りに配達する酒屋さんや、
髪をきれいに結い上げたお姉さん方が気ぜわしげに歩いていて、
仕込みタイムの活気が溢れてた。

最近銀座でお気に入りなのは、
リトル沖縄
かならずオーダーする海ぶどう、
先日そのおいしさにぞっこんになった豚足の煮込み、
チャンプルー関係もろもろを、
オリオンの生や泡盛でつまむ至福…。

暑くなってきたからまたスタミナつけにいかなくちゃ。

家でもゴーヤを食べる頻度が上がってきて、
夏モードを意識している今日この頃。
元気出していきましょー。

今日も読んだ後にはクリックをよろしくです。

人気blogランキング



| 未分類 | 12:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ギリシャ戦と夏の気配 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

昨夜、うつらうつらとギリシャ戦を観ていたら、
久しぶりの長い地震。
酔いのせいかいつものようにリビングに待避する気にもなれず、
ただぼんやりとしてしまった。
ひとりだと思うと、逆に肝も据わるのか。


結局眠気に負けてサッカーは録画。
朝目覚めると同時にちょっと巻き戻して再生してたら、
1分もしないうちに大黒ゴール。
その後10分ほど早送りして勝利シーンをみる。
ちょっと鳥肌。
勝つなんて思ってなかった。
玉田と入れ替えた大黒のゴール。
ジーコの采配はすばらしい。

でも次のブラジル戦に勝たないと先へは進めない。
自国のチームと、自分で育てたチームを戦わせるジーコの心中やいかに。


そろそろ暑くなってきた。
家で窓を閉め切ったままではいられなくなってきた。
昨日、アイスノンを冷凍庫に入れた。
寝苦しい夜はこれに頼ることも多々あったし。
扇風機もださなきゃ。
ホットカーペットをしまってまだ3ヶ月程度って気がするんだけどな。
冷暖房の世話にならずに過ごせる時間って、案外短いのね。

さて今週は給料日を控えて金欠週間。
仕事も週末入稿により大詰め。
また土曜出勤必至。
7月はガッツリ遊んでしまおう。


今日も読んだ後にはクリックをよろしくです。

人気blogランキング

| 未分類 | 14:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アイルランドって 「ラグビー情報投稿してください。(4579)」

アイルランド。
あまりメジャーな印象がないうえに、
情勢不安な国という認識しかなくて。
国がふたつに別れているのに、
スポーツはひとつの国の代表として結成されるなんて知らないし、
でも今日、日本vsアイルランドのラグビーの試合をみて、
その強さにびっくり。
世界ランキング6位に入っているなんて、
ちっとも知らなかった。

只券が手に入ったとカメラマンなべさんから連絡があったのは昨日の仕事中。
出勤中のお知らせとしてはかなりな朗報。
明日は空の下、ラグビー観戦だい!ってなノリで、
二つ返事で馳せ参じることに。

しかしアイルランドって強いのか?
サッカーじゃ、あまり聞いたことがないけど。

その程度の認識で秩父宮にいってみたらさあ大変。
外苑前から秩父宮の正門までの道は人で埋まっていて進まない。
オールブラックスが来た時でさえこんな人出はなかったはず。
ただものじゃないのか?アイルランド。

聞けばアイルランドは世界ランキング6位だとか。
そりゃあ人気なわけだ。
ろくにルールすらわからない私なんぞが只券で入れていただいていいものか。
ひさしぶりに会うトラちゃんこと、長田さんと待ち合わせて
ずずずいとスタンドへ。

曇りのはずが例によってのカンカン照り。
ビールやお寿司を頬張りつつ、
どうみても暴力スポーツとしか思えない戦況に見入る。

あれでよく生きてるよ。
素人ならひとたまりもないタックルやらぶんなげやら。
あれだけ凄まじいプレーでありながらサッカーよりも
ぜんぜんトラブルがないのが不思議。
ひとりくらい相手に食って掛かるシーンがあってもよさそうなものだ。
根が育ちがいいのか?ラグビー選手って。

途中大畑の奮闘でいい場面もあったけど、
終わってみれば18対48の大差。
でもスコア以上にまけてる気がした試合だった。
選手の尺とスピードが違いすぎ。
日本チームはまるでスロー再生画像をみるかのように、
いちいち遅いんだもん。

ずっと不思議だったんだけど、
大畑って一度引退しなかったっけ?
まぁいいか。

気を紛らわすにはもってこいの観戦だった。
で、また日焼けした。

| 未分類 | 00:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あしたのために 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

寂しくて誰かを求めることはあっても、
寂しさを埋めるためだけに誰かと暮らすわけじゃない。

誰かと暮らすんだったら、
ひとりでいるときには感じることのできない充実感とか、
何かしらのプラスαがなけりゃ意味がない。

ひとりでいる寂しさと、
誰かといる暖かさ。

ひとりでいる開放感と、
誰かといる気詰まり感。

どこを忍んで、どこを味わえばいいのか。




今日からまたひとり。
しばし、なのか、
とうぶん、なのか、
ずっと、なのか。


なりたい自分のために。

| 未分類 | 18:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

3分観たコンフェデ 「ジーコ日本代表(13386)」

今日も夜中に目が覚めて。
はっ!っと思って隣の部屋を除くと、
相方が食い入るように見ているテレビでは
コンフェデの日本VSメキシコ戦が。
録画してあるとはいえ、戦況が気になる。

かなり動きはいいものの、すぐにカットされるパス。
スコアは1-2。
後半44分。
…?あと2、3分しかないやん。

あの時間帯でのこの攻防。
アジア最終予選ではあり得ない光景。
日本も善戦しているように見えなくもないけれど…、
で、終了のホイッスル。
おわってもーた。

メキシコ相手によくやったと思えばいいのか。
だけど次の相手は昨年欧州選手権優勝したギリシャ。
ギリシャは昨日ブラジルに0-3で惨敗してるけど、
そもそものレベルが違う。
ギリシャに勝っておかないとその後はブラジル戦。
日本3戦全敗か。

世界と肩を並べるにはほど遠いことを、
また再認識させられそう。
でもやるしかない。
少なくとも気持ちで負けずに当たって欲しい。



スポーツ選手をみていて時々思う。
これ以上やっても強くなれないし、とか、
怪我がこれ以上ひどくなったらいやだから、とか、
そういう理由で辞める選手がいないのはなぜだろう。
怪我が災いして離脱していってしまう選手もいるにはいるけれど、
彼らの強くて盤石なモチベーションは何に支えられているのか。
報酬や名誉か、何万というファンか。
運とか才能とかいう持って生まれたもの以外に、
アスリートやファンタジスタが拠りどころにするもの。
それが何なのかがすごく知りたい。
そして自分を鼓舞するのはもちろん、
誰かを支えたい。


click please!

人気blogランキング

| 未分類 | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

勇気あるJALチョイス 「それってどうなの?(251)」

1月後半に帰ったきりだった実家へ来月帰省することに。
夏休み申請を11~13日で出したら、夏期休暇は15日からだと却下された。
もう航空券を取ってしまっていたので、有休で処理することに。
中に浮いた3日間の夏休み。
いつとろう。
なにしよう。

盛夏にバカンスするのはどうも気が引ける。
混んでて高くて暑くて。

帰省ついでにほぼ毎年行っている阿蘇あたりなら、
夏休みでも混雑を実感することなく快適だけど。
でも来月の帰省はノルマがある。
父が私の幼稚園時代から取りためている8ミリテープ。
これを整理しないとならないのだ。
かなりの出費となるデジタル変換の術は依然としてメドが立たず、
取り急ぎ必要なものと最悪処分してしまってよいものとにわけるわけだ。

スクリーンに映写する8ミリは室内を暗くしないとキレイに見ることができない。
必然、日が暮れてからの作業となるわけで、3晩延々とこれに費やされること必至。
今回は阿蘇はもちろん遠出は無理。
せめて手ぐすね引いてまっている母のお酒の相手はできたにしても、
毎晩遅くまでかかるに違いない。
編集した状態で段ボールにたっぷり詰まっているテープたち。
全部見終えること、できるのかな。
懐かしい映像が楽しみだけど、
反面、それを整理し始めてしまった父の心境がちょっと切ない。

さてと。
実はここまでは前置きなんだけど。
いったいJALのお粗末運営はどうなんだ。
にもかかわらず、仕事でも縁があるからってことくらいで
今回の帰郷もJAL便を予約した自分もどうかと思うけど。
そして今朝はまたJAL機が着陸時に2つの前輪が破損する事故。
続くにも程があるJALトラブル。
さすがのなおニンもちょっと不安に。
誰しも「自分だけは大丈夫」と言い聞かせて飛ぶんだけど、
トラブルの都度、誰かしらが被害を受ける。

来月、私のラッキー度がまた試される。
事故運においては死ぬまでラッキーだと思ってるけど、
どうだろう。

つくづくチャレンジャーだな、私。


チャレンジャーなおニンにエールのクリックをば。

人気blogランキング

| 未分類 | 11:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

たしかなこと 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

最近、よく耳に入ってくる曲の中で、
印象的な歌詞がある。

小田和正の「たしかなこと」。

「いちばん大切なことは 特別なことではなく
 ありふれた日々の中で 君を
 今の気持ちのままで 見つめていること」

一番大切なことは、特別なことではない。
確かに。
何ごとにおいても、一番大切なことはしごく当たり前なことで、
ものごとの基本的なことだったりする。
当たり前のことなのに、それができずに苦しむなんて、
人間って不思議。

「自分のこと大切にして 誰かのこと そっと想うみたいに
 切ないとき ひとりでいないで 遠く 遠く離れていかないで」

誰かのことをとても思うとき、
自分を省みなかったりすることが多い気がする。
自分を大切にできないうちは、人のことも愛せないんだろうか。
愛のつもりでいるだけで、それはエゴだったりするんだろうか。

少し切ないくらいのときは誰かにいて欲しいけど、
切なさがとめどなくなるとひとりでいたくなる。
どうのたうち回っても薄まっていかない胸の痛みが、
頭の芯にまで駆け上がって、
身動きすることも考えることもできなくなって、
自分が真っ白になってしまったような錯覚に気付くころ、
やっと少し楽になっている。
なおニンのひどく切ない症候群の症例はこんな風。

そんなことはいいとして、小田和正だ。
この人はある意味天才じゃなかろうかと思う。
言葉やセンテンスのひとつひとつは実にシンプルなのに、
あまりに深い。
時に泣きたくなるのは、あのハイトーンの伸びやかな声によるものが大きいとしても、
あまり歌詞に頓着しない私ですら、あの人の曲にはガツンとやられること多々。

ラブソングなのかメッセージソングなのか、
男女間のことか、親子のことか…。
生命保険のイメージソングだったことを思えば、
親子ってこともありだけど。

どう思う?

「たしかなこと」の歌詞はこちらから。


クリックをよろしくです。

人気blogランキング

| 未分類 | 15:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自分で虹をかける方法 「それってどうなの?(251)」

恥ずかしいのでよほど意気投合した相手か、
あるいは酔ったときにしかうち明けたことがない話があるんだ。

それは実にどうでもいい話で、
私のことをよくわかってない人だと、
「は?」とか「それで?」とか「だからなに?」とか
そういう反応をされてしまうようなつまらんことで、
でもなおニン的には実におもしろい発見だったんだな。

どうでもいいことなんだけど、
だからこそ「あるある」っていってもらえると、
まるで分身に出会えた(大げさ)かのような嬉しさを覚えることって、
ないだろうか。

なおニン的テレビドラマランキング1位を未だ死守している「ロングバケーション」でも
山口智子演じるところの南がピアニスト瀬名役のキムタクに言っていた。
「目をつむって足の中指をさわってるんだけど、実はそれは薬指だったりしたことない?」
みたいなニュアンスのことを。
するとキムタクはあっさり同意する。
「あるよね」だったか「おれも」だったか「普通そうじゃん」だったのか、
台詞云々は忘れたけど。
そうすると南は飛び上がって狂喜する。
生まれて初めてそういう人にであった!と。
そうか?と思って自分でやってみたけど、
私は中指はやっぱり中指だった。
同じネタを誰かに使いたかったけど、そういうわけでダメだった。

ところがだ。
私なりのすんごい発見があったのだ。
前置きがえらく長くなったけど、
それが冒頭に書いた
「恥ずかしいのでよほど意気投合した相手か、
あるいは酔ったときにしかうち明けたことがない話」なんだ。
そんな話をここで書くこと自体、もすうっかり恥ずかしくなくなってるんだけど。

それはこうだ。
晴れた日。
ビン晴れだと無理だから若干の雲もあるくらいの日。
目を細めて太陽を見るわけ。
じっとじっと、時々まぶしすぎて目をつむっちゃうくらいの感じで。
そうすると鼻の奥がジュンとしてくる。
もう少しそうしているとくしゃみが出る。
絶対でる。きっと出る。
これがまずなおニン的不思議な発見。
ここですでに「普通じゃん」っていってる人もいるのかも?
でもそれだけじゃない。
発見はミラクルを起こすんだ。

何かっていうと…、
くしゃみをするときに少し我慢する。
我慢に我慢を重ねて、もうどうにもならないところまで引っ張っておいて、
思いっきり憂さをぶちまけるように
敢えてツバをまき散らすようにして、
太陽の方を向いたままくしゃみをする。
そうすると夢のような現象が起きる。
目の前にプチなレインボーがかかるんだな。

んー、まぁこれは発見じゃない。
科学的に当たり前のことだからね。
それにこれは元彼のクルマの助手席に座っていたときに体験したから、
フロントガラス付近にまきとんだ私のツバ(考えてみたらはしたない)が
いいあんばいでまとまっていたから虹が見えたのかも知れないけど。
でもやったことないでしょ。
体験するってことが大事なんだ。

先日たまたまこの話を友人にしたら、
びっくりしたことに彼もまぶしくてくしゃみをしたことがあったらしい。
なおニン的にはこれだけでかなり嬉しい。
だってそれがたまたまでたくしゃみだと思わずに、
まぶしかったからくしゃみが出たんだ…ってことに気が付くって感性が、
私と近かったわけだし、
この話をして「あるある」といってくれたのは彼だけだったから。
でも調子に乗って虹の話をしたら、笑ってたけどたぶん呆れられた。

虹までたどり着けた人、
早く現れないかな。

虹を目指してクリックしよー!

人気blogランキング

| 未分類 | 13:34 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

泣くと瞼が腫れるのは 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

翌朝目が腫れるほど泣いたことが何度かある。
片思いしていた人が死んだときと、
好きだった人に彼女がいたことを知ったとき、
母親と電話で喧嘩して泣いたこともあった。
他にもあったはずだけど、もう思い出せない。
一重まぶたになってしまった顔を鏡でみて、
会社を休んだこともあったっけな。
ほどんどが恋愛がらみなのがちょっとお粗末。
もっと仕事や生き方につまずいて泣いてみりゃいいのに。

泣きすぎると瞼が腫れるのはなぜなのか。
目薬を作っているメーカーのサイトではこう説明されている。
「ハンカチでまぶたをおさえたり指でこすったりしたために、
まぶたの毛細血管から組織液が浸出して、
皮膚組織がむくみと同じ状態になっているから」ってことらしい。
じゃあ溢れる涙をぬぐいもせず、ハラハラと泣けば腫れないんだろうか。
…?
そんなことはないと思うんだけどなぁ。
どうやったって、ある程度泣き続けると必ず目は腫れるはず。
未だ消化不良。
疑問が残る。

そういうわけで、今日の私はちょっと目が腫れぼったい。
昨夜寝る前に、ひょっとしたらヤバイかも…とおもったら、
やっぱり腫れていた。
朝6時ごろ起き出して冷やしてあったアイパックを瞼においても、
さして引きもせず。
いい歳してなんだかな、私。

外はすっかり初夏なのに。

泣いたなおニンに愛の手を!

人気blogランキング

| 未分類 | 15:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

惚れた弱みってやつ 「★つ・ぶ・や・き★(1280003)」

惚れた弱みってやつがある。

相手にぞっこんなあまり、
多少のデメリットや部の悪さはよしとしてしまう状態。

かつて付き合っていた彼氏に
「惚れた分だけ負けてるんだよ」といわれたことがある。
相手が私に負けたといっているのならカッコイイんだけど、
実は惚れたのは私のほう。
つまりは「おまえから惚れたんだからちょっとくらい我慢しろ」という
元彼の傲慢な一言だったのだ。
こんな言葉を吐かれながらも付き合った6歳年下の男。
いくら傷つけられても離れられなかったのは、
まさに惚れて負けてた以外に考えられない。
ずいぶんと自分を安売りしてたってわけだ。

私はこの人のどこが好きなんだっけ?と、
付き合っている相手のことをときどき思うことが昔からある。

ほとんどの場合、きちんと言葉にできない。
自分を好きでいてくれているところ…、
なんて情けない答えしか出なかったりする。
惚れられているから好きという状態はあまりに危うい。
その人の本質に、キラリと光る魅力を見出せない限り、
長くは続かない。

ぜんぜん振り向いてくれないんですーという恋愛相談。
それは相手が求める魅力が本人にないからだ。
お互いの求めるものが一致すれば、恋はうそのようにうまくいく。
どっちが勝ったの負けているだのと悩む間もない。

若い頃から恋のイロハがわかっていれば、
あんなにたくさん傷つかずとも、涙流さずともここまでこられたのに。
でもたくさんの傷と涙が今の私を作っているとすれば、
それは結果オーライってことか。
でもきっとこれからも、学ぶべきことは山とあって、
だから試練と悦楽は続くのだ。


クリックよろしく。

人気blogランキング

| 未分類 | 11:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ビールのつまみ 「★つ・ぶ・や・き★(1280002)」

茹でたてのとうもろこしとビール…。
それをイメージして、福岡産のとうもろこしを買ってきた。
なのに肝心のビールを買い忘れてくるお粗末。
なんだかなぁ。
さすがに取って返す気力はなくて、
冷凍庫に眠っていたズブロッカを甘夏ジュースとソーダで割る。
ともろこしとの相性的にどうなんだろう。

そもそもが、茹でたとうもろこしとビールの相性はいいのか。
たまたま電話をくれた友人曰く、ちょっと考え込みながら
やったことないから分からないけど…、
でも変じゃないか…。んー、変ではないか…。
と、どう否定せずに言葉を尽くそうかと難儀している様子。
なおニン的には少しも不思議はないんだけど、これも食習慣の違いか。
でも考えてみれば、茹でたとうもろこしにいわゆるビールのつまみのイメージはない。
そのともろこしが例えば醤油タレなんかを塗った炭火焼きならまだしも、
塩茹でしただけじゃ物足りないのかも。
ビールのつまみはある程度の塩気と香ばしさが必要だしね。
んー。
確かにね。
だったら、といっしょに買ってきたアスパラをベーコンで巻いて焼いてみる。
これなら文句はあるまい。
…っとオフ恒例のひとり酒はすすむ。
土曜の昼下がりからぼちぼち陽が暮れ始めるまで、
ゆっくりとまったりと、手作りつまみを相手に、
メートルはあがっていく。
でもビールにはやっぱり焼き鳥かなぁ。
特に塩の聞いた手羽先とか、ぼんちりとか…。
薄く焼いたマルゲリータあたりもいいけどなぁ。

昨日はakiさんの愚痴を聞きに、会社近くの矢満一へ。
小民家風な落ち着いた風情とおいしいつまみに誘われて、
これまでも3回程お邪魔しているお店。
名物の煮込みもおいしいけど、昨日はめずらしい生くらげのポン酢かけや、
ワラサ(はまち)のお刺身などをいただきつつ、
芋と黒糖をちびちびといただく。

体制を変えつつある会社の中枢を担うことになってしまった私達。
会社とは?経営とは?
なんにも知らないままに年をとってるというだけで据えられてしまった
ポジションに戸惑いつつも、やらねばならないことは目白押し。
えらいことだ。
身の丈に合ってないんだよね、そもそもが。
やるだけやってはみるけれど。

クリックよろしく。

人気blogランキング



| 未分類 | 18:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

蛍と浴衣 「★つ・ぶ・や・き★(1280002)」

とうとう梅雨入り?
今日から来週一週間、ほぼ雨だ。
ミュールやサンダルとはしばしお別れして、
足元は当分ブーツやスニーカーに。

今年はやけに蛍のニュースが聞こえてくる。
椿山荘の庭で鑑賞できるパックがあるとか、
青梅のどこそこで蛍祭りがあるとか。
偶然に出会える蛍はもう幻なんだな。
昔2度ほどみたことがあるけど、
こんなに貴重なものになるとは思ってもいなかった。

盛夏の風物詩のイメージが強いけれど、
6月のこの時期がシーズンらしい。
時間も案外遅めの21時ごろがいいんだとか。

花火もいいけど蛍もロマンチックでいいな。
浴衣もこの時期ならさして暑くもないだろうし。

そう。
浴衣って見た目涼しげでも、着ているとかなり暑い。
かつてのり平とふたりして1日浴衣着付け教室に参加して、
花火大会に向けて万全のテクを身につけたのに、
クロゼットの鏡の前で何度もやり直しを繰り返して着付けているうちに、
全身汗だくになったっけな。
その何年か後にも、やっぱり彼氏と花火にいくからって、
勇んで浴衣を着たけれどやっぱり汗まみれになっちゃって、
しかも帯の具合がどうもよくなくて結局Tシャツに着替え直したことも。
汗を吸ってぐったりした襦袢を洗濯機に投げ込んで、
出かける頃にはすっかり疲れてしまってた。
浴衣を着るには高いモチベーションと諦める潔さが必要だ。

クリックよろしく。

人気blogランキング

| 未分類 | 13:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ひとりで大興奮のドイツ行き決定戦 「ジーコ日本代表(13386)」

昨夜は19時ジャストに帰宅。
やることは残っていたし、ひとりで観るのもどうかと思ったけど、
なにしろ落ち着いて観戦したくて帰ってしまった。

帰りがけに通る八百屋さんの店先の空豆。
やや小振りながら20本ほど入って198円也を即買い。
選手入場などをチラチラみながらサヤごとグリルで焼く。
ドイツ行きをしかと見届けるために、今日はアルコールも自粛。
冷や奴と熱々の空豆を前にしたころキックオフ。

前半はいうまでもなく覇気に欠ける展開。
髪を切った鈴木は精彩なく、加地もミスが目立つ。
勝ってドイツに行くという目標が危うく思えてくる。
それが後半は流れが変わってシュート数が増え始める。
後がない北朝鮮にも何度もゴールを狙われ、
どんどんゲームがおもしろくなっていく。
北朝鮮の激しいファウルも目立ちはじめる。
激が外へ聞こえそうで窓を閉め切ってしまったのはこのころか。
そして後半20分過ぎの柳沢の滑り込みゴール。
さらにはお手本のような小気味のいい大黒のゴール。
この大黒、今や冗談じゃんなく本当に日本にとって七福神クラスの至宝。
キノコヘアをフワフワとなびかせながらベンチに駆け寄ってハグする様子は
まだまだ子供のようなのに、
使命に応ようとする闘志はもう立派なファンタジスタだ。
あんなゴールが決められるまでに成長したジーコジャパンが誇らしい。

今日からちょうど1年後、ドイツで開幕するWC。
まさかドイツまで行こうとは思わないけど、
また暑い夏になることは間違いなし。
1年掛けてのジーコジャパンの成長も楽しみだけど、
私も公私ともに充実した日々を送っていたい。
長いようで実は短い1年。
流されずしたたかに生きなくちゃ。

今日クリックよろしくです。

人気blogランキング

| 未分類 | 10:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドキドキ 「ジーコ日本代表(13386)」

すでにドキドキだったりする。

北朝鮮戦に勝てるかどうか…、
ではなくて、
家でビール片手に観戦できるよう、
定時に仕事を終えられるかどうかにドキドキで、
朝から進まない作業に苛つきつつも、
気ばかりフル稼動している状況。

今日は勝つ。
負けると思っていたバーレーン戦で勝てたので、
その理屈からいくとあまり過信はしたくないけど。

それにしても前戦以降ヒデの評判がすこぶるいい。
黒子に徹して若手のメンタルサポートまで進んでやっているらしい。
フィオで干されっぱなしだった鬱憤ってわけじゃないだろうけど、
一時はそのストイックさゆえ常にメンバーの中でも浮いた存在だったし、
ジーコとの不仲までいわれていたのがうそのよう。
自分が求められているものと自らの思いとが合致したのかな。

ささ。
早いとこ、仕事しなくちゃ。

クリックよろしくです。

人気blogランキング

| 未分類 | 17:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハッポウジケン…? 「それってどうなの?(251)」

今朝の同僚I君の第一声。
「昨日のハッポウジケン、意外と近かったんだよ!」
「…。」

ハッポウジケン…?
「発泡事件」なら昨日の私の日記のタイトルだよ。
I君はここ、「曝した日記」の存在は知っているけれど日参していない。
昨日の日記を読んでいるはずがない。
それに、
例え彼の言う「ハッポウジケン」が昨日の私の「発泡事件」だったにせよ、
「近い」ってなに。
現にあんたはその瞬間の唯一の目撃者じゃん。
意味わかんないし。

「え?…」と頭がこんがらがっている私に彼は、
「あれ?知らない?変な男が行きずりでカップルを刺して警察がハッポウしたの」
はぁ?マジで?「発泡」ならぬ「発砲」じゃん。
私が日比谷の日本一高いといわれる焼鳥屋でごちになってるころ、
そんなことが起きていたのか。
「えぇぇぇ~?撃ったのー?ここいらで?」
「八幡山。あのね、世田谷のね…」
いや、キミの家がその辺りだってことは知ってるさ。
「近い」のは会社じゃなくて自宅だったんだね。
彼の第一声がいかにわかりにくい日本語だったかってことを教えてやりたいんだが、
それよりも私は自分の「ハッポウ」繋がりのほうがおもしろくて、
事件の顛末を身振り付きで説明してくれるI君の顔を見ながら、
今日の日記のネタはこれっきゃないでしょー!と心の中で指をならした。

なんだかまるで自分に予知能力が降りてきたような気分…。
そうか?ちょっとニュアンスが違う。まぁいいか。
そんなことができるようになったらきっと不幸になりそうだから、
サイキックな人になりたいとは思ってないけど。
先がわからないからこそ悩むし、楽しいんだし。

まぁそれはそれとして。
肝心の発砲事件。
I君の話によれば、
やや精神的不安定な男性が道すがら体が触れたカップルの男性の方を持っていた刃物で刺し、
駆けつけた警官が棍棒で彼の足などを殴打。
それでも逃げた男に向かって警官が3発発砲。
足、右胸(心臓じゃないらしい)、他1カ所に当たって重傷…という事件だったそうな。
自宅のそばで起きるには物騒すぎる事件。
こわ。
世田谷も一時のように優雅を気取っていられるところばかりじゃない。

ってゆーか。
これって「発砲事件」でいいの?
私としてはだ。
本来撃っちゃならん人間が銃をぶっ放すのがそれだと思ってるんだけどな。
今回の場合、発砲したのは警官だし。
「事件」は警官が発砲したことじゃなく、通り魔が刺したってことの方だ。
あえて「事件」というのなら、
「刃物による傷害事件」とか「通り魔刺傷事件」あたりじゃないのかな。
屁理屈?
I君をこのネタで責めてみたいな(サド気味?)
ハッポウだけに、I君八方塞がり!みたいなことに?
たかちゃんみたいでちょっとマズイな。


最近ちょい好調!クリックよろしくー!

人気blogランキング




| 未分類 | 11:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今朝の発泡事件

最近コンビニでよく買うのがクリスタルガイザーのスパークリング
つまり発泡ミネラル水。
コカ・コーラの炭酸はちょっときついと思う私にはちょうどいいし、
なにしろ甘みがないから喉の渇きを潤すにはもってこい。

今朝も朝一番の仕事をちゃちゃっと終えてコンビニで買ってきた。
席に戻ってさっそくキャップをあけたらば…、
ジュワーっという音と共に中身が勢いよく噴き出して、
押さえようにも押さえられないその噴き出しっぷりに、
床にジョボジョボこぼれるに任せてボトルをもった腕を延ばしたまま、
呆然と納まるのを待ってしまった。
ベランダでたばこを吹かしながらカーフレイズをやっていたakiさんには
目撃されずにすんだけど、
その隣のIくんはさすがにこぼれ落ちる音に気が付いて、
「ありゃありゃー。らしからぬこと、やっちゃいましたねー」と、
ティッシュ片手に駆け寄ろうとしてくれている。

なんでだ?
今まで一度だってこんなことなかったのに。
コンビニ袋を振り回して帰ってきたわけじゃなし、
きっと陳列するときに店員さんが取り落としたに違いない。
やれやれ。朝からびっくりな噴水騒ぎだ。

ところで、I君の発言がちょっと気になる。
「らしからぬこと」ってことは、私はそんな無様なことをしそうもないと、
彼的にはそう私を見ているってことか。
なんとも嬉しい限り。
おっちょこちょいかつそそっかしさでは、
右にはほぼ誰もいなかろうと思っているなおニン的には、
ありがたい評価かも。
竹を割ったような…とか、男らしいとか、サバサバしてるとか、
おおよそ女に贈られる褒め言葉とは思えない賛辞ばかり浴びせられてきたけど、
こういう卒のない印象を人に与えていることに関してはよしとしておくかな。

しかし。
もっと潤いのある女にはどうすればなれるの?
しゃべりすぎか?と思って黙っていると、ふて腐れているといわれ、
控えめに徹しておこうとすると、具合が悪いのかといわれ、
内緒!なんていっても、誰もたいしたことだとは思ってくれない。
そのまま突っ走れってことだろな。

さて。
今日は久々光合成できそうな日和。
元気ハツラツいってみよ。

今日もクリックをよろしくでーす。

人気blogランキング

| 未分類 | 11:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

残り物ジャージャン麺 「今夜のばんごはん(250356)」

今夜はジャージャン麺。
材料はことごとく残り物。
生姜とにんにくとセロリのみじん切りをのんびりと炒めてから、
トマトと筍を加えてさらに炒めて豚挽き肉を投入。
果実酒作りで余ったクコも入れてみた。
セオリーに反して挽肉を後にした意味はないんだけど、
なんとなく今日はそんな気分だったんだ。
それから紹興酒とガラスープ、豆板醤、豆チ醤、XO醤、八丁味噌…。
ピリっと辛くしたので砂糖を少し足してできあがり。
茹でて熱を取った麺にもやしを散らして
ジャンをたっぷりトッピング。

適当にイメージだけで作ったのに、
自分を褒めてあげたくなるくらいおいしくできることがたまにあるけど、
今日のジャージャン麺はまさにそれ。
相方はとくに反応なかったけど、出来合いだと思ったんだろうか。
まぁいいさ。
たとえ同じものを作ってといわれても、できないかもしれないし。
ごちそうさまっ!


おいしい!にクリックを!

人気blogランキング


| 未分類 | 21:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

落ちて砕けて 「★つ・ぶ・や・き★(1280002)」

ファンデーションのパクトを取り落として、
4割がた残っていたファンデーションが
リビングの、しかも掃除機を掛け終わったばかりの床に、
粉々に砕け散った。

値段に換算すれば1500円分くらいを無駄にした計算。
あれはどうしてああ割れちゃうのかね。
前回は杭州へ行ったときに、
化粧ポーチをキャリーケースにいれたまま預けてしまったので、
帰ってきたらファンデーションが割れており…。
2回続けて最後まで使い切らないうちに無駄にしてしまった。

仕方なく買いにでかける。
夏向きにオークル03。
02のほうが肌がきれいに見えるという店員の言葉をやんわりいなして、
毎年これですから…と濃い色を選ぶ。
通勤だけでバカンス焼けと勘違いされる私。
気にしていてもどうせさらに焼けるのだ。
昨日、今日とお店に並んでいる日傘に何度も目がいったけど、
ボッテリと嵩張るのがどうもいけない。
買えない…。

〈UP!〉マークを夢見てクリック!

人気blogランキング


| 未分類 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

韓国家庭料理ならここへ 「美味しいお店を教えて!(67160)」

勝てたな、バーレーン戦。
ギリギリまで1時間と少し寝たせいか、最後までしっかり見てられた。
小笠原の一点が決まる直前、前を指差した俊輔は何をいったのかな。
お前が打て!っていったのかな。
あのシーンしかリプレイにピックされないもんだから、
そこだけがとても印象的に残ってる。
とはいえ前半に一点取れていたからこそ見ていられたようなもので、
0-0のまま続いていたらやんなって見るのをやめたかも。
それくらい決定力に欠ける試合だった。
ヒデ、俊輔、三都主が出場停止の次戦はどう攻めるか。
海外組み不在だった最初の北朝鮮戦を思えば不安はないけれど。
8日の無観客試合は絵的にも見ものだな。

今日はノリ誕前夜祭を祝うべく四谷三丁目のハレルヤ亭へ。
薬膳を取り入れた韓国家庭料理がいただけるここへは、今日が4回目。
それでもまだメニュー制覇には至ってなくて。
この前おいしかったあれをもう一度!と選んでしまうので次へと進めないのだ。
今日は牛テールをナツメや唐辛子で煮込んだコリムチ、
焼いた豆腐を唐辛子で煮込んだ豆腐チョリム、
熱々のスン豆腐チゲ(「スン」はおぼろ豆腐の意味)、
辛くてさらっとしたスープにひたった
オリジナルの水キムチ、ちぢみなどをいただいた。
ここのちぢみは他では味わえない絶品。
まず海老の風味が香ばしい。えび粉かな。
細かく刻んだ野菜もたっぷり。かぼちゃも入ってる。
薄めにカリっと焼かれた生地の焦げ目に、いく分酸味のあるつけタレが絡んで、
うまいうまいとみんなでいいながらあっというまに2皿完食。

お酒はまずは生ビールを開けて、
ヒロヒロぞっこんの韓国どぶろく、マッコリと、
キュウリを詰めたピッチャーに注いだ韓国真露をロックでいただく。
マッコリはわずかに酸味を感じる濃度のある飲み口。
日本のどぶろくよりもアルコールを感じさせないので飲みやすい。
真露もキュウリから出るエキスのせいもあって甘目。
どちらも辛い料理にとてもあう。
結局6人でマッコリ2リットル、真露360ml3本があいた。
いつもながらによく飲むよ。
これでひとり4千円。安い。
次はぜひ焼肉食べなきゃ。


おいしそー!と思ったらクリックよろしく。

人気blogランキング

| 未分類 | 11:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>