FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-04- | ARCHIVE-SELECT | 2005-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

PCを憎いと思った一日

家のWindowsを相方が毎日仕事に持って行くことになり、
メール他のデータをオンボロのMacにお引っ越しすることに。
WinのデータをCD-Rに焼いたとて、Macでは読まない。
移動はすべてWinからMacに送るメールに添付して、
送ったはなからLanケーブルをつなぎなおして
MacのI.E.を立ち上げて受信しては、
添付を取り込むという実に原始的な方法。
他にないわけ?方法が。
本当にいいのか?こんなことで。
あまりのかったるさと不甲斐なさで、
当初予定していたデータの半分も移動できないままギブアップしてしまった。
根気ゼロ。

さらにこのMac、OS9.1。
最新バージョンをWebからダウンロードしようとしても
できないものが続々…。
OS入れ替えようかな。
つっても入るのか?
自分のマシンなのに
ちっともメンテできてないしわからない自分が実に情けない。
前の会社を辞める時に退職金替わりにもらったデザイナーの
使い古しってこともあるけど、一度しっかり把握しなくちゃ。
今日は朝からこんな事態が多々発生して疲労困ぱい。
ウィークより疲れる休日って、どうなの。

でもいいこともひとつ。
壊れてしまったと思っていたMDウォークマン。
バッテリーを買って入れ替えたら完全復活!
ちょっと考えればちゃんとできるじゃん。
いや、普通は気付くんだろうけど。
読書はちょっとひと休みして、
また久しぶりに音楽のある通勤を楽しもうかな。

そういえば、昨日とあるお店のBGMのUSENから
ケツメイシの桜が流れてきた。
この曲、2月から3月にかけて嫌と言う程耳にした曲。
いい曲なのだ。
だけど相方が落としてくれたMDを何回か聴いたきり、
もうすっかり忘れ去っていた。
たまに聴いてみるかって気にすらならなかったのだ。
次から次に新しい曲が生まれては消えてしまう流れを憂いながらも、
すっかりそのペースに慣らされてしまってる。

「懐メロ」が死語になるのもそう遠くはなさそう。

Click Please!

人気blogランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 21:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ケツメイシのひゅるりら 「◎ 好きな歌詞のフレーズ ◎(2371)」

いつもかけっぱなしのJ-WAVEからは、好むと好まざるとにかかわらず、
いろんな曲が流れてくる。
でも嫌な気がしないということは、ある程度セグメントされているってことだ。
演歌もなければ民謡もない。
べた付いたり、早口すぎるナビゲーターもいないし、この点もオフィスチューニング率が圧倒的に高いJ-WAVEならではってところか。

最近のヘヴィーローテーションといえば、クリスタル・ケイの「KISS」と、ケツメイシの「桜」。文字通り澄んだ声が魅力のクリスタル・ケイの切ないめの声は、CMで聞いたときからすっかり耳についてしまって、流れてくれば鼻歌せずにはいられない。
一方、これもやけに歌詞が切ないケツメイシ。


桜舞い散る中に忘れたキミの記憶と キミの声が戻ってくる
吹き止まない春の風 あのころのまんまで

キミが風に舞う髪かきわけた時の 淡い香り戻ってくる
ふたり約束した あの頃のまんまで♪

かわいそうに。
桜が咲くたびに思い出してしまうんだな、切ない別れを。
男の方が終わった恋を引きずるととかく言われがちだけど、
でもこんな詩が書けるなら未練もまたオイシイといえよう。

ケツメイシってどういう意味?
漢方薬の名前だと漠然とは知っていたものの、よくよく調べてみたら眼精疲労に効く中国の薬草らしい。
漢字で書くと決明子。「目を明らかにする」ってことが由来だそうだけど、便秘にも効果があるらしい。
彼らのグループ名の由来は薬草ケツメイシの便秘効能と、「すべてをさらけだす」ポリシーとを掛けているらしい。
ネーミング的にはちょっと微妙。
後付のような気も。

ところでこの曲、間にスキャットが入る。

ひゅるりーらっ ひゅるりーらっ
ひゅるりーらっ ひゅるりーらっ

松田聖子の「トゥルリラ」と、八代亜紀の「ひゅるり~ひゅるりらら」のコラボって感じもあるけれど、聞こえる分にはだんぜん松田聖子寄り(←当たり前)。
「野バラのエチュード」と「桜」で花つながりゆえ、最初はケツメイシも聖子をパクって「トゥルリーラッ」と歌っているもんだと思ってた。あの程度なら盗作とはいわれまいと。でも毎日毎日聞くに連れ、どうも「トゥ」じゃないと感じはじめる。
実は未だに「ひゅ」が正解かどうか微妙なんだけど、歌詞カードに書いてあるならなんとか確かめてみるかな。
ってかご存じの方はご一報いただけると、ずいぶんとすっきりできそうな気が。
どっちにしてもスキャットに意味を求めちゃいかんとは知りつつ、少なくともケツメイシは桜が舞い散る様の描写だと勝手に思いたい。
野バラがトゥルリラっていわれてもね、これはあまり考えたくないし答えは出なさそう。

そんなこんなですっかりケツメイシの「桜」に洗脳されている今日この頃。
今更Jポップにハマるなんてちょっとどうなの。
でもハマった風でいてCD買う気もないところが、やっぱりノリ切れていない証だったりする。
いつからこんなに音をないがしろにしてしまっているんだろう。
ここ1年ほど、CDは一枚も買ってない。
どんな曲、よく聞く?なんて昔みたいに聞かれても、今は答えに窮する。
いやはや。
やれやれ。

とりあえずケツメイシの「桜」はもう少し流れていて欲しいな(←依然買う気なし)。

| 未分類 | 20:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |