FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2005-02- | ARCHIVE-SELECT | 2005-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

花粉症予備軍

周囲では、今年とうとう花粉デビューしたという人たちがちらほら。
昨日の逗子デートの間中、ティシューが手放せない状況だった相方も、ひょっとしてデビューしちゃったのかも。
もともとアレルギーのデパートみたいな人だからこれまで症状が出なかったのが不思議なくらいなんだけど。
実は私も毎朝電車に乗り込んで本を読み始める頃になると、なんだか鼻がむずむずする。クシャミが出るときも。
今はまだ連発することはないからさほど深刻には感じていないけれど、いつ何時発症するかわからないといわれる花粉症は、地震と並んで私の中での関心度はかなり高い。
今朝のニュースによれば子供は大丈夫と言われてきたのに、今年は2歳児が発症しているとか。親が花粉アレルギーの場合は注意が必要らしい。
そうなってくると私のデビューはほぼ妙読みといってもいい。
母は60歳を過ぎて、弟は数年前に発症。そうしてついには父までもが、鼻水がツツーっと何の前触れもなく流れるといっているからだ。いっそ罹るならなりふり構わない歳になってからにしてもらいたいな。

だけど重傷の花粉症を患っている人たちはそんな冗談なんかいってる場合じゃないみたい。
街なかのマスク率の高さをみると、国民の2割といわれている患者数が疑わしく思える。
花粉のない北海道で爽快なひとときを!とうたったツアーには、定員の20倍近い申込があったというし、たった数日であっても逃れたいと思うんだろう。
スキー用ゴーグルに冬のバイク用マスクをしている人もいて、そこまでやるか?と思いつつも、それほどまでの辛さなんだと気の毒にもなる。
そのうち杉林に火を付ける人が出でもおかしくないかも。
花粉のない杉の木や、ワクチンの開発も進んでいるようだけど、功を奏するのはいつごろなんだろう。

こんな暢気なことを言っている今の自分を恨めしく思う花粉症の私が誕生するのはいつの日か。
Xデーはそう遠くないような気がしなくもない。

花粉症の方もそうでない方も、今日もクリックをよろしくです。

人気blogランキング
スポンサーサイト



| 未分類 | 11:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |