FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-03- | ARCHIVE-SELECT | 2005-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

地震時のケータイ不通に思う 「それってどうなの?(251)」

昨日は日曜にもかかわらずすごい数のアクセスがあって。
お題が花見だったからなんだろうか。
日本人は本当に桜が好きなのね。
ワシントンでも見事に桜が満開になっていて桜フェスティバルが催されていたけど、さすがにシート広げて宴会やってる様子は皆無。真似されなくてよかった。

さて今朝の地震。
お弁当を作っている最中で立っていたせいもあったのか、この前の明け方の地震ほどの恐怖はなかった。
それでも上に乗っけてあるいろんな箱たちが落ちてこないことを祈りつつ、なんの対策もしていない食器棚の観音扉を一応押さえた。
長い横揺れ…。
総武線のダイヤは乱れるんだろうなーと、そんなことを考える余裕も。
地震慣れしてしまうのが一番ヤバいと思いつつ…。

すぐに弟からケータイメール。
「揺れが大きいみたいだけど大丈夫?」
アイツが心配してくるなんて珍しい。
とりあえず炒め途中だったフライパンを振っていると今度は電話が。
「メールしたんだけど。大丈夫?」
聞けば福岡の母が私のケータイに電話を入れたんだが繋がらないとのことで弟のところに電話が行ったとか。
あれしきの地震なのに、発生からわずか数分でケータイは不通になるのか?
弟の電話を切ってケータイから母のケータイにコール。
本当に繋がらない。先方が留守電になってしまう。
それじゃあと家電から実家の家電へかけたら一発でかかった。
電話の前で待ってたのか?と思うほどすぐに父が出る。
「大丈夫か??」
うちはいつからこんなに心配性ファミリーになったんだ。
昨日福岡で地震があったときも私は速攻ケータイに電話をしている。
親のことはまったく言えないわけだ。

それにしても、外出時の被災などでは唯一の頼みの綱になるケータイがこんなありさまじゃ心許ない。本末転倒な気すらする。緊急連絡用に回線がセーブされてしまうかららしいけど、こういうときは個人レベルの消息の確認や救援だって侮れない。どっちかというと、そういうことで命を救われた人が多いくらいじゃないだろうか。被災時の救援に国を当てにするなということはすでにいろんなところで言われているのだから、これは本当に命に関わる問題じゃなかろうか。

どんどん近くなる大地震Xデー。対策してる方もそうでない方もクリックをパチっと。

人気blogランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |